東京湾の最新タイラバ事情をフィードバックさせたロッド『スクアド タイラバ(レジットデザイン)』 爆誕!アタリをとって乗せてフッキング、一連の動作をスムーズにできるパワーロッドがここに。

ボートでのタイラバといえば瀬戸内海や九州、関東では千葉の外房などが有名だが、東京湾では乗合、チャーターボートなどでもっと気軽にチャレンジできる!しかし、他の海域とはちょっと違う点があるというのが、東京湾のタイラバを開拓し続けるチャーター船「なぶらフィッシング」の船長・岡元さんだ。「東京湾のタイラバは内湾であり、イワシが少なく、甲殻類を多く捕食しているベイトパターンがほとんど。そのため繊細なアタリが多く、前アタリが​あってから乗せにいく動作が必要でバレを少なくするためにフッキングも必要です。​そうすると、張りとパワーのある乗せて掛けられるロッド性能が必要となります。」そんな岡元さんの意志を反映したタイラバロッドが今年度、スクアドからリリースされることに!NEWスクアド タイラバについて詳細を解説していただこう!

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

東京湾タイラバゲームを探求し続ける船長・岡元さん!

[写真タップで拡大]

岡元健二(おかもと・けんじ)

東京湾のボートサービス・なぶらフィッシング代表。いち早く東京湾内でのタイラバ船を立ち上げ、長年の経験から確立した釣法を導き出している。タイラバとシーバスはほぼ一年中、季節によってサワラなどにも出船する。

狙い所や釣り方は東京湾も同じ!しかし「アタリが繊細」で手強い!?

タイラバといえば瀬戸内海や九州、外房エリアなどが超有名。しかし、東京湾内となる内房エリアでも数釣り&大型狙いが可能!

[写真タップで拡大]

岡元冬でも船内で10~20枚釣れますし、良いシーズンなら30枚以上釣れたりします。アベレージサイズは1kg前後が多いんですが、春の乗っ込み(3~6月)となれば3~6kgの大型もあがります

[写真タップで拡大]

――実際に釣りをするエリアはどういった場所になってきますか?

岡元「年間を通じて多いのが、第二海堡周辺の40m~50mライン。冬は第二海堡より少し南の70~90mといった深場を狙いますが、春から夏場にかけてはは20mより浅いエリアへ行きます。流し方も、その日の風、水深、潮の流れで、ドテラ流しや、潮が早ければスパンカーを立てて丁寧にポイントを探っていきます」

狙う水深等も他のエリアと大きく差はないが、若干使うタイラバは軽めのものを使うという。

岡元「使用するタイラバはバーチカルなら80~120gキャスラバ(キャスティング用タイラバ)は45~60g程度。釣り方も基本通り、タイラバを着底させてすぐに巻くタッチ&ゴーと等速巻きの釣りになります。ただし、他の海域より東京湾のマダイはアタリが繊細だと思います

――例えば、タイラバの後ろにフッと付いて軽くついばむようなアタリ。その流れの違和感を感じ取ってアタリへ繋げていくのだという。そうなるとやはりロッドは繊細な柔らかいロッドが重要?

岡元「もちろんロッドの繊細さや感度も大切ですが、魚が追尾している段階での小さな前アタリは、​リールの巻重りの違和感でとっています。ロッドの繊細さや感度も大切ですが、それよりも​魚が反転した後のフッキングを重視したパワーのあるロッドがキャッチ率を上げる為に必要​だと思い今回のブランクスに仕上がりました

そんな東京湾タイラバを知り尽くした岡元さんが監修したロッドこそが今春レジットデザインよりリリースされる「スクアドタイラバ」にその理論が凝縮しているという。実際にどういった性能を持っているのか?ラインナップされるベイトとスピニング各モデルをそれぞれ1本ずつ解説していこう。

スクアド タイラバ SKC610ML-TAI RUBBER(レジットデザイン)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:6ft10in
  • 適合ルアーウェイト(g):60~120
  • 適合PEライン(号):0.6~1.2
  • 希望小売価格:36,000円

細かいアタリもしっかり感知し、フッキングを確実にこなすパワーロッド

岡元「先述したように、東京湾もタイラバを着底後にすぐ巻いてバイト誘発させる『タッチ&ゴー』『等速巻き』が有効なのですが、東京湾マダイは特にアタリが繊細なんです!

その繊細さ故に、フルソリッドで柔らかめなロッドを使う方が多いんです。柔らかめなロッドは、ヒットした際、ロッドを曲げてやり取りする楽しさもある。しかしその反面、柔らかさ故にテンションが抜けてしまい、バラしてしまう場面を見てきています。もちろんバレる要因はロッドだけではないのですが、水深や潮の流れ、自分と魚の距離、PEラインの伸び率を考えると、テンションが掛けやすくフッキングできる強いロッドが必要になってくるんです」

[写真タップで拡大]

柔らかいロッドに刺さり重視の小さめのハリの人が多く、それで逃すパターンを多く見てきている岡元船長ならではの、東京湾の経験則を詰め込んだ『乗せて掛けられるロッド』だという。

岡元「ロッドにはアラミド繊維を使っていますので、大型マダイ、青物などの強烈な引きにも対応してくれます。かといってティップはガチガチでなく、繊細なアタリにも追従し、乗せてしっかり掛けてくれる。​マダイとのやり取りも楽にこなしてくれるんです。​また、フォールスピードを速くするため、スパイラルガイドを採用しています」

[写真タップで拡大]

一見硬いロッドのように思えるが、乗せてから掛けるタイラバの釣りをしっかりこなせる一本だという。
岡元「タイラバが初めての方は、まずはバーチカルに狙えるベイトロッドのSKC610MLでタッチ&ゴーの釣りに慣れるのが良いと思います

SKC610ML 岡元さんの使用タックルセッティング

  • リール:オシアコンクエスト200PG(シマノ)
  • PEライン:バリバス8 0.8号200~300m(モーリス)
  • リーダー:バリバス ショックリーダー[フロロカーボン]12lb 2ヒロ(モーリス)

スクアド タイラバ SKS69M-TAI RUBBER Casting Model(レジットデザイン)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:6ft9in
  • 適合ルアーウェイト(g):45~100
  • 適合PEライン(号):0.6~1
  • 希望小売価格:36,000円

ボート上での投げやすさに特化したパワーキャスティングロッド

岡元「最大の特徴はとにかく投げやすいこと!キャスティングロッドにもアラミドを使用しいて、投げた際にロッドのブレが出ないように、またガイドを大きくすることでラインの放出をしやすくして、キャスト時にライントラブルがないようにしています」

――そもそもキャスラバ(キャスティングタイラバ)をするメリットってなんでしょうか?

[写真タップで拡大]

岡元「真下へタイラバを落とすバーチカルな釣りとは違って、キャストする事で広範囲を探れます。​例えば潮を良く噛むコースをトレースできたり、船の流れる方向を利用してトレースするドリフト!​

ドリフトは乗船時にレクチャーしているのですが、トレースするコースによってはマダイから見たタイラバのシルエットを変える事ができるので、バイトを誘発するゲーム性の高いキャスラバが展開できると思っています。ドリフトは説明が難しいので、優しい船長に乗船時に聞いてくださいww​」

――キャスティングの効果って大きいんですね!

岡元「ベイトと同じくパワーがあるスピニングロッドになっていますので、重めのタイラバも投げやすい。だから、ブレずにキャスティングできて高切れ防止にもなっています。あと、ベイトと同じくフッキングパワーもあるのでしっかり掛けることができます」

[写真タップで拡大]

ベイトでのタイラバゲームに慣れたら、よりゲーム性を向上させてくれるスピニングロッドを試してみよう!

SKS69M 岡元さんの使用タックルセッティング

  • リール:ツインパワーXD4000PG(シマノ)
  • PEライン:バリバス8 0.8号200~300m(モーリス)
  • リーダー:バリバス ショックリーダー[フロロカーボン]12lb 1ヒロ(モーリス)

東京湾では「強波動のラバー」が効果的!

最後に岡元さんに東京湾のタイラバの傾向、おすすめのタイラバを教えて頂いた。

[写真タップで拡大]

――海域によってマダイのバイトにも差があるように、タイラバの好みも変わってくるのでしょうか!?

岡元「他の海域では、楕円形ヘッドに太めのストレートというような、組み合わせを良く見かけます。東京湾では、丸形のヘッドに太めのカーリーテール系のラバーの組み合わせが多い。ヘッドで波動を出すというよりは、ラバーの強波動が効果的なようです」

[写真タップで拡大]

――具体的にどういうタイラバがおすすめですか?
岡元「日によってアタリラバーのパターンが違いますが、強波動系でいえばSTARTのラバー、松岡スペシャルのαやXがおすすめ。逆に食い渋り時にはDAIWA紅牙の中井チューンのような弱波動のタイプ。

初めてタイラバにチャレンジする方であれば、シマノ炎月のバクバクプラス。これは、それぞれ波動が違うラバーが3枚入っているので、波動の強弱をその日の状況で変えられるので便利です!

またここでは触れませんが、僕が監修したタイラバがO.S.Pさんから5月頃発売予定となります。こちらも超おススメですので、乞うご期待をww」

[写真タップで拡大]

さらに追記すると、季節などで変わってくるが東京湾ではスピニングロッドでのキャスティングなら40~60g。ベイトロッドでバーチカルに攻めるなら80~120gのタイラバを揃えておけばOKとのことだ。最新事情にマッチしたロッド、タイラバを持ってレッツ東京湾タイラバ!!

[写真タップで拡大]

レジットデザインソルト公式YoutubeではスクアドタイラバのPVも公開中!気になる方はチェックされたし!!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。