渓流釣りガールConnieがフライ&ルアーの二刀流で夏の渓流を攻略 in 岐阜県飛騨地方

渓流ハイシーズンにルアマガ女子部公式インフルエンサーConnieが自身のホームリバーである岐阜県飛騨地方を訪れ、フライ&ルアーの二刀流で渓流釣りを満喫したレポートをお届け! バラエティに富んだ美しい魚体を求めて釣り歩く姿をご覧あれ!

●文:ルアマガプラス編集部

[写真タップで拡大]

Connie(コニー)

ルママガ女子部公式インフルエンサー第1期生。京都府在住。

『素敵な仲間と楽しく釣りを』をモットーに、家族や友人たちと渓流でのフライ・ルアーフィッシングをメインに湖や管理釣り場(たまに海外)などで四季折々のトラウトフィッシングを満喫している。現在、ハヤブサフィールドスタッフ、river peakフィールドサポーターとしても活動中。
まだ女性アングラー人口の少ない釣りジャンルである「渓流釣り」や「フライフィッシング」の面白さや魅力を1人でも多くの方に伝えていきたいと話す。

まずはフライで入渓し様子をうかがう

初日は川の様子を見がてら、フライロッドを片手に夕マズメ前の少しの時間だけ入渓。

降りてすぐのところに、対岸側をゆるく流れるポイントが。

身を屈め、手前の流れにラインを取られないよう気を付けながら、少し上流をめがけてドライフライを落とします。水流に乗ってゆっくりと自然に流れるフライに注目していると、スーッと底から魚影が現れたと思った瞬間、上手くフライに喰いついてくれました!

思惑通りにヒットしてくれたナイスヤマメ! [写真タップで拡大]

小さなポイントを丁寧に撃っていくと、次は岩陰から元気なイワナが飛び出してきてくれました。相変わらずのチュルンとしたフォルムが可愛い~! 束の間ではありましたが、運良く2魚種キャッチできたところで納竿としました。

岩陰から元気よく飛び出してきてくれたイワナ。 [写真タップで拡大]

ルアーで狙う本流ヤマメ

翌日は、少し趣向を変えて本流へ行ってみることに。連休ということもあり、どこも釣り人だらけでしたが、なんとか隙間を見つけて川へ。

本流は川幅があるので、やや上流へ向けて対岸までルアーをキャストし、流れの抵抗を感じながら扇状にルアーを泳がせるイメージで探っていきます。

やはり連日釣り人がひっきりなしに入る河川なので、そう簡単には釣らせてもらえません。河原を歩いて少しずつ川を下りながらキャストとリトリーブを繰り返していると、ふいにスピナーを追尾してくる魚の姿が。

まもなく回収というギリギリのラインだったので「喰うか!?」とハラハラしましたが、ラッキーなことにそのまま素直に喰いついてくれました。

本流にしては小ぶりのサイズではありましたがヤマメをキャッチ! 躊躇なくバイトしてくる姿にキュンとしました(笑)。

スピナーで本流ヤマメをキャッチ! [写真タップで拡大]

渓流でもスピナーが効く!

本流は人が増えてきたので、再び渓流へシフトチェンジ。ルアータックルのままで入渓しました。

まずは持参した手作りサンドウィッチと冷やしトマトで腹ごしらえ。自然のなかで食べるご飯ってより一層美味しく感じますよね~。

手作りサンドウィッチでランチタイム♪ [写真タップで拡大]

冷やしトマトも最高です♪ [写真タップで拡大]

ランチタイムもそこそこに釣りを再開。少し進んだところで、いかにも魚が居そうな小さな淵を発見。

まずは下流側からスピナーを上流へキャストし、何投か早巻きでリトリーブしてみますが反応ナシ。今度は少し狙い方を変えて、横引きのアプローチで狙ってみると、勢いよくガツン! とレインボートラウト(ニジマス)がヒットしてくれました。

スピナーをバックリと咥えたレインボー。 [写真タップで拡大]

ポイントを撃ちながらどんどん釣り上がっていくと、拓けたポイントが見えてきました。下流側から順番に攻めていくと、またもや元気なレインボーがヒット! レインボーは一定の速度で動くものに興味を示す傾向があるので、スピナーとの相性はバッチリです。

グッドレインボーをキャッチ! [写真タップで拡大]

そのあと、ミノーにチェンジするとイワナのチェイスが! 一瞬フッキングしたものの足元でバラしてしまいました~(涙)。惜しかった~!

身を屈めて狙います。 [写真タップで拡大]

ラストはやっぱりフライで

最終日も帰る前に少しだけ入渓。

小さいヤマメがたくさんアタックしてきてくれるのですが、なかなかタイミングが合わず歯がゆい時間が続きます。中盤、深みのあるポイントでライズが見られたので、慎重にキャスティングしてみると「パシャッ!」

良型のヤマメが飛び出してきてくれました~!

[写真タップで拡大]

パーマークがとっても綺麗なヤマメでした [写真タップで拡大]

ちょうどライズしているあたりに枝が垂れ下がり、キャスティング難易度の高いポイントではありましたが、上手くキャスティングが決まり釣れた一尾だったので、最高に気持ちよかったです! その後もイワナやアマゴが遊んでくれて同行者も全員安打。良い締めくくりとなりました。

最近ハマっている水中撮影でアマゴを撮影してみました♪ [写真タップで拡大]

梅雨も明け、これから渓流シーズンは後半戦へと突入していきます。特にフライフィッシングが面白い季節になってくるので、マッチ・ザ・ハッチを意識しつつ、禁漁まで思いっ切り楽しみたいと思います。

【タックル】

[写真タップで拡大]

【フライタックル】

  • ロッド:JP6 7′6" #3(river peak)
  • リール:nature #2/4(river peak)
  • フライライン:FREE STYLE WF 3/4 F(river peak)
  • リーダー:9ft 5x(river peak)
  • ティペット:パワード渓流 0.8号(サンライン)

[写真タップで拡大]

【ルアータックル】

  • ロッド:トラウティン マーキス ナノ(アブガルシア)
  • リール:ツインパワー C2000SHG(シマノ)
  • PEライン:SIGLON PE×8 0.8号
  • リーダー:Super渓流フロロ0.8号

【アパレル・グッズ】

  • グローブ:HYOON EX 手甲グローブ(フリーノット)
  • ウェーダー:G-TEX DENIM WADER(プロックス)
  • 防水バッグ:レインスリング(river peak)
  • ネット:ラバーカーブネット

その他の釣行はInstagramなどSNSにて随時更新中~☆

ご興味のある方はぜひフォローお願いいたします!

ルアマガ女子部第1期生をご紹介!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス