【買うなら今でしょ!】バチ抜けシーバスに圧倒的な飛距離をもたらす「モアザン ヒソカ(DAIWA)」にサイズアップの150mmモデルがついに発売開始!

バチシーズンやサヨリパターンで効果的な「モアザン ヒソカ(DAIWA)」のロングモデルが登場!細身であっても飛距離は抜群。春先のバチ抜け、秋のサヨリパターンはもちろん、季節の変わり目の複合ベイトパターンに対応するロングスリムミノーに仕上がっているぞ。 

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

モアザン ヒソカ150F-SSR(DAIWA) 

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:150mm
  • 重量:11.9g
  • タイプ:スローフローティング
  • アクション:タイトウォブンロール+テールスライド
  • 推奨リーダー:16LB以下
  • 潜行レンジ:水面直下~約30cm
  • 飛距離:Max51.5m、Ave49.4m
  • フック&リング:#12トレブル4本、#2リング
  • カラー:11色

「ダブル重心移動」で細身とは思えない飛距離を獲得 !

[写真タップで拡大]

モアザン ヒソカは職業釣り師・小沼正弥さんが監修する超細身のシャローランナー。名前の由来は“密かに爆釣する”というもの。シルエットは超極細のため、一見するとI字のシンペンに思えるが、ヘッドに小さいリップがついており、アクションはタイトウォブンロール&テールスライドするスリムミノーだ。

ヒソカの特徴ともいえるショートリップ。リップがあることで強風時などでもしっかりと1段下のレンジをトレースすることができる。 [写真タップで拡大]

タイトウォブンロール+テールスライドアクションはバチ以外の細身のベイトパターンにも対応。 [写真タップで拡大]

バチパターンはもちろんのこと、サヨリやシラス、イワシなどのベイトパターンにも対応。リップ付きなので通常の細身のシンペンより一段下を引くことが可能になっている。

このヒソカのオリジナルサイズが120mmだったが、30mm長くなった150mmモデルがついに発売された。太さはほぼそのままに、長くすることで120mmではアピールが足りないときなどに効果を発揮する。水面がさざ波立っているとき、流れがやや強いときなどにも対応し、アップクロスで投げて流れの中を泳がせてくるパターンも得意だ。 

画像上がNEWサイズの150、画像下は昨年リリースされた既存の120サイズ。 [写真タップで拡大]

また120F-SSRに引き続き、150F-SSRも磁着W重心移動システムを搭載。ボディ内に磁着オシレートの重心移動をふたつ組み込むことで、矢のようにルアーが飛んでいく。平均で50m近くと11gほどのルアーとしてはかなりの飛距離を生み出している。また着水後の泳ぎだしの良さも兼ね備えている。

細身且つ軽量でありながら、DAIWA独自の「磁着W重心移動システム」を採用し、遠投性にも長けている。 [写真タップで拡大]

フックは4つ付いているので、口を大きく開けない吸い込むようなショートバイトにも対応。 細くて長いルアーは飛ばないという定説を覆し、優れた飛距離でスリム系ベイトパターンを攻略するモアザン ヒソカシリーズにさらなる釣果をもたらしてくれるのが150F-SSRだ。 

4フックは、バチパターン時の吸い込みの弱いバイトでもしっかりとフックアップさせてくれる。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。