センドウアキラさんのバス釣りマイクロベイト理論「シェイクを小刻みにできる」

昔ならセコ釣りと呼ばれ虐げられていたような気もする極小ルアーの釣り。しかし、時代は令和に変わり、マイクロベイトと名前も変わり…なんだかイケてる感さえ醸し出されてはいないか? 今や、小さいは正義なのか? そんなマイクロベイトについて、猛者たちの見解はいかに? 今回はセンドウアキラさんに伺った。

●文:ルアーマガジン編集部

センドウアキラさんのプロフィール

[写真タップで拡大]

センドウアキラ

20年以上に渡って雑誌などのメディアで活躍し続ける千藤兄弟のアニキ。でかバス釣りを得意とする天才肌アングラーではあるが、マイクロベイト系の釣りもマスターしている。琵琶湖から霞ヶ浦へと拠点を移し(もうだいぶ前だが…)、現場感を重視したものづくりを続けている。ロッドブランド・セディション代表。

センドウアキラ
センドウアキラ

誰も言わないと思うけどさ…マイクロベイトはシェイクを小刻みにできるんだよ

センドウアキラさんの「俺はこう考えるマイクロベイト理論」

千藤「相対的なマイクロベイトか、絶対的なマイクロベイトかによるんだけどさ。虫系なんか寸法でいうとマイクロになるし、まあ、そこはキリがない」

まず、マイクロベイトとは何か? という問答がしばらくあったのだが、文字数の都合でそこは省略せざるを得ない。

千藤「マイクロベイトでデカいバスを狙うのは大アリというか、必要不可欠だと俺は思うんですよ。デカいルアーだけで全部はイケない。あと、稚アユやワカサギを食ってるデカいバスはマッチ・ザ・ベイトじゃないと…という感じでマイクロベイトを推す人もいると思うんですけど、俺の場合はそれだけじゃない。存在を隠してアプローチしないといけないときほどマイクロベイトが必要だと思うんだよね」

ここから虫系、イモ系、穴に入れる系の小さいワームの解説が続くのだが…ざっくり割愛し、マイクロストレート系ワームの一部の要素でまとめさせていただく。

千藤「2inくらいのマイクロストレート系ワームだと、短いからピンピンと張りがあるじゃん? だから細かいシェイクでピコピコピコ…という動きが出せる。例えばスワンプクローラーだと動かすとウネウネしてボディの戻りが遅い。すると、ロッドのしゃくりが大きくならざるを得ないから、一定のレンジをキープさせるのは難しい。爪楊枝と竹ひごの関係みたいなものだよ」

極端に短いストレートワームは曲がったあとの戻りが速いのでシェイクのピッチを速くすることができる。結果、中層をホバリングさせるような泳がせ方ができるという。これは…マイクロベイトの深淵を覗いたような…。

千藤「昔はキャッツキルワームとか飛び道具もあったけど…俺たちが盛り上がるだけで今の読者には響かないからやめとこう(笑)」

桧原湖、ディープの回遊ルートのピンにて、ピンテールのダウンショットリグでキャッチしたビッグスモール。リグはケースバイケースで、ネコリグやジグヘッドも使う。シンカーは1.8gを基準に、0.4~3.5gまでを状況によって使い分ける。 [写真タップで拡大]

センドウアキラさんが選ぶマイクロベイト

クリーピーミノー2.7in【ティムコ】

細身のわりに素材が硬めで身切れしにくいのがお気に入り。ボディに適度な張りがあって、ルアーの息吹を手元に感じやすいそう。10年分くらい買い占めたという。 [写真タップで拡大]

レインズスワンプ マイクロ【レインズ】

数釣りが得意だが、キッカーフィッシュを釣る魔力もあるらしい。食わせ能力は高いのだが、反面、ボディが柔らかくちょっと身切れしやすい。 [写真タップで拡大]

2inピンテールワーム【ゲーリーインターナショナル】

もともと海釣り用に開発されたが、スレたバスにも効くとのことで転用されるようになった。ひたすら中層でピピピピピとやるのもアリらしい。 [写真タップで拡大]

デスアダー6in【デプス】※テールのみ使用

実はかなりいい…というのがこれ。リブ感、張り感、塩感があって、アクションを加えた際に綺麗にベンドするらしい。太さもあるので、細いネイルシンカーを入れやすい。ボロボロになったデス6は大事に取っておこう。 [写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス