10月は巨大マゴチの捕獲のチャンス! お得で便利なルアーセット紹介! 陸っぱり&ボートで手軽に楽しもう![タックル準備編]

ソルトウォーターゲームでは、やや脇役的なターゲットだが「もっと手軽に楽しんでほしい!」と知多半島でマゴチゲームに取り組む猛者たちが、その魅力と釣り方をサジェスチョン! まずは、タックル準備編からスタート!

●文:ルアーマガジンソルト編集部

[写真タップで拡大]

蘆原 仁あしはら・ひとし

神奈川県在住。伊豆半島や房総半島をホームに活躍するライトゲームのエキスパート。菅釣りのトラウトの経験も豊富で喰い渋る魚に口を使わせるテクニックに長ける。マゴチもシンプルかつ合理的な理論で攻略。

ライトなタックル流用で巨大マゴチが釣れる!

マゴチは、ヒラメ狙いのサーフで顔を出すうれしいゲストというイメージを持つ方が多いはず。

蘆原「専門に狙っても面白い。ソルトゲームの好敵手です」

というのはアジングのエキスパートでマゴチゲームにもどっぷりハマる蘆原さん。釣り場は知多半島。古くからマゴチゲームが盛んな地域だ。

蘆原「マゴチは年間通して釣れますが、好シーズンは春と秋。4月中旬頃から6月は乗っ込み(産卵前)の荒喰い。陸っぱりでも釣りやすくなります。真夏の高水温期はちょっと釣果が落ちますが、9月から11月に秋のピークが来ます。サイズの良いハゼが川を下る落ちハゼシーズンで大型のマゴチが狙えます」。でかゴチを狙って入門だ。 [写真タップで拡大]

蘆原「マゴチはエギングやシーバスタックルを流用して手軽に楽しめます。でも、手軽な釣りのわりに釣れる魚は意外とでかい。そこがマゴチゲームの魅力ですね」

サイズ的には?

蘆原「60cmオーバーが出ます。しかもマゴチはどう猛な魚なので、基本的には居れば喰ってくることが多いです」

ビギナーでも釣りやすい?

蘆原「釣りやすいし、状況によっては腕に差が出る奥深さもあります。あと知多半島の場合は、港湾部の護岸やボートで楽しめます」

サーフではなく?

蘆原「そう。装備も手軽で、東海地方を中心に展開している大型釣具店のイシグロさんでは、マゴチゲームをもっと盛り上げようと、『ヒラメ・マゴチルアーセット』を販売している。ホントに誰でも手軽にはじめられます」

入門者におすすめ! イシグロ謹製『ヒラメ・マゴチルアーセット』

内容は、スタッガーオリジナル3.5in(ハイドアップ)に、ゼスタのハイパーヘッドタッチダウン(ゼスタ)が組み合わされたセット。リーダー付き。 [写真タップで拡大]

「初めてならまずはこれ」と蘆原さんがおすすめするのが、釣具のイシグロがセレクトしたヒラメ・マゴチルアーセット。「スタッガーオリジナル3.5in(ハイドアップ)の釣れ筋カラーに、ジグヘッドはハイパーヘッドタッチダウン(ゼスタ)。どちらもマゴチに実績抜群で、しかもリーダー付きだから手持ちのタックルですぐに楽しめます」

【ボートと陸っぱりで実釣】
マゴチというとサーフの釣りのイメージが強いが、知多半島ではボート。陸っぱりは護岸や堤防で釣れる。「手堅く釣れるのがボート。船長が魚影の濃いエリアに連れて行ってくれますからね。手軽さでは陸っぱり。軽装で楽しめます」。実釣はイシグロ半田店のスタッフも参加し、アツーいマゴチゲームを展開。 [写真タップで拡大]

サーフだと専用タックルが必要。手持ちのエギングやシーバスタックルが流用できて、ルアーセットがあればすぐにチャレンジできますね?

蘆原「しかもセットの内容が、高実績ワームとジグヘッド。釣果も期待できますからね(笑)」

エギング、シーバス、バスなど、幅広いタックルが流用可能

では、マゴチ釣りにはどういったタックル(釣り具)が適しているのか? 蘆原さんは、手持ちの道具の流用でも十分楽しめると提案する。

蘆原「ロッドは、シーバスなら86MLなど軟らかめのロッドが向きます。ボートなら飛距離はさほど必要ないのでレングスは6ft後半から7ft前半。バスロッドも流用できます。リールはスピニングなら2500番から3000番。持っている人、多いですよね」

蘆原さんのセッティングを参考にタックルを用意しよう。蘆原さんもボート用はバスロッドのマッカシリーズ(ハイドアップ)を実戦配備。

蘆原さん使用タックル

蘆原さんは、ベイトタックル1セット、スピニングタックル2セット、合計3セットを実釣で使用。 [写真タップで拡大]

写真左)ロッド:マッカHUMRS-72ML-2(ハイドアップ)●リール:SLPセルテートカスタム2500-XH(DAIWA)●ライン:キャストアウェイPE10lb ●リーダー:ブラックストリーム5号(以上サンライン)

写真中)ロッド:マッカHUMRC-610M+-2(ハイドアップ)●リール:SLPスティーズCT-HL(DAIWA)●ライン:ディファイヤーD-ブレイド1.2号 ●リーダー:ブラックストリーム5号(以上サンライン)

写真右)ロッド:ランウェイSLS S84(ゼスタ)●リール:イグジスト2506PE-H●ライン:PEエギULT HS8 0.6号 ●リーダー:ブラックストリーム4号(以上サンライン)

【身近なフィールド&ライトなタックルで大型マゴチが狙える!】
この日の最大は同船者のハイドアップ南さんが釣った60cmオーバー。こんなでかゴチが湾内の身近なフィールドで、しかもライトなタックルで獲れるがこの釣りの魅力だ。蘆原「東京湾のボートゲームでもマゴチは人気。全国各地にマゴチは生息し、今回紹介する釣り方が通用するはずです」 [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス