朝駆け上等のフィッシングライフをお送りの皆さん、いかがお過ごしでしょうか……。ボート釣りなんかでは、朝メシ買うついでに昼メシも買って、船上でお昼を済ませようなんていう手合いも多いことかと。メタボが叫ばれる中、景気の良さを実感できない我々の強い味方が、なんと、コンビニに、いたー! とはいえ、飽くまで自己責任でお願いしますm(_ _)m。

安い! 美味しい!! ちゃんと食える!!! コンビニ冷食

それは締め切り間際の編集部内……。連日の追い込みで懐も寂しいおり、主食のオトモに……とコンビニを彷徨った際に出会ったのが、セブンイレブンの冷凍餃子。ギョーザなのに5個入って100円(当時)!!?

味は美味いし、ボリュームのそこそこ。速攻でヘビーローテーションに組み込まれ遊ばれやがりました。

画像: なんてこった! 値上がりしおって…128円、税込み138円(19年6月現在)。

なんてこった! 値上がりしおって…128円、税込み138円(19年6月現在)。

ちょっと売れると、値上げor実質値上げしおって……でも買う! こやつを、ロケや釣行時に買って、昼になれば、エエ感じに自然解凍するんちゃう……? 冬は厳しいかもだけど、春〜秋はエエ具合いに仕上がるんちゃうか? どやさどやさ!(※注:栃木県出身) と試してみたところ、マジ美ン味〜い!!!

ちょうど解凍されて、下味もしっかりしてるんで調味料なくてもイケる! おにぎり1個買うならコイツで糖質もナイスセーブ(当者比≠当社比)。おサイフにもッ! お腹(の脂肪)にもッ!!
……優しいわぁ〜。

食いまくるッ…冷食メニューを片っ端から!

諸々食いまくってみると(主にセブン-イレブンの冷食)、おぼろげながらオノレのスーパーエース級なナイスフードがいくつか分かってきました。ちなみに不動のツートップは、やはり前述の焼き餃子と、焼き鳥炭火焼き。この辺は、各アングラーの掘り下げと嗜好によるところが大きいので、各自奮闘に期待するッ!

画像: 解凍だけでも、マジで香ばしさが最高! もちろんレンジで温めても最高。

解凍だけでも、マジで香ばしさが最高! もちろんレンジで温めても最高。

ただ、コンビニ冷食をディグしていきながら、なーんか迫り来る不安な予感……。なんか、アカンやつあるかも…!?

最近は、お弁当に凍ったままぶち込める冷食も増えてきてる。でも、増えてるってことは、前はダメやったんやないか…!? そこで、調べてみました〜!(ゴシップWeb記事風)

『凍結前の加熱の有無』ココを見るべし!!!!!!!

教えて! 厚生労働省!! とばかりに厚労省のホムペ(略語)をチェック。
みんなココを見るだーッ!

↓そして、本丸はPDFですので注意すべし!↓※スマニューの皆さんは検索!

引用してみましょう。

加熱後摂取冷凍食品(冷凍食品のうち製造し、又は加工した食品を凍結させたもの であって、無加熱摂取冷凍食品以外のものをいう。以下この項において同じ)であって凍結させる直前に加熱されたものは、細菌数(生菌数)が検体1gにつき100,000以下で、かつ、大腸菌群が陰性でなければならない。

以上引用終わり。

そして…魔法のワードがコレだ!

凍結前の加熱の有無:加熱してあります

画像: 加熱しておる!

加熱しておる!

加熱してあります、とあるのは最終的に大腸菌の数が規定より下だということを表しています。そして、「加熱調理の必要性」と書いてあるパートもある。

ここに「加熱しなくてオッケー」とあらば大手を振って食べられる。加熱せよ! と書いてあるのはどーすんの? 加熱しましょう。

でも、基準としては、「解凍してそのままお召し上がりくださいフード」と同じ規格基準です。加熱するのは美味さのためです。といった事情で、ワタクシはワタクシの名の下に自己責任で食べてます。

画像: これはダメってこと

これはダメってこと

とはいえ解凍過程を間違えれば、極私的パンデミックが待ち構える……。炎天下のクルマのダッシュボード上で……なんでドNG。ボートでコンビニ袋のままか、バッグやボックスで保管し、正午には完食します。だいたい昼には良い塩梅に解凍されてます。午後オーバーしたら……泣く泣く処分します。

まとめ!

凍結前の加熱の有無:加熱してあります」。

とにかくこの表記をハンティングして、探ってみてはいかがかな。コンビニやスーパーごとに、いろんなレパートリーが並ぶ冷凍食品。上手く付き合って、美味い釣り場ランチを堪能してください(自己責任で)!

もちろんセブンイレブンの回し者ではございません……むしろ怒られるって。

ちなみに主食は、旧8種のおでんこと通称パックのほうのおでんこと、だしの旨みおでんです。それでは最後に…Hey! Say!! 自己責任!!! この記事を読んでお腹壊したり重大な事故を引き起こしても責任は取らないんだからねっ!

釣り人グルメ、食べたり作ったり。な記事はこちら。




This article is a sponsored article by
''.