「バラシの原因を考える」松本幸雄さんが新人編集部員にダメ出ししながら秋の三島湖バス釣り攻略

ついつい自己流で押し通してしまうのが僕たちアマチュアバスフィッシング。自由に楽しむのもいいけれど、プロにきちんと教わってみると、もっと簡単にレベルアップできるかも!? プロアングラー松本幸雄さんをチェッカーに迎えて秋の三島湖で自己流を叩き直す! 今回はバラシ。なぜ魚がバレてしまうのか。ランディングにもテクニックがあるのだぞ。

●文:ルアーマガジン編集部

松本幸雄さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

松本幸雄(まつもと・さちお)

エリアトラウトやナマズからソルトウォーターまで、ルアーフィッシング全般でマルチな才能を発揮するアングラー。バス釣りのホームは房総リザーバーで、三島湖・豊英湖ではコンスタントに50cmオーバーを手にしている。

ルアーの「スピード感」を意識する

その後、1時間ほどかけて豊英筋をさかのぼったふたり。最上流でUターンした直後、ほかのアングラーのヒットシーンに遭遇した。ベローズギルのネコリグを岩盤際で操って食わせたとのこと。

[写真タップで拡大]

タナカ「ギル系が正解だったか~。だけど持って来てないッス」

松本「今の話だけでも参考になるよ。バスはルアーのボリュームは嫌ってなさそう。ただし『スピード感』は、ここまでやってきた釣りより、少し落としたほうがいいかもね」

タナカ「チャターより少し遅めってことは…… スイムジグなんかどうでしょう?」

ここでヘッドスライド3/8oz+ドライブシャッド4inにローテーションすると、すぐに反応が! 竹のレイダウンの先端付近をトレースして40アップが食ったが、ジャンプ1発でフックアウト。

ヘッドスライド3/8oz【レイドジャパン】+ドライブシャッド4in【O.S.P】

[写真タップで拡大]

タナカ「なんでバレるんだ~!?」

スイムジグに変更した直後、すぐにバイトが! 数秒間ファイトしてジャンプでバレてしまう。どうしてーーーー! 原因はフック、そしてロッドの曲げ方にあった。 [写真タップで拡大]

豊英筋の上流でグッドサイズをキャッチしていたアングラー。ヒットルアーを聞いた松本さんは、その種類よりも「ルアーのスピード感」に注目していた。 [写真タップで拡大]

今回の脱自己流のススメ

「バラシの原因を考える」

ファイト中のロッドは8割くらい曲げる。フックチェックも忘れずに。 [写真タップで拡大]

松本「魚が掛かったあと、タナカ君はサオを立ててかなり強引に巻いてたでしょ。あれは典型的なNG例です」

ファイト中にサオを立てすぎると、ティップ側だけが曲がってバットパワーを生かしにくい。その状態で魚が手前に走ったら、すぐにラインがたるんで外れやすくなってしまうのだ。

松本「かといって、サオをバットまでフルに曲げてファイトすると、デカい魚に突っ込まれたときに、それ以上曲がってくれないからラインブレイクの恐れがある。8割ぐらいまで曲げてファイトするのが理想的」

ちなみに、松本先生がタナカのスイムジグを確認すると、なんとハリ先がダメになっていた……。

松本「ジグは消耗品だからやがてこうなるのはしょうがないけど、使う前にチェックしないのは論外だよ~」

タナカ「ハイ!!!!!!!!」

『ルアーマガジン』2023年3月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年2月号

今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

  • 発売日:2022年12月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス