キジハタってこんな魚! 美味しい料理方法のレシピ集をご紹介

近年釣り物としての人気が高まるばかりのキジハタ。生息数の多い関西ではアコウの名で知られる。水温上昇などの要因があるのか生息域が東に拡大しつつあり、ハタ科の魚を中心に狙うグルーパーフィッシングとして人気を博している。いずれの種も美味しいハタ科の魚の中でもキジハタは人気が高い。旨味があり、ぷりっとした皮もふんわりにつければ非常に美味しい。キジハタの料理方法をご紹介。

●文:ルアマガプラス編集部

キジハタについて

キジハタの生態

スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属。鳥の雉(きじ)に似た模様のためについた名前がキジハタ。この魚も地方名がたくさんあり、面白いところでは、三重県尾鷲周辺で呼ばれるアズキマス(アズキハタは別の地方名として使われている)。岩礁帯に多く棲息し、港のブロック帯にもいる。初夏に産卵する。生まれたときはすべてメスで、40cmを超えるころにオスへと性転換する。

赤から黄色まで斑点の色はさまざま

キジハタの特徴は、体に散りばめられた斑点。こういった斑点は、ハタの仲間にはよく見られる模様である。キジハタも地方名が多い魚であり、その名前には「アカ」や「アズキ」がよく使われていることからも、斑点の色は赤というイメージが強い。ただよく見ると、オレンジや黄色だったりして、個体によって変化があるところが面白い。

[写真タップで拡大]

大型になるとオスの割合が増加する雌性先熟の魚、小型は浅い海、大型になるとより深い海へ移動する

キジハタは成長すると性転換することで知られていて、およそ40cmを超えると、個体数に占めるオスの割合が増加する。成長するにつれて、より深い海へと移動する生活サイクルを持ち、小中型の多くは水深20m以浅の海で過ごす。より大型の個体は水深20mよりも深い場所へと移動していく。

[写真タップで拡大]

代表的なブランド

東北から九州まで広く分布するが、沿岸域の岩礁帯などに棲息するため、漁獲高は少なく、希少価値もあって高級魚とされている。太平洋側よりは日本海側に多く、富山から島根あたりで釣りの好ターゲットともなっている。生きているキジハタは、市場価値が最も高い。

おすすめ料理全国の主な産地
刺身、煮物、焼き物、揚げ物、汁物など6~9月九州~瀬戸内海、山陰地方

夏の美味しい白身は根魚として最高級魚のひとつ!

ハタの仲間は、大量に漁獲できる魚ではないため、基本的に高価であることが多い。このキジハタも御多分にもれず高級魚で、食の旬である夏は価格も高騰する。ただ、基本的にスーパーなどに並ぶことは稀である。もし 1尾で売っている場合は、模様がはっきりとしてきれいである点を目安に鮮度を確かめる。なお、血抜きしていない魚体の刺身は味が極端に落ちる。

もともと関東ではマイナーな魚で、関西を中心に人気のある魚だ。「アコウ」という関西での呼び名のほうが知られているほど。関西といっても、よく知られているのは日本海側で、大阪周辺から若狭や越前へキジハタを求めて通う釣り人も多い。

キジハタに似ている魚でアオハタがいるが、両魚を釣ったことがあれば見分け方は一目瞭然。アオハタのほうが白い横縞がはっきりとしている。

キジハタのレシピ集

広東料理の傑作中の傑作! キジハタの中華風酒蒸し【釣り人のお魚料理レシピ】

[写真タップで拡大]

旨味ふくよか! キジハタのしゃぶしゃぶ【釣り人のお魚料理レシピ】

[写真タップで拡大]

『前略 奥様 釣った魚は自分で料理します。』発売情報

全24種の美味しい魚レシピ集!

釣った魚を料理できれば 「また釣り行くの!?」と言われず、 気持ちよく釣りへ行けるじゃないか~! そんな編集部の声(願望)から生まれた魚のレシピ集です。

春夏秋冬の季節感豊かな魚とその食べ方を幅広くご紹介。魚の捌き方もしっかり掲載しています。

1冊あれば、何かのときに役立つと思いますので、お手元にぜひ……。

電子版ではタブレット端末での閲覧が最適です。

  • 発売日2019年7月1日
  • 定価990円(税込)

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス