[正式発表]YAMASHITAが新作「エギ王サーチ」を公開!新機能ストロボフィンの威力がヤバい!

釣り具メーカーヤマシタが、かねてより登場を告知いしていた新しいエギの詳細が、ついに発表となった。その名も「エギ王サーチ」。動画および特設サイトにて情報が公開となったこのエギについて、詳しく見ていこう。

>>NEWエギ王サーチのスペック<<

●文:ルアマガプラス編集部

2024 チニング特集

高活性のイカを「光」と「音」で効果的に攻略!

YAMASHITA Mariaのユーチューブチャンネルで、ティザー動画が2本公開となり話題を集めた新型エギが、ついに正式発表された。しかも、この新しいエギは、発表からほとんど間を置かず、すぐに店頭に並ぶということがアナウンスされている。では、この新しいエギの特徴をチェックしていこう。

【YAMASHITAの新型エギの紹介動画を見る】

正式名称は「EGI-OH SEARCH(エギ王サーチ)」

YAMASHITAの新しいエギの名称は、エギ王サーチ。その名の通り、アピール力が高く、広範囲から活性の高いイカを探し出す能力に優れたエギという特性を持つ。

【エギ王サーチ】

エギ王シリーズには、これまでエギ王 LIVE サーチというモデルがあり、音と光、そしてアクションでイカを広範囲に探っていくモデルが存在した。このエギ王 LIVE サーチのフルモデルチェンジ版という位置づけで登場したのが、エギ王 サーチになると考えられる。

EGI-OH SEARCH(エギ王サーチ)[YAMASHITA]

この新しいエギ王サーチ、全モデルから大幅に進化しており、新たな機能が盛り込まれている。その訴求ポイントをまとめてみよう。

【NEWエギ王サーチ 5つの特徴】

  • ストロボフィン:背中にもうけられたフィン。水流を受けエギにアクションを発生させる
  • フラットサイドボディ:ボディ側面がフラットな形状でフラッシング効果が期待できる
  • サーチラトル:ラトル音で広範囲のイカに存在をアピール
  • ちょい速フォール:フォール速度を少し早めに設定。テンポよく広範囲を探る
  • ネオンブライト:視覚的なアピールを高める、すでに実績のある発光色を採用

このように特徴を列挙することで、エギ王サーチの持つ方向性がざっくりだが理解してもらえるだろう。エギのアピール力を高めるための機能や効率よく広範囲を探るための設定など、特に秋のシーズンに向けても最適な特性を持っているのがわかる。次項では、それぞれの特性を詳しく解説していこう。

新型エギ「エギ王サーチ」の5つの特徴を詳しく解説!

上の章で挙げたYAMASHITAの新型エギ、エギ王サーチの5つの特徴をそれぞれチェックしていこう。まずは、このエギ王サーチから新たに取り入れられた新機能「ストロボフィン」という部分から解説していく。

新機能「ストロボフィン」は、エギにヒラ打ちアクションを発生させる

新しいエギ王サーチの大きな進化ポイントの1つがこの、ストロボフィンだ。ティザー動画でもこの部分を強調するシーンが盛り込まれており、エギ王サーチの重要な機能であることがうかがえる。

平打アクションを生み出すストロボフィン。

写真で見るとわかる通り、アクション時にこの部分で大きな水圧を受けることで、エギにヒラ打ちアクションを発生させる。そして、なぜヒラ打アクションをさせるかだが、それが、次で説明する進化ポイントである「フラットサイド」と密接に関わっているのである。

エギ王サーチの背中に設定されたストロボフィンの拡大写真。

記事冒頭で紹介している動画内では、このストロボフィンが受ける水流の様子が詳しく解説されているので、興味のある方は是非視聴してみてほしい。

【ストロボフィン】

ヒラ打ちアクションとあいまって威力を発揮する「フラットサイド」

エギ王サーチの最大の特徴であるストロボフィンにより発生したヒラ打ちアクションの効果を、さらに高めることが期待できるのが「フラットサイド」だ。

高いフラッシング効果が期待できる、エギ王サーチのフラットサイド。

ボディ側面のフラット面は、ヒラ打ちアクション時に強烈なフラッシング(反射)を発生し、視覚的にも広範囲にエギの存在をアピールできる効果がある。

エギ王サーチ解説動画内では、水中でのアクション時のフラッシングも映像として収められている。ヒラ打ちアクションをするたびに、キラッ!キラッ!とボディサイドが光を反射しているのがわかる。

※エギ王サーチ解説動画より引用

アオリイカが最も聴き取りやすいとされるサウンドを発生する「サーチラトル」搭載

サーチラトルは、YAMASHITAが開発した、アオリイカへの訴求力が高いという「600Hz」サウンドを発生させる。すでに、エギ王LIVEサーチにも採用されている、実績のある機能だが、これが新しいエギ王サーチにも採用されている。

すでに実績のある600Hzサウンド発生ラトルも、新しいエギ王サーチに搭載される。

光とアクションでのアピールに加え、アオリイカへの訴求力が高いサウンドを発生させるラトルも搭載することで、高活性イカを効率良くチェックしていくような使い方にも最適なエギとなっている。

エギ王サーチのフラットサイド部分が太陽光を受けて反射しているのがわかる。
※エギ王サーチ解説動画より引用

テンポよく探れる「ちょい速いフォール」&「ネオンブライト」採用

秋イカを狙うエギングなどの場合、1つの場所で粘り強く釣り続けるというよりも、ラン&ガンしながら手早く探っていくような釣り方の方が適してる。そういった状況での使用にも最適なように、エギ王サーチのフォールスピードは、通常のベーシックタイプのエギよりも、少し速い設定となっている。

ベーシックタイプのエギよりも沈下速度を少し速めに設定し、テンポよくポイントを探っていくことが可能なエギ王サーチ。

また、エギ王サーチのボディカラーには、YAMASHITAの他のエギでもすでに採用されている実績のあるネオンブライトが設定されている。このネオンブライトは、ケイムラの紫外線発光効率を格段に向上させ、かつ光の三原色にあたる発光色(発光波長)をラインナップしたものだ。

エギ王サーチのボディカラーには、実績のあるネオンブライトを採用する。

エギ王サーチのカラーラインナップとスペックを紹介

エギ王サーチは、2.5号と3.0号の2サイズ展開で、前者は7月下旬、後者は2023年秋頃の発売予定とアナウンスされている。エギ王サーチの正式発表が7月21日ということを考えると、2.5号サイズに関しては、発表から発売までが非常にスムーズに設定されているのがわかる。

【エギ王サーチ スペック表】

サイズは2.5号と3.0号、重量はそれぞれ12gと17g、沈下スピードの目安は2.5号が3.6秒/m、3.0号が3.2秒/mとなっている。

エギ王サーチ カラーラインナップ

カラーは現時点で全6色が用意されている。今後、随時追加されていくことが予想される。

074/ハロハロアイシー(シルバーホロ)

075/ブルームピンキー(ピンクホロ)

076/ワイルドハウル(赤テープ)

077/オリーブアッシュ(金テープ)

078/ヤンニョムフィーバー(金テープ)

079/ショコラブラウン(赤テープ)


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。