どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届け!! ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する『THE JIGHEADS』をルアマガ+にも公開!! 今回ご紹介するのは「釣れやすさ」と「使いやすさ」を徹底追及したライトゲーム用スタンダードジグヘッドです。


今回のジグヘッドは『A.W.スイムヘッド(アクアウェーブ)』

幅広い釣りに対応するユーザビリティの高いスタンダードモデル

今回紹介するのはビバのA.W.スイムヘッド。アクアウェーブの開発担当の小野さんがその特徴を紹介してくれた。

小野誰にでも使いやすく、素直なジグヘッドが欲しいというのが開発コンセプトです。引けば泳ぐし、止めればフォールする、意図した動きがそのまま出るというアイテム。
同じシリーズにA.W.ロックヘッドがあり、それは一定レンジのスイミングやダートアクションに優れたモデル。一方でこちらは、浮き上がりやすくシャローレンジのスイミングに特化させました

ヘッドはおにぎり型でクセのない使用感が特徴。

小野重さの刻印や大きめのラインアイなど、夜間でも使いやすいように設計しました。ワームキーパーは夜行になっていて、ワームの中で光ってアピールしてくれます。フックはオーソドックスなストレートポイント。メバル、アジをメインに色々なターゲットに使ってもらえると思います」

漁港からシャローエリア、アマモ帯まで、場所を選ばず活躍してくれるA.W.スイムヘッド。アングラーが入力したアクションにそのまま応える高いユーザビリティがあるので、ビギナーから上級者まで納得のアプローチが出来るはずだ

ポイント① ヘッド

画像: ポイント① ヘッド

ヘッドには重さの刻印、そして大きめのラインアイ

重さがひと目でわかるヘッドの刻印で、パッケージを出した後もウェイトローテーションがしやすい。ラインアイも大きく設計してあり、夜間でもラインを通しやすく、スナップなども簡単にセットすることができる。

ポイント② フック

画像: ポイント② フック

フックはオーソドックスなストレートポイント

フッキングした際に力が掛かりやすいストレートポイント形状フック。ナイロン製のワームキーパーでズレを防止。さらにグローになっているのでワームの中で怪しく光って、小魚やエビの内臓のようなアピールポイントになる。



アクション

画像: アクション

根掛りしやすいシャロー帯も快適に引ける

浮き上がりやすい性質があるので、一般的なジグヘッドと同じ重さを使った場合でもシャローレンジを引きやすい。重さをキープしたまま遠くのシャローレンジを引けるのは大きなメリット。根掛りが気になるビギナーにも使いやすい設計になっている。

ワームセッティング

画像: A.W.スイムヘッド+スーパージャコ(ともにアクアウェーブ)

A.W.スイムヘッド+スーパージャコ(ともにアクアウェーブ)

メバル、アジをはじめとするさまざまなライトゲーム用ソフトベイトにマッチ。ジグ単だけでなくキャロなどのリグにも使いやすい。アクアウェーブのスーパージャコはヘッドに穴も設けられており、セットも楽々。実績の高い組み合わせだ。

気になるサイズラインナップは?

画像: 1.5g

1.5g

画像: 2.0g

2.0g

画像: 4.5g

4.5g

画像: 0.3g

0.3g

画像: 0.8g

0.8g

画像: 1.0g

1.0g

0.3g~4.5gの幅広いウェイトラインナップ

細かく刻まれたウェイトラインナップで、ちょっとした状況変化にも高い精度で対応することが出来る。フックサイズは#8と#6の2種類(3gと4.5gは#6のみ)使用するワームの大きさやターゲットに合わせてフックの大きさも変えていける。

画像: 表層意識したメバルにもうってつけ!(Photo/柳生豊志)

表層意識したメバルにもうってつけ!(Photo/柳生豊志)


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.