『ルアーマガジン』、『ルアーマガジン・ソルト』両誌で毎年年末に開催している読者投票企画「T.O.Y.(タックルオブザイヤー)」。今回は、ルアーマガジン・ソルトT.O.Y.「ショアジギ部門」を一挙に大公開しちゃいます!

"T.O.Y. タックル・オブ・ザ・イヤー"とは?
『ルアーマガジン』と『ルアーマガジン・ソルト』にて、その年に最も信頼できるタックルを読者の皆様から募集。時代の流行りや風潮を読み解くこともできる、1年間を総括する人気ランキングなのだ!
※投票は『ルアーマガジン・ソルト 2018年10月号』~『同 2018年12月号』のアンケート集計結果に基づきます。
貴重なご意見ありがとうございます!



【1位】ジグパラ ショート / セミロング
【メジャークラフト】

前年1位【→】

画像: 【1位】ジグパラ ショート / セミロング 【メジャークラフト】


出して即キャストOK! 汎用性の高さも魅力

昨年に引き続いて圧倒的な票数を保持したジグパラ。特筆すべきは誰にでも使いやすいというスタンダードさ。サイズやタイプのバリエーションも豊富で、ハイピッチからスローなジャークまで誘い方も自由にできる。あらゆる要素で高い人気を持つジグパラ天下はまだ続く!?

■ジグパラ ショート / セミロング

【ショート】
●自重:20~60g ●カラー:全22色(50、60gは10色)●価格:オープン

【セミロング】
●自重:40~60g ●カラー:全17色 ●価格:オープン

【2位】ジグパラTG
【メジャークラフト】

前年圏外【NEW!】

画像: 【2位】ジグパラTG 【メジャークラフト】

飛距離抜群のTGでワンツーフィニッシュ

ショアジギングでは大遠投用として、オフショアでもマイクロジギング用として活躍するジグパラのTG(タングステン)モデルが2位となった。カラーも追加されてバリエーション増!

■ジグパラTG

●自重:10~60g ●カラー:5色(10~18g)、8色(24~60g)●価格:オープン

【3位】ビッグバッカージグ
【ジャッカル】

前年8位【↑】

画像: 【3位】ビッグバッカージグ 【ジャッカル】

後方重心でよく飛び、キレのあるアクションでアピール

向かい風でも飛距離抜群の後方重心設計。フォールとアクションのキレも良く、効果的なフラッシングを発生。ショアジギングで狙えるあらゆる魚種に対応した動きでビギナーにもピッタリ!

■ビッグバッカージグ

●全長:42~78mm ●自重:10~60g ●価格:550~830円

【4位】サムライジグ
【DAIWA】

前年2位【↓】

画像: 【4位】サムライジグ 【DAIWA】

スイミングと水平フォールを両立!

飛距離アップを求めるだけではなく、安定したスイミング性能と魚の好む水平フォールを両立した基本性能の高いキャスティングジグ。小型魚から大型の青物まで対応幅は広い!

■サムライジグ

●全長:43.5~136mm ●自重:7~130g ●カラー:全11色 ●価格:550~800円

【5位】ヒラメキジグ
【LML×ジャンプライズ】

前年圏外【NEW!】

画像: 【5位】ヒラメキジグ 【LML×ジャンプライズ】

ヒラメでもランクインしたルアマガのコラボジグ!

フラッシングを伴ったローリングアクションで効果的なアピールを出すルアマガとジャンプライズのコラボジグ。ヒラメでもランクインしたが、ショアジギでは5位と人気急上昇!

■ヒラメキジグ

●全長:60mm ●自重:30g ●カラー:10色 ●価格:1200円



【6位】撃投ジグシリーズ
【カルティバ】

前年2位【↓】

画像: 【6位】撃投ジグシリーズ 【カルティバ】

名前通りの飛距離を持つスライドアクションが得意なジグ

磯での過酷な使用も想定し、頑強さを持ったパワフルな遠投ジグ。それでいて軽い巻き心地とキレの良いスライドアクションを兼ね備えているので疲労感を軽減。ハードなジャークと連投が可能だ!

■撃投ジグシリーズ

【撃投ジグ】
●自重:25~125g ●カラー:11色(25~40g)、9色(65~125g)●価格:800~1,450円

【7位】コルトスナイパー イワシロケット
【シマノ】

前年8位【↑】

画像: 【7位】コルトスナイパー イワシロケット 【シマノ】

飛距離爆上げ100mオーバーを狙うぶっ飛びジグ

イワシをイメージしたフォルムに、後方重心で流線型ボディが30gでも平均100mオーバーの飛距離を実現! 超ぶっ飛び系のメタルジグだが、アクションはベーシックで扱いやすい。

■コルトスナイパー イワシロケット

●自重:20~40g ●カラー:全7色 ●価格:680~800円

【8位】ジグパラサーフ
【メジャークラフト】

前年圏外【NEW!】

画像: 【8位】ジグパラサーフ 【メジャークラフト】

ナチュラルなスイムアクションが得意

ヒラメ、マゴチをメインとしたサーフ用のジグがショアジギでも人気! ただ巻きスイムアクションが得意で、ブレードのフラッシングアピールも青物に効果的!

■ジグパラサーフ

●自重:28~40g ●カラー:全9色 ●価格:オープン

【9位】ドラッグメタル キャスト
【デュオ】

前年4位【↓】

画像: 【9位】ドラッグメタル キャスト 【デュオ】

ただ巻きで気持ちよくスイム&水平スライドフォール

抜群の飛距離を持ちながらただ巻きでもジャークでも安定したスイミングと水平スライドフォールで誘い、あらゆるターゲットを魅了。

■ドラッグメタル キャスト

●全長:43.5~60mm ●自重:15~40g ●カラー:全10色 ●価格:600~750円

【10位】ガンガンジグ
【オーシャンルーラー】

前年圏外【↑】

画像: 【10位】ガンガンジグ 【オーシャンルーラー】

フォールアピールで誘うセンターバランス設計

アクションとフォール両方で誘えるセンターバランス。そして、フラッシング効果を高める反射面をボディに採用し全方位360度へアピール!

■ガンガンジグ

●自重:20~60g ●カラー:全7色 ●価格:オープン

圧倒的な人気で追随を許さないスタンダードな超定番ジグがTOYを獲得!

各部門で得票数を得ているジグパラは、ショアジギング部門ではいまや不動の人気! その後には急激な勢いのビッグバッカージグにサムライジグが続く。そして5位にはヒラメキジグが入るなど混戦の模様を呈するランキングに!

『ルアーマガジン・ソルト』2018T.O.Y.はこちらから!


[ルアマガ+]の関連記事はこちら



This article is a sponsored article by
''.