シマノベイトリールのフラッグシップモデル、アンタレス。2019堂々のフルリニューアルを遂げた! 初心者が使えば最高のベイトリール体験を味わえ、エキスパートは史上最高のアンタレスにため息が漏れる。SHIMANOの威信を賭け精緻を極めたスターリールに、釣り場主義なインプレで死角を探った。


アンタレス【シマノ】

画像: アンタレス【シマノ】

●ギア比:6.2●最大ドラグ力:5キロ●自重:220グラム●ナイロン糸巻量:12ポンド-100メートル●最大巻上長:66センチ/ 1回転●ボール/ローラーベアリング数:10/1●価格(税抜き):5万8000円

第2世代のマグナムライトスプールをさらに薄肉化、ナロー化した「マグナムライトスプールⅢ」を搭載した最新のアンタレス。サイレントチューンとS3Dスプールの効果で、回転時の振動を極限まで排除。正確なキャストと静粛なリトリーブを実現。左右非対称の造形はパーミングのフィット性も向上させている。バス用ベイトの最高峰だ。

【外観デザイン】唯一無二の個性で光り輝くベイト界の1等星

画像: 【外観デザイン】唯一無二の個性で光り輝くベイト界の1等星

ひと目見てアンタレスだとわかる、唯一無二のクロームカラー。スプールのナロー化と、突起を完全に排したエルゴノミックなシェイプによって、本当にパーミングしやすい。どんなロッドに装着しても、リールが主役になる。そんな圧倒的な個性と存在感があるね。

【回転・巻き心地】シルキーを超えた、クリーミーな回転!

画像: 【回転・巻き心地】シルキーを超えた、クリーミーな回転!

ハンドルを回したら、スコーピオンとは次元が違った。無音、そして回転に混じりけがない。その滑らかさを例えるなら、「生クリーム」。ホイップクリームを作る際、攪拌中に生クリームが硬くなり始める瞬間がある。あの滑らかさだ。一度知ったら、もう戻れないぞ。



【キャストフィール】トップオブトップのキャスト性能に圧倒…

キャスティング

画像: キャスティング

「さすがアンタレス、よく飛ぶなあ」と思って内部のSVSを確認したら、全てオンだった。それから1個ずつオフにしていくと、飛距離がさらに伸びていった。このままでは常陸利根の対岸に届くのでは……というのは大げさだが、遠投能力は間違いなく断トツ1位だ。

ピッチング

画像: ピッチング

いうまでもなく、ピッチング性能も文句の付け所がない。無音で均一なクリーミー回転はピッチング時も健在で、着水までソフトに感じる。そして、スモラバと1/32オンスのネコリグも試したが、問題なく投げられた。MGLスプールⅢは、軽量リグにまで対応できる

【ブレーキ】飛距離重視ならSVS少なめでいける!

画像: 【ブレーキ】飛距離重視ならSVS少なめでいける!

前述した通り、内部SVSのオンオフで飛距離が劇的に変化する。その際、外部ダイヤルは基本的に中間の設定にして、適宜微調整するだけでいい。また、メカニカルブレーキのつまみも大きくて調節しやすかった。SVSは2個オフにしても、バックラッシュとは無縁。

【ドラグ】エキサイティングドラグサウンドが好きだ

画像: 【ドラグ】エキサイティングドラグサウンドが好きだ

ドラグノブは調節しやすいけれど、ちょっと感触が痛い。ピッチの細かさ、レスポンスの良さはやはり最高峰だ。さらにドラグが滑る際はクリック音が出る。この機能を「エキサイティングドラグサウンド」と呼ぶようだ。確かにファイト中に聞いてエキサイトしたい!

【総合的使用感】個人的には、史上最高のアンタレスだと思う

画像: 【総合的使用感】個人的には、史上最高のアンタレスだと思う

トップグレードにこれほどの格の違いを感じたのは久しぶりだ。リーリングもキャスティングも、完全に次元が違う。アンタレスは凄い。細かな欠点を見つけるのも難しい。スペック上は一番重いのに、持った感じは全然重くないし、アンタレス史上、最も握りやすい。

【価格】むしろ安い。でも買えるかどうかは別の話

ネットでの最低価格が税込みで約4万4000円くらい。値引き率も悪くないし、これは決して高くはない。性能を考えたら、むしろお買い得だ。ボディ剛性もかっちりしているので10年は使えるのでは? ただし、4万4000円を払えるかというと、現実は厳しいね。

画像: 【価格】むしろ安い。でも買えるかどうかは別の話

「ルアマガ味わい尽くし放題」な月額課金会員制サービスはじまりました!


この記事が掲載されている『ルアーマガジン』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.