公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
エバーグリーン(EVERGREEN) 2021秋のおすすめバスロッド祭り バス釣り ルアーマガジン エバーグリーン(ロッド) エバーグリーン(バスロッド) オライオン 菊元俊文

菊元俊文バスロッド最高傑作『オライオン(エバーグリーン)』5本をルアマガ編集部がまとめてインプレ!

松島秀樹

松島秀樹

2021.09.14



近年デフレの一途を辿るバスロッドにあって、税込7万円前後とハイエンド価格ながら、昨年デビューをはたすや、あっという間に初回生産分を完売してしまったという『オライオン』。そんな高嶺の花かつ入手困難なロッドもインプレ名目なら使用可能!? ここぞとばかりにエバーグリーンインターナショナルさんからお借りして、マイロッドがごとくルアマガスタッフ4人が使い倒してきました!!

オライオンってどんなサオ?

名竿『ヘラクレス』の登場から12年の歳月を経て、「もしかしたらこれが自分の手掛ける最後のロッドシリーズになるかもしれない」と、菊元俊文さんが己の持てる知識と経験値を総動員。いっさいの妥協をせず、素材やパーツの原価、製造コストすらも無視して現在考えられうる最高峰を目指したロッド、それが『オライオン』です。

【Profile】

菊元俊文(きくもと・としふみ)

誰もが知る名竿の系譜『コンバットスティック』を初代から手掛けてきたタックルプロデューサーにしてレジェンドアングラー。ダイナミックな釣りを信条とする、でかバスの求道者だ。

ブランクスには高強度高弾性カーボン「トレカRT1100G」を惜しみなく使用し、従来よりも積層密度が高く肉厚に織り込まれたクワトロウーブンクロスで補強。カーボン繊維を45°方向に、密に織り込むことで、きわめて高い評価を得たヘラクレスの4軸クロスを超える曲げ、捻れ、潰れに対する優れた復元力を発揮する。

菊元俊文さんが最高傑作と自負するロッドシリーズ

もちろん新素材ありきではなく、「釣るための最適解」としてすべてが構成されているのは言うまでもありません。投げるために曲がり、掛けるために捻じれを防ぎ、ビッグフィッシュの瞬発的な突っ込みに追従しつつ、圧倒的パワーで寄せてしまう。

虚飾を配したブラック基調のデザインは、シンプルを究め、それでいて所有欲を満たし、使い手のモチベーションを高めてくれます。

菊元俊文史上最高傑作。言い換えれば、菊元さんのバスフィッシング人生における集大成たるロッドなわけです。

1本目『コンバットスティック・オライオンOCSC-71H+ブラックローズ』

2本目『コンバットスティック・オライオン OCSC-711XX スローン』



3本目『コンバットスティック・オライオン OCSC-67ML デジェル』

4本目『コンバットスティック・オライオン OCSC-67ML+ ライトニングストライク』

5本目『コンバットスティック・オライオン OCSC-67M カンタータ』

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2021年10月号は8月20日発売!

『ルアーマガジン』2021年10月号

『ルアーマガジン』2021年10月号は、ローカルに収まらないニッポン代表タカシカナモリ! 艇も上手いがやっぱり陸!! ということで、地元中国地方でオカッパリをしてもらうと……こんなグッドルッキングバスを釣ってしまうんですね。カメラマンが半身水浸しになって捉えた歓喜の渾身カット、いかがですか?

『ルアーマガジン』2021年10月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

●発売日:2021年8月20日
●定価:950円(税込)

エバーグリーンの情報一覧

多くのレジェンドアングラーが参画した数々の名ルアー・名ロッドを排出。また、シーバスやエギング、ライトゲームなどソルトルアーフィッシングシーンにおいても常に話題となる老舗ルアーメーカー。エバーグリーンの情報一覧はこちら!

詳しくはこちら

松島秀樹

松島秀樹

2021.09.14

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。