簡単で美味しい本格的な出汁の取り方【昆布カツオ出汁】

和食で最も多用される出汁の基本、一番出汁の取り方を覚えよう!! 魚料理のレパートリーに和食は欠かせない。和食で味の決め手になる存在。それは出汁だろう。粉末状のインスタント品や市販のつゆでも代用はできるが、やはり一から作った方が格段に美味い。出汁の取り方は覚えておいて損はないだろう。

●文:ルアマガプラス編集部

基本の昆布カツオ出汁の取り方

1. 水から昆布を煮る

鍋の底に昆布(約20g)を敷いて水を張る。それを強火にかけて熱していく。しばらくして鍋が沸騰しかかってきたら、昆布を鍋から取り出す。 [写真タップで拡大]

昆布を入れたまま完全に煮立たせてしまうと、昆布から雑味が出て味が落ちてしまうので注意。 [写真タップで拡大]

2. 鰹節を入れて煮出す

昆布を取り出したら弱火に。鍋を落ち着かせてから鰹節を入れる。鰹節の分量は両手にいっぱいぐらい(約70g)。多い分には構わないが、少ないと味が寂しくなってしまう。 [写真タップで拡大]

しばらく煮立たせて、汁に色が付いたら火を消す。 [写真タップで拡大]

3. 鰹節を入れて煮出す

最後に鰹節をこし取る。上にクッキングペーパーを乗せた別の鍋を用意して、そこに鰹節ごと煮汁を移せば、ペーパーで鰹節をこすことができる。 [写真タップで拡大]

これで一番出汁の出来上がり。 [写真タップで拡大]

『前略 奥様 釣った魚は自分で料理します。』発売情報

全24種の美味しい魚レシピ集!

釣った魚を料理できれば 「また釣り行くの!?」と言われず、 気持ちよく釣りへ行けるじゃないか~! そんな編集部の声(願望)から生まれた魚のレシピ集です。

春夏秋冬の季節感豊かな魚とその食べ方を幅広くご紹介。魚の捌き方もしっかり掲載しています。

1冊あれば、何かのときに役立つと思いますので、お手元にぜひ……。

電子版ではタブレット端末での閲覧が最適です。

  • 発売日2019年7月1日
  • 定価990円(税込)

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス