アジング初心者はまずこのボックスをゲットせよ!『ランガンケース1010W-1』

ライトソルトゲームはライトタックルでアジやメバル、根魚などのライトターゲットをライトな感覚で楽しむという、何から何まで“ライト(軽い)”ずくめだ。ならば、持ち歩くタックルボックスもライトに納めたいと思うのは、必然ではないだろうか。そんなライトな感覚を徹底的に追求したいアナタにおすすめなのが『ランガンケース1010W-1』なのだ。

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

ランガンケース1010W-1(メイホー)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • サイズ:175×105×38mm
  • 素材本体:ポリプロピレン(バックル、仕切板)、ステンレス(シャフト)、発泡ポリエチレン(マット)
  • 備考:可変仕切板15枚付、ワームプルーフ(VS-7070、VS-7055、VW-2070、VW-2055の上段にシステム収納可能)仕切り部分4/0クラスまでのオフセットフックに対応、仕切り部分の蓋には「ワームスリップ加工」を採用、HG

このランガンケース1010W-1、175×105×38mmというコンパクトサイズで、少し余裕が大きめなポケットに入れて持ち運ぶこともできる。そして、表裏の両面に収納スペースがあり、片面は仕切り板にて最大18コマにすることができる3列スペースを用意。フックやスナップ、スイベル、シンカーなどの小物類を収納するのに最適となっている。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

そして、もう片面にはスリットフォームが敷かれ、ジグヘッドおよびワーム装着済のジグヘッドリグ、トレブルフックなど、互いに干渉しないように整理整頓して収納することができる。フタの裏側はワームスリップ加工が施されているので、ワームがくっついてしまうといったトラブルにもなりにくい。

片面にリグ関係の小物類、そしてもう片面にジグヘッド&ジグヘッドリグを収納して持ち歩けるのなら、それはもう立派な超小型タックルボックス! 超身軽な装備でラン&ガンを繰り返せば、釣果だけはライトよりも“ヘヴィ”なものが期待できるかも…しれない。


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。