2020年に最も人気だったバス釣りワームはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】



ルアーマガジン読者が人気ナンバーワンタックルを決める、年に1度の恒例企画タックル・オブ・ザ・イヤーこと「T.O.Y.」。混沌を極めた2020年の世相とバスフィッシングシーンのさなか、最も多くのアングラーから支持を集めたタックルとはいったい…? その答えが明らかになる! ハードベイト部門に引き続き、第2弾はワーム部門の発表だ。

ワーム部門【2020年T.O.Y.】

ビギナー必須のストレートタイプ、でかバスハンター御用達のノーシンカー対応モデル、強い水押しのホグ系と、いまを釣るためのトレンドが色濃く反映されるのがソフトルアーランキング。首位に立ったのは、ミスター陸王のあの秘蔵ワームだ!

2019年のT.O.Y.ワーム部門はこちら

2020年T.O.Y.総集編はこちら

【1位】2ウェイ(レイドジャパン)

【227pt】前年7位

2ウェイ(レイドジャパン)

【スペック】

●入り数:8個
●カラー:10色
●価格:880円(税込)

リリースで「秘策がなくなった」と言わしめたカナモの奥の手

センターがけのワッキーセットでの摩訶不思議な水押しと動きで、多くの見えバスをトリコにした金森隆志さんのシークレットワームが初のT.O.Yを獲得。長期に渡る開発期間の中、メディアでは常にモザイクが入っていたことでさらに話題となり、発売直後から爆発的人気に。沈む虫などにも発展拡大し、さらにユーザーを増やしていった。

ハードルアー部門に引き続き、金森隆志さんから受賞のお言葉をいただいています!

金森「こいつは一過性(笑)。なのでこのタイミングで評価されて嬉しいです。が、僕の意図とは別に一過性ではない使い方がたくさんありました。ホバスト、i字、ジグヘッドワッキー、ダウンショット、スモラバトレーラーなどなど。もはや2ウェイではないですね。でも、ハードとソフトのダブル受賞は光栄です。ぜひ来年はロッドもお願いします!」

ハードルアー部門でもレイドジャパン「レベルバイブ」が五度目の入賞、ついに殿堂入りとなった。金森さんとレイドの人気の高さが伺える結果に!

【2位】3.5inカットテールワーム(ゲーリーインターナショナル)

【199pt】前年3位

3.5inカットテールワーム(ゲーリーインターナショナル)

【スペック】

●全長:3.5in
●入り数:10本
●カラー:42色
●価格:726円(税込)

ジワリジワリと1位を狙う、ビギナー必携初めの1本

カーリーテールのテールをカットしたのでカットテールというその絶妙な発想と動きが長年に渡りバスを刺激し続けている偉大なるロングセラー。最小サイズの3.5インチは、ため池などの小規模フィールドやハイプレッシャー下のスレバスにも効果的で、ネコリグからワッキー、ノーシンカーと多くのリグにマッチする使いやすさ。

【3位】2.5inレッグワーム(ゲーリーインターナショナル)

【154pt】前年6位

2.5inレッグワーム(ゲーリーインターナショナル)

【スペック】

●全長:2.5in
●入り数:10本
●カラー:48色
●価格:792~935円(税込)

フィネスを象徴する食わせの安定感。最後の切り札はコレ

国内屈指の実力派トーナメンター、小森嗣彦さんが愛用。食わせ達人のイメージをそのままに、微かなシェイクにも敏感に反応するテールはダウンショットとの相性が抜群で、低水温化での冬のディープやハイプレッシャーフィールドでの奥の手として常備している人も多い。前回の6位からランクアップし、ベスト3入りとなった。

【4位】4inヤマセンコー(ゲーリーインターナショナル)

【148pt】前年2位

4inヤマセンコー(ゲーリーインターナショナル)

【スペック】

●全長:4in
●入り数:10本
●カラー:70色
●価格:1210円(税込)

誰でも使えて誰にも真似できない究極のワームのカタチ

シンプルすぎるシェイプで唯一無二のストレートワーム。高比重素材と空気抵抗のない形状による遠投性能はオカッパリでも重宝され、ノーシンカーでのズル引きやトゥイッチングなどでのハイテンポな広域サーチを可能にする。



【5位】フリックシェイク3.8in(ジャッカル)

【141pt】前年1位

フリックシェイク3.8in(ジャッカル)

【スペック】

●全長:3.8in
●入り数:10本
●カラー:62色
●価格:781~891円(税込)

ビギナーから上級者まで愛用するスレバス知らずのアクション

ワームの中央にフックをセットするワッキー刺しを前提に、左右非対称というあえての仕掛けで独自のアクションを手に入れた。ジグヘッドワッキーをメジャーにした功績は大きく、いまでもリグを代表するワームとなっている。

【6位】ドライブビーバー3.5in(O.S.P)

【130pt】前年12位

【スペック】

●全長:3.5in
●入り数:6本
●カラー:21色
●価格:858円(税込)

強波動&すり抜け性能でカバーに潜んだバスを直撃する

扇のような左右のパドルがブルンブルンと震えるバサロアクションで広域からバスを寄せるトルクフルなホグ系ワーム。すり抜け性能も高く、テキサスやリーダーレスダウンショットなど、カバー回りをタイトに攻めるのも得意だ。

【7位】ブルフラット3.8in(デプス)

【108pt】前年4位

【スペック】

●全長:3.8in
●入り数:6本
●カラー:32色
●価格:880円(税込)

扁平ボディのスパイラルフォールがバスの好奇心をかき立てる

ボディシェイプが特徴的なギル系ワームの代表的存在。ノーシンカーやライトキャロ、フリーリグなどフォールを意識したリグでみせるスパイラルフォールがバスへのバージンインパクトとなり、釣果に直結した。

【8位】ブレーバー5.7in(ボトムアップ)

【97pt】前年14位

ブレーバー5.7in(ボトムアップ)

【スペック】

●全長:5.7in
●入り数:8本
●カラー:18色
●価格:825円(税込)

魅せるフォールでネコリグの釣獲力を増幅させたハイブリッド

ネコリグでのフォール中の集魚力を追求し、ストレートワームにシャッドテールを融合。テールの振動がボディ全体を揺らし、生きたベイトのような動きを演出する。テールを切ればシンプルなストレートワームとしても使用可能だ。

【9位】カバースキャット3.5in(デプス)

【95pt】

カバースキャット3.5in(デプス)

【スペック】

●全長:3.5in
●入り数:6本
●カラー:23色
●価格:825円(税込)

琵琶湖を席捲するジャンル不問のでかバス捕獲ワーム

高比重素材とボリューミーな抵抗のない形状のボディで素早くボトムに到達。複雑なストラクチャーに入れても根がからないノーシンカーで、隠れ場所を直撃して口を使わせるのが琵琶湖のでかバス捕獲セオリーとなっている。

【10位】エスケープツイン(ノリーズ)

【88pt】前年19位

【スペック】

●全長:4-1/2inクラス、105mm
●入り数:5個
●カラー:41色
●価格:781円(税込)

逃げ惑うザリガニのアクションがバスの捕獲本能に刺さる

分厚いツインのパドルが強烈に水を押しバスにアピールする、ホグ系ワームのロングセラー。テキサスやキャロ、ラバージグのトレーラーにもマッチ。いまをときめく全米トッププロ、伊藤巧さんが使ったことでも再びブレイクを後押し。

ルアマガプラス