藤田京弥さんボックスの中身大公開! フックやシンカーほか所有車&艇まで!

「神タックル」そんな物が存在するとしたら、まさにこの男が持つ道具たちがそれに等しいのではないだろうか? 世界で活躍する令和の怪物、そして日本最高傑作・藤田京弥さん。彼に選ばれし道具たちもまた傑作なのだ。そんな藤田さんが日本とアメリカの戦いを往復する際に持っていくタックルボックスの中身から、フックケース、シンカーケース、ポークケース、リールバッグ、桧原湖戦用セットほか、所有する車と艇も公開。

●文:ルアーマガジン編集部

桧原湖戦ボックス

[写真タップで拡大]

対桧原湖戦で用意したセット。各試合でメインになりそうなルアーや道具をまとめている。

デスロック(バリバス)

[写真タップで拡大]

藤田「スモールディープはデスロック一択ですね。刺さる力がそんなに必要ないので、これくらいの掛け調子がいいです。あと極小ワームを使うのに針が重いといいアクションしないという理由もあります」

ジグ12Fマイクロスペシャル(デコイ)

[写真タップで拡大]

ホバスト用に使用。マイクロベイトなど、より小さい番手のホバストフックとしてセレクト。

スルーネイルマイクロ(ジャッカル)

[写真タップで拡大]

軽量かつ小さいシンカーをキレイにまっすぐさせるジャッカルのスルーネイル。こちらもマイクロベイトのリギングに活躍。

グランドマックスFX(シーガー)

[写真タップで拡大]

爆釣ミミズくん(DAIWA)

[写真タップで拡大]

ネイルシンカーをワームに刺すのではなく、ミミズくんでワームに穴を空けてからの挿入が藤田式。

フックケース

[写真タップで拡大]

主にオフセットフックが収納されている可愛いケース。フックの種類やメーカーごとに仕分け。

LDマスター(がまかつ)

[写真タップで拡大]

藤田「リーダーレスダウンショットやるなら100%このフックです。アイが大きいし、フックが太くて硬いので、パワーロスなくズバッっと貫通してくれます」

インフィニ(リューギ)

[写真タップで拡大]

藤田「フックのバランスがいいので、ワームの厚みに合わせてリミットと使い分けることが多いですね」

トレブルSP-M(がまかつ)

[写真タップで拡大]

藤田「細軸でフックが軽いのにプラスして、ショートシャンクでワイドゲイプな形状も気に入ってます」

スティーズワームフックSS ワッキー(DAIWA)

[写真タップで拡大]

藤田「口の奥でムニュって掛かる針が好きで、これは良く掛かりますね。DAIWAの針は針先がつぶれにくくて丈夫です」

シンカーケース

[写真タップで拡大]

ネイルシンカー、ダウンショットシンカーなどが詰め込まれたボックス。形状やウエイト別に仕切りを分けて保管。

ダウンショット(ザップ)

[写真タップで拡大]

バザーズワームシンカー TGスリム(DAIWA)

[写真タップで拡大]

バザーズワームシンカー TGスリムペア(DAIWA)

[写真タップで拡大]

状況に合わせて形状をセレクト。万能はザップ、すり抜け重視ならスリム。重心を安定させたいときはペアを使用。ペアのリングタイプはフリーリグやリーダーレス、アラバマやハードルアーのちょい足しウエイトにも。

バザーズワームシンカー TGネイル(DAIWA)

[写真タップで拡大]

「太すぎず、長すぎず、1番バランスがいい形状」と太鼓判を押す、ネイルシンカーの基準。

スクリューネイル(ジーニアスプロジェクト)

[写真タップで拡大]

ウエイトが外に集中するので、長くなりすぎない。ウエイトを一点に集中させたいときや、ワームのサイズに合わせたいときに。

created by Rinker
ジーニアスプロジェクト(G-nius Project)

ポークケース

[写真タップで拡大]

ミニバッグL-1(B)に収納されたポークたち。主に河口湖などのワーム禁止レイクで活躍する。ここでは公開できないが、魔改造されたポークたちが多数存在していた。

ワイルドダディ(ワイルドポーク)

[写真タップで拡大]

数あるビッグダディシェイプのポークで、藤田さんが愛用しているのがこのワイルドポーク。

藤田「柔らかいのに厚みがあるからなのかパワフルに水を押してくれますね」

リールバッグ

DAIWAのミニバッグワイド(B)にリールをみっちり詰め込むことで、中で揺れないのでリールに衝撃を与えずに保管できる。リールカバーはもちろん装着して保管。

所有車&艇

[写真タップで拡大]

18TRX(トライトン)

走破性と安定性のバランスがよく、ソフトな波当たりで快適。

藤田「アメリカでだいぶ操船技術が上達したんですけど、トライトンに乗るとさらに上手くなった気がしちゃいますね」

BOAT SETTING

項目使用装備
エレキウルトレックス112(ミンコタ)
ソナー(フロント)GPSMAP8416XSV(ガーミン)
GPSMAP1222XSVタッチ(ガーミン)
GPSMAP1223XSV(ガーミン)
ソナー(リア)GPSMAP1223XSV(ガーミン)
HE820(ホンデックス)
エンジンPRO XS 250(マーキュリー)
アンカーブレイド(パワーポール)

ランドクルーザー200(TOYOTA)

釣車の定番、ランクルの200系後期。トルクのある走りと安定した乗り心地で、バスボートを牽引したロングランも快適に。

藤田京弥さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

藤田京弥(ふじた・きょうや)

彗星のごとく現れ、JBのビッグタイトルを総舐めし、本誌対決企画・陸王の記録までもすべて塗り替えた令和の怪物。その勢いはとどまることを知らず、今季から参戦しているアメリカのB.A.S.S.ノーザンオープンでは総合成績2位を獲得。来季からエリートカテゴリーへチャレンジする、日本の最高傑作。


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス