レジットデザイン「スクアド」シリーズに広範囲をサーチできるロングバチコンロッドが登場!『スクアド SKS-ST73UL/L-AJING Vertical Contact Special』

ボートアジングで人気のバチコン。アジの群れがいつタナを的確に誘っていく釣り方の中でも、ギガアジを獲るためには“より広く探る”ことが大事。それに主眼を置いたロングロッドをレジットデザイン代表の飯高さんが徹底解説!

●文:ルアマガプラス編集部

語っていただくのはレジットデザインCEO兼ソルトチーム・リーダー飯高さん!

飯高博文(いいたか・ひろふみ)
レジットデザイン代表。長年のロッド開発、生産の経験を生かし、数多くのロッドを手掛けたデザイナー。近年は東京湾のボートゲームの魅力にどっぷり浸かり、ボートシーバスやバチコン、そしてサワラゲームなど傾倒。ソルトブランドのスクアドも人気だ。 レジットデザイン株式会社CEO。 [写真タップで拡大]

ギガアジは「群れの外れ」にいる!

[写真タップで拡大]

ボートアジングでの釣り方で昨今人気が高いバチコン(バーチカルコンタクト)。アジの群れをきっちり狙っていけるので、高い釣果をあげられる釣りだ。

飯高「数釣りはもちろんですが、でかいアジ。いわゆる40cmほどのギガアジを狙いたいなら、群れからちょっとだけ外すと釣れることが多いんです」

レジットデザインの代表にして、ロッドデザイナーでもある飯高さんはそう語ってくれた。

飯高「バチコンの中でもメインアクションとなるゼロテン(ゼロテンション、ラインを張らず緩めずで操作する)でレンジを決めて誘うことが多いんですが、タナは底から1.5mをベースに2mくらいまでが中心になります。でも、ギガアジを狙う場合はちょっとだけそのタナに幅を持たせてやると掛かるパターンが多い」

――どれくらい底から上を狙うんですか?

飯高「その日の状況や群れによって変わってきますが、2.5mとか3mという時もあります。そうなってくると捨て糸部分がかなり長くなってきて、6ft台のロッドだと取り回しが悪くなってくるんです。底上2~3mをストレスなく釣りをするには、本当は8ft台くらいのロングロッドの方がゼロテンを保ちやすい。でも、長すぎるとアクションが付けにくくなって操作性が落ちてきます。長さと操作性の折り合いが一番付くのが7ft3inになってくるんです」

――そういえば、新しいモデルのロッドは7ft3inですね。

飯高「ギガアジ狙いのバチコン専用スピニングロッドを目指しましたので、その長さを採用しました」

――それがこの『スクアド SKS-ST73UL/L-AJING VERTICAL CONTACT』なわけですね。

スクアドSKS-ST73UL/L-AJING Vertical Contact Special(レジットデザイン)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • 全長:2.21m
  • 自重:86g
  • アクション:MF(ミディアムファスト)
  • グリップ長:405mm
  • 継数:2
  • ルアー:VERTICAL MAX 115g
  • ライン:PE0.3~0.8号
  • 素材:カーボン85%、アラミド10%、グラス5%
  • 価格:32,780円(税込)

ギガアジの強い引き&口切れにも対応!

[写真タップで拡大]

飯高「7ft3inという長さにしたもう1つの理由が『口切れ防止』なんです」

――確かにアジといえば口が弱く切れやすいイメージ。それってギガアジのような大型でもそうなんですか?

飯高「20cmでも40cmでも弱い部分はそのままだから『すごく引いてもバレた!』って時は、口切れのパターンも多いと思います。でもロッドが長いと、竿ドラグと言いますか、曲がる部分が長いので強くて急な引きもいなすことができるんです。

逆に短いとテーパーで止まる部分が出てくることがある。ジワジワ引いてくる場合なら対応できますが、ひったくるような強くて不意なアタリはバレることが多い。でも、有効レングスが長くて曲がる幅が広いとフックアップ前にしっかりと曲がってくれるので、数釣りはもちろん大型にも対応してくれるんです。

あと30tソリッドカーボンの繊細なティップ、それとアラミドレインフォースメントを搭載したトルクのあるブランクによって、強烈なファイトでもスムーズにやり取りができるようになっています」

グリップ部分が長くてホールドしやすく釣りが楽になる!

[写真タップで拡大]

飯高「このSKS-ST73UL/Lは全長も長くなっていますが、グリップも長くなっています」

――グリップが長いことでメリットってありますか?

飯高「グリップを脇に挟んでアクションしやすくなります。バチコンってコマセのビシアジ船などに乗って釣りをしたりするんですが、他の釣りとオモリを合わせて15号(56.25g)以上の重さを使ったりします」

――結構な重さになりますよね。

通常のモデルよりも長めのリアグリップを搭載。 [写真タップで拡大]

飯高「なので、ショートグリップで一日釣りをしていると疲労に繋がりますよね。でも、グリップが長いと脇にしっかりと挟めるので操作も楽になります。あと、先調子のロッドではなくULで全体的に曲がる設計なので、リフト&フォールの重みや船の揺れまで吸収。ストレスなく操作もできるようになっています」

――バチコンではゼロテン以外にも、確かにリフト&フォールも有効ですよね!

飯高「基本の釣り方は、ラインを張らず緩めずにしたステイ。アジにしっかりと“見せる”ことがカギになります。それから反応がなければ、シェイクしてから止める。そして、ラインを緩めて張って糸ふけを出して上げたり…色々とその日のパターンを探って釣っていきます。

さらに、群れからリフトして一旦アジの目線を切る。それからフォールして喰わせるリフト&フォールも効果的な場合があるんです。特にフォールは食ってくるタイミングになりやすいので、アタリに集中してみると釣果UPに繋がります」

これから秋を迎え、シーズン最盛期を迎えるバチコンアジング!スクアドSKS-ST73UL/Lは「ギガアジ攻略の新たな切り札」となるロングロッド! 東京湾はもちろん、全国のバチコンフィールドでも活躍するので是非チェックしてみてはいかがでしょうか!

[写真タップで拡大]

レジットデザイン ソルトウォーター公式YouTube「スクアドTV」ではST73ULを使用した最新動画も公開中です!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス