元祖「職業釣り師」こと日本のプロアングラーの第一人者である村越正海さんのランカーメモリアルをご紹介!!偶然ではなく、狙って記録級のターゲットを手にする方法とは?ここでご紹介するのはエキスパートが刻んだ“記録”と“記憶”、モンスター捕獲の証言集である


語って頂くのはこのお方!!

村越正海(むらこし・せいかい)さん

ルアーで狙うシーバス、ヒラスズキをライフワークとしつつ、最近はタナゴ釣りにもハマリ中。スキを見つけては、ちょっとした水路で糸を垂らす日々。DAIWAのアドバイザリースタッフ。釣り番組「ザ・フィッシング」のキャスターとしても活躍。全国的にファンを持つオールマイティスペシャリスト。

村越正海×メバル36cm

村越さん「あまりにも引きが強烈だからヒラスズキかと思った」。

画像1: 村越正海×メバル36cm
画像2: 村越正海×メバル36cm

DATE:2009年/3月31日/20時28分

FIELD:静岡県熱海周辺のゴロタ場

SIZE:36cm

TIDE:中潮/満潮

OTHER:波やや高め。満潮の潮止まり直前にヒット

なかなか越えられない壁を突破した瞬間!!フックサイズUPが奏功!

36cmという、とてつもないメバルを釣り上げた瞬間、それは、弊誌別冊『メバル王』の実釣取材中の出来事だった。

村越さん「最初は、あまりにも強烈な引きだからヒラスズキかと思ったよ。フックは、普段、#6を使うことが多いんだけど、このときは#4を使ってた。これは大きいと思う。このサイズの引きだと#6を使ってたら多分バラしてたかもね…」。

ファイト中、2度ほど根に入られそうになりつつ、何とかキャッチ。「計測すると、自己記録更新のサイズでビックリ! 35cmを超える個体はなかなか釣れないから、やっぱり嬉しいよね」。



ヒットルアー

ビームフィッシュ1.8in+SWロックフィッシュジグヘッド(1g・#4)【DAIWA】

画像: ビームフィッシュ1.8in+SWロックフィッシュジグヘッド(1g・#4)【DAIWA】

太めのフック選択が重要!

村越さん「30cmを超えるメバルは引きが強烈。細軸のフックだと伸ばされてしまい、悔しい思いをします。僕の基準は、ジグヘッドの重さが1g、フックは#6。それでも不安な場合は#4を選択。単体で使ってもいいし、ガン玉でスプリットショットリグのようにして使うのも効果的」

※現在、SWロックフィッシュジグヘッドは「月下美人 SWライトジグヘッドSS」としてリリースされています。

また、ワームのビームフィッシュは廃版となりましたが、2019年度秋、復刻予定!乞うご期待!!

そしてルアーマガジンソルト創刊当初から続く村越さんの連載記事「正海に訊け!」が遂に単行本化決定!!

画像: 太めのフック選択が重要!

2019年秋頃、発売となりますが、詳細が分かり次第ルアマガプラスで続報をお届け致します!!

村越さんのYOUTUBEチャンネル「正海チャンネル」も要チェック!!⇩⇩

村越さんの連載と単行本化のエピソードはルアマガソルト最新号をチェック!!




This article is a sponsored article by
''.