季節感も楽しめる! ヒラメと春野菜の包み揚げ【釣り人のお魚料理レシピ】

大型のものは10kg近くにもなり高級魚のイメージもあって、今や大人気ターゲットのヒラメ。サーフはルアーで、沖釣りでは関東なら活きイワシの泳がせ釣り、九州では小アジなどを多数の針にかけて釣る落とし込み釣りで狙う。旬は冬。沿岸に集まるイワシを追って美味しくなる。一般的には刺し身の印象が強い魚だが、今回は手を変えて野菜の包み揚げで。

●文:ルアマガプラス編集部

ヒラメについて

体の左側を上にして泳ぐ薄く平べったい魚、大きな口で獲物を捕らえる獰猛な捕食者でもある

[写真タップで拡大]

カレイ目ヒラメ科。大型は1mを超すが、市場に出ているのは60cm前後が多い。海底近くに生息し、活性の低いときは体色を変えて底に同化し、ときには砂の中に潜り込んで目だけ出している。エサは小魚が多く、底棲魚でありながらも、捕食時は数十m上まで泳ぎ上がる。歯が鋭いので、ヒラメに襲われた魚は身がざっくりえぐられる。

代表的なブランド

ヒラメは日本各地に分布し、稚魚放流や養殖も盛んに行われている。天然ものは市場価値も高く、白身の高級魚のひとつ。青森県では、「青天ひらめ」(青森産天然ひらめ)としてブランド化を進めている。また、天然と養殖の価格差が大きい点もヒラメの特徴といえる。

おすすめ料理全国の主な産地
刺身、しゃぶしゃぶなど12月~1月青森、常磐、鳥取など

ヒラメと春野菜の包み揚げ

ヒラメを薄造りにして季節の野菜を包み衣と絡めたら油で揚げて出来あがり。

材料(2人前)、調理時間目安(30分)

  • ヒラメ:半身
  • コゴミ:1本
  • タラノメ:1本
  • フキノトウ:1本
  • アスパラガス:1本
  • 玉子:1個
  • :100cc
  • 小麦粉:80g
  • 揚げ油:適量
  • ごま油:少々
  • 天つゆ:適量
  • 大根:約1/4本
  • ショウガ:約1/4個

作り方

【手順1】

薬味を作っておく

天ぷらは揚げたてが1番。薬味はあらかじめ作っておく。大根とショウガをおろし、大根の上にショウガを乗せて山型に盛る。

【手順2】

野菜を切る

使う野菜はお好みで。旬の物が望ましい。材料の例は春を感じさせる山菜4種を挙げてみた。ひと口サイズに揃える。

【手順3】

ヒラメを切る

ヒラメの身を切る。歯ごたえと火の通りを考慮すると、薄さは3~4mmぐらいが丁度良い。

【手順4】

ヒラメで野菜を巻く

スライスしたヒラメの切り身に、カットした野菜を乗せて包むように巻く。巻いたら楊枝を刺して固定。

【手順5】

衣を作る

衣の材料は、卵1個、小麦粉80g、水100cc。小麦粉のダマが残らないように、しっかりとかき混ぜる。

【手順6】

衣付けして油に投入

かき混ぜた衣の中にタネを入れて絡める。その上に小麦粉で打ち粉をして、熱したごま油の中に入れる。

【手順7】

揚げあがり

音がビチビチ鳴って、箸で持つ手にその振動が伝わってくるなら火が通ったサイン。油から上げて余分な油を切る。

【ワンポイント】ごま油を混ぜれば風味が格段にアップ

揚げ油にごま油を少し混ぜると風味が格段に良くなる。理想は100%ごま油使用だが、混ぜるだけでも効果は十分ある。

[写真タップで拡大]

完成!

[写真タップで拡大]

『前略 奥様 釣った魚は自分で料理します。』発売情報

全24種の美味しい魚レシピ集!

釣った魚を料理できれば 「また釣り行くの!?」と言われず、 気持ちよく釣りへ行けるじゃないか~! そんな編集部の声(願望)から生まれた魚のレシピ集です。

春夏秋冬の季節感豊かな魚とその食べ方を幅広くご紹介。魚の捌き方もしっかり掲載しています。

1冊あれば、何かのときに役立つと思いますので、お手元にぜひ……。

電子版ではタブレット端末での閲覧が最適です。

  • 発売日2019年7月1日
  • 定価990円(税込)

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス