「狙うスポットとルアーの滞在時間」松本幸雄さんが新人編集部員にダメ出ししながら秋の三島湖バス釣り攻略

ついつい自己流で押し通してしまうのが僕たちアマチュアバスフィッシング。自由に楽しむのもいいけれど、プロにきちんと教わってみると、もっと簡単にレベルアップできるかも!? プロアングラー松本幸雄さんをチェッカーに迎えて秋の三島湖で自己流を叩き直す! 今回は狙うスポットに対していかにルアーの有効時間を長くとるコースで投げるか。何となく良さげなポイントに何となく投げてない?

●文:ルアーマガジン編集部

松本幸雄さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

松本幸雄(まつもと・さちお)

エリアトラウトやナマズからソルトウォーターまで、ルアーフィッシング全般でマルチな才能を発揮するアングラー。バス釣りのホームは房総リザーバーで、三島湖・豊英湖ではコンスタントに50cmオーバーを手にしている。

ストラクチャーに応じたアプローチ

「アプローチは慎重に」と言われても、実践するのはなかなか難しいもの。ベンドカーブの途中に竹が倒れているのを見つけたタナカは、その向こう側にチャター系をそっと着水させ、横切るように巻いたのだが……。

松本「あぁ、もったいない?」

タナカ「えっ? 今のキャストもダメですか」

松本「最高のスポットなのに。竹を横に切っちゃダメだよ~」

タナカ「着水音も殺せたし、ギリギリをタイトに攻めたつもりだったんですけど(汗)」

一見たいしたことのないストラクチャーに見えるが「このあたりはバスの付き場が少ないから、わずかな変化が一級スポットになる。実際、この竹はよく釣れるんですよ」。 [写真タップで拡大]

今回の脱自己流のススメ

「ねらうスポットとルアーの滞在時間」

[写真タップで拡大]

まずはイラストを見てほしい。斜めに倒れた竹に対して、タナカが選んだリトリーブコースがAだ。これではルアーが竹(バスの付いているであろうスポット)のそばを一瞬で通り過ぎてしまう。

松本「こういう細長いストラクチャーに対しては、なるべくルアーが寄り添う時間が長くなるよう平行にアプローチするほうがいい(Bのコース)。バスがどのポジションにいるのかわからないのだから、Aではバイトチャンスが圧倒的に減ってしまうんです」

タナカ「ハイ!!!!!!!」

この考え方はレイダウンなどのストラクチャーやカバーにも応用できるぞ。

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス