ロッド、リール、ライン(糸)、リーダー、ルアー、その他小物まで!!ビギナーにイチオシおアイテムを全国展開する釣具店、上州屋戸塚原宿店スタッフ・綱島さんにチョイス&解説をしていただきました!!



解説をお願いしたのはこの方!

画像1: 【エギングを始めよう!】ショップスタッフによる!初心者向けバイヤーズガイド2019

綱島成樹さん

上州屋戸塚原宿店スタッフ。アジングを得意とするが、メバルやシーバス、クロダイ、タチウオ、アオリイカなど幅広いジャンルのソルトルアーゲームに精通する。

綱島さん「シーバスやエギング、アジング、ショアジグなど、ジャンルひとつとっても、さらにはルアーだけを見てみてもサイズやタイプが様々。細分化され進化してきた証でもありますが、今回は悩みに悩み、1匹に近づくためのアイテムを厳選させてもらいました。もちろん、エントリーユーザー向けということでコスパも重視したラインナップになっています」

 幅広く、そして深く海の釣りに精通する綱島さんならではのチョイスは必見!さっそくエギングのおすすめタックルを見ていこう。

エントリー向けオススメリール

画像2: 【エギングを始めよう!】ショップスタッフによる!初心者向けバイヤーズガイド2019

フリームス LT3000S-CXH(DAIWA)

■スペック
●巻取長:93㎝●ギア比:6.2●自重:215g●最大ドラグ力:10㎏●糸巻量:0.8号-200m●ベアリング数:5/1●価格:1万7300円(税別)

綱島さん「糸巻き量とコスパとサイズ感を踏まえるとこの2機種。セフィアBBに関してはエギング専用機で、HAGANEギアを搭載。LTコンセプトを搭載したフリームスは、マグシールドやタフデジギアなど、双方ともエギングにおけるハードなシャクり等、通常の使用に問題なく耐えられるくらい頑丈なところもおすすめのポイントですね」

エントリー向けオススメロッド(竿)

画像1: エントリー向けオススメロッド(竿)
画像2: エントリー向けオススメロッド(竿)

エメラルダス 86M・V(DAIWA)

■スペック
●全長:2.59m●継数:2●仕舞寸法:134㎝●自重:108g●適合エギ:2.5~4.0号●適合PEライン:0.5~1.2号●価格:2万1200円(税別)

主流はロングキャストにも対応した8ft6in。上位機種にも引けを取らない2本に注目

綱島さん「3.5を中心に4号までのエギを背負えるミディアムクラスの2モデルをチョイスしました。8ft6inという長さは、ロングキャストにも対応しており、汎用性も高く、現在は定番のレングスになっています。どちらもハイコストパフォーマンスモデルです」



ライン

※パッケージは1.2号になりますが、0.8号をお選び下さい。

ピットブル8 0.8号-150m/ライムグリーン(シマノ)
■スペック●
号数:0.6~2号●長さ:150m、200m、300m●カラー:ライムグリーン、スーパーブルー
●価格:2180~3880円(税別)

4本撚りよりも8本撚り滑らかで糸鳴りを軽減

綱島さん「高価なPEラインの概念を覆すほどのコスパが魅力のアイテム。撚り数が多いと糸鳴りが解消されるので、8本撚りをおすすめします。デイエギングでの視認性を重視すればカラーはライムグリーン1択ですね」

リーダー

※パッケージは16lbですが、8lbをお選びください。

フロロショックリーダー8lb(山豊テグス)
■スペック
●号数(lb):0.6~22(2~80)●長さ:30m●カラー:クリア●価格:オープン

PEとの結束に必須なリーダー消耗品だけに低価格なのがうれしい

綱島さん「性能も申し分ないですし、ピットブル同様にコスパが素晴らしい。実勢価格でワンコイン前後で購入できます。最初はライントラブルがつきものですから、消耗品としての魅力満載です」

エギ

画像: エギ

エギ王Q LIVE3.5号(ヤマシタ)

■スペック
●号数:2.0、2.5、3.0、3.5●沈下スピード:約3.0~3.5秒/m(3.5号)●カラー:49色(3.5号)●価格:オープン

画像: エギ王Q LIVE3.5号(ヤマシタ)

EZ-Q ダートマスター3.5号(デュエル)

■スペック
●号数:2.5、3.0、3.5●沈下スピード:約3.2秒/m(3.5号)●カラー:15色(3.5号)●価格:オープン

安心のド定番モデルの3.5号で間隔を養え

綱島さん「この2本は売れ筋、釣れ筋、さらには扱いやすさも抜群のモデルです。1本持っておけば安心の定番アイテムですね。まず最初に選ぶならやはり基準となる3.5号をチョイスしてください」

イチ押し小物!

エギ王イカ絞めピック(ヤマシタ)

綱島さん「イカは絞めてから持ってることをおすすめします。そのためにあると便利なのがイカ絞めピック。こちらは通常のイカ絞めピックに加えて、カンナ調整器具もついているので、1本で2度おいしいアイテムになります」


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.