公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

アジング 広瀬達樹(ヒロセマン) ソルトルアーフィッシング メジャークラフト(Major Craft) 初心者向け

アジング基本のキホンは1.5gジグヘッド+ワーム2種でOK!【初心者も手軽に楽しみたい】

ルアマガ+

ルアマガ+

  • 公開日:2021/11/16


美味しい大衆魚の代表格アジをルアーで狙う「アジング」は、その奥深さから年々釣法が進化。「でも、そもそもは誰でも手軽に楽しめるライトゲームとして始まったわけですわ」と言う、ビギナーの救世主“ヒロセ☆マン”こと広瀬逹樹氏が、海釣り入門者をアジングの世界へと誘います!

【Guide】

広瀬達樹(ひろせ・たつき)

愛称ヒロセマン。豊富な経験と深い知識を誇る、各種メディアで大活躍するルアーフィッシングのエキスパート。朝のコンビニで非常食のバナナを必ず買うメジャークラフト敏腕プロデューサーだ!

釣り場は漁港や堤防。夜の常夜灯周りが基本中のキホン

広瀬「アジ釣り場はズバリ、漁港や堤防の夜の常夜灯周りです。理由は、常夜灯の明かりにプランクトンや小魚が集まり、それらを狙ってアジも集まってくるからです。漁港や堤防なら足場が良く、常夜灯の明かりがあって釣りもしやすいので、ビギナーの方も手軽にアジングを始められます。常夜灯の明かりが届かない暗がりを探れば、サイズアップも狙えます」

アジングは夜釣りのほうが釣りやすくなります。集魚灯の役割にもなりますし、安全面を考えても、常夜灯のある場所を攻めてみましょう。

ロッドはアタリをのせやすいサオ先がしなやかなタイプがおすすめ

広瀬「アジング用ロッドは、アタリをとって瞬時にかける、サオ先に張りのあるタイプが主流ですが、入門者の方にはアタリがあってもハリがかりしない「バイトを弾く」という現象が多発します」

広瀬おすすめは、サオ先が適度にしなやかなソリッドティップのロッド。
ルアーを操作しやすいですし、アワセが遅れてもノセやすいです。ラインは入門ならフロロカーボンラインの2~3lbを選びましょう。PEラインなら0.3号ほどです。PEのほうがダイレクトにアタリがとれます」

■ヒロセ☆マン推奨「アジング入門用タックルセッティング例」

  • ロッド:トリプルクロスS 682AJI(メジャークラフト)
  • リール:カルディア2000S(DAIWA)
  • ライン:弾丸ブレイドライトゲーム専用 X4 0.3号(メジャークラフト)
  • リーダー:ソルティメイト・スモールゲームリーダーFC II 5lb(サンライン)

ジグヘッドは1.5gが基準。ワームはアピール力の強弱で2タイプを用意

ジグヘッドは1.5gが基準サイズ。軽いほうが感度は高まりますが、操作は難しくなります。狙うアジのサイズや遊泳層を考えながら重くしたり軽くしたりを試してみてください。

広瀬「現在、アジングでは1gを切る軽いジグヘッドが普通に使われていますが、ビギナーの方には難しい。まずは重さを感じやすく、幅広い泳層や多少の風、流れに対応しやすい1.5gのジグヘッドを基準にはじめましょう

広瀬「そのほかに1gと2~2.5gを用意すれば、状況変化の対応幅が広がります。アジングワームは食いが渋いときにも微波動が効く万能ピンテールタイプと、ボディのリブが水を噛んで波動でアピールできるリングタイプを用意。サイズは2~3inが基本と考えてください。カラーはクリア系とグロー系の2色。どちらに反応が良いかを試します」

ワームはアピール力の違う2種類を用意しましょう!


ヒロセマンおすすめのアジングワームはこちら!

【微波動系】パラワーム AJI-PIN(メジャークラフト)

広瀬「アジ好みのロング&ピンテールタイプで、テールの微波動が食い渋るアジさえも誘惑。バイト時に超ソフトかつ2カ所の深いリブで折り畳まれて、スポッと口の中に入ります」

【強波動系】パラワーム・アジフラット(メジャークラフト)

広瀬「ボディのリブとフラットテールが強波動を発生。集魚効果が高く、魚影の薄い場所やアジの活性が高いときに効果的です。細身のテールで深いバイトを得やすいです」

広瀬「アジングの釣り方は、投げて着水直後、または2、3秒沈めてから1秒でリールひと巻きほどの速さのただ巻きで探ります。アタリがなければ、次のキャスト後の巻きはゆっくり、あるいは速くして速度変化でアジの反応をチェックしていきます」

広瀬「表層でアタリがなければ、一般的な漁港なら着水後10秒沈めて中層で同じことを試し、無反応なら底まで落としてただ巻きの速度変化を試します」

広瀬「注意して欲しいのは、最初に底まで沈めると、表層で釣れるはずの活性の高いアジが付いていって群れを沈めてしまいます。なので、まず上から狙うのが基本になります」

黒の破線はただ巻き、赤の矢印は誘いと食わせのフォール

広瀬「ただ巻き探ってアジの反応がないときは、誘いをかけてみるのも有効です。どうやるのかというと、サオ先をチョンチョンッと小さく動かして誘い、ラインが空中でたわまないよう糸フケを巻きとりながらサオ先を送り込んで、アタリがあったらすぐに反応できるようラインを張らず緩めずの状態で落とします。ルアーが緩く落ちていくタイミングで魚に食わせる間を作るのです」

広瀬「張らず緩めずが難しければ、慣れるまではラインを張った状態を常にキープでもOK。任意の層でただ巻きの速度変化を試して反応がないときに、「誘い」と「食わせ」のフォールを繰り返しましょう」

アジングの基本をさらに詳しく!

https://plus.luremaga.jp/2020/06/27/25796/

初心者でもカンタン! アジング入門動画はコチラ!

広瀬さんに1分で納得できちゃうアジングの入門講座を語っていただきました! ぜひ参考にしてみてください。

関連記事はこちら

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.11.16

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。