シマノ社のエギングブランド「セフィア」からブランド最高峰となるロッドがリリースされる。その名も『セフィアリミテッド』。このロッドが謳う、限界を超越した“真の軽さ”とは?
そしてシマノ社の最新ロッドテクノロジー「スパイラルXコア」や「カーボンモノコックグリップ」「Xガイド」などを惜しみなく導入した真のフラッグシップでもあるこのロッドを解明していこう。


セフィアリミテッドが目指す“真の軽さ”とは何なのか

セフィアリミテッドが目指したもの、それは「限界を超越する」軽さである。それは単なる竿本体の自重の軽さではなく、激しい動作を求められるエギングにおいてアングラーの負担を少しでも軽減するため「実戦優先の真の軽さ」を追求したのである。

ひとつは、重心移動を手元に配置することで、自重以上の軽さを体感できる“持ち軽さ”。これによりアタリや潮の抵抗など、あらゆる変化を感知することが出来る。

画像1: セフィアリミテッドが目指す“真の軽さ”とは何なのか

そしてもうひとつは、シマノのエギング史上最も細身のブランクスでありながらも、スパイラルXコアに加え、東レ(株)ナノアロイ®テクノロジーなどにより高強度も実現。これによりキャストした瞬間、ジャークした瞬間の空気を切り裂く“振り軽さ”を体感できる。

画像2: セフィアリミテッドが目指す“真の軽さ”とは何なのか

さらにはEVAやコルクを完全に排除したカーボンシェルグリップやカーボンで一体成型され、中空構造による軽さと感度を得たリア部のカーボンモノコックグリップ。振動伝達性能が高まり、軽さと更なる高感度を実現した

画像3: セフィアリミテッドが目指す“真の軽さ”とは何なのか

シマノの最新テクノロジーが凝縮された至極のエギングロッド

またガイドは小型軽量で空気抵抗を軽減するXガイドエアロチタンを採用し、トラブルレスでラインダメージ減、そして飛距離アップが実現。

シマノが様々な釣種で培ってきたテクノロジーを高次元で融合させ、軽さのみならず強さも併せ持った至極のエギングロッドそれが“セフィアリミテッド”なのだ。

画像1: シマノの最新テクノロジーが凝縮された至極のエギングロッド
画像2: シマノの最新テクノロジーが凝縮された至極のエギングロッド

6/21発売のルアーマガジンソルト8月号では、開発に携わったシマノインストラクター、湯川マサタカ氏による実釣記事も掲載予定!エギングファンはお見逃しなく!!




This article is a sponsored article by
''.