数々の猛暑炎天下でロケを続けるマシモPが、数々の経験から辿り着いた、コスパ最強のソフトクーラーボックスを御紹介!


まだまだ暑いですね!

8月は陸王取材禁止! と昨年の夏にマイケルPと話していたのですが、今年も8月に、それも光大郎さんの陸王戦が入ってたりして、我ながら三歩あるけば忘れる鳥アタマっぷりに嫌気がさしているマシモPです。

そんな夏ですが、とっても大きな収穫がありました。

ついにコスパ最強、性能優秀なソフトクーラーボックスを手に入れたのです!

画像: ジャーン! 世界のTHERMOS製!

ジャーン! 世界のTHERMOS製!

実はマッスルスチルカメラマンの市川プロに教えて貰ったのですが、この製品が実に秀逸! Amazon でも僅か2000円前後のこのアイテムですが…。

フロントに大きなポケットが付いていたり、

画像1: まだまだ暑いですね!

背面にホールが付いてるので、キャリアに通す事も出来たりと気配り上手。

画像2: まだまだ暑いですね!

蓋を開けるとこんな感じ。蓋背面にもメッシュポケットが付いてますので、濡れたく無いモノとかはココに入れられます。

画像3: まだまだ暑いですね!

更にコンパクトに折り畳める為、ロケ先へ持っていくのも負担になりません!

画像4: まだまだ暑いですね!

一見、閉まらなそうなボリュームですが、柔らかいので思ったよりもコンパクトに収まります。

そしてコンパクトサイズなのに収納力もバツグン! 同じ分量のペットボトルを移してみましたが…。

ペットボトルを立てて入れても上部スペースに余裕がある為、ここに氷を入れる事が出来るのです。そしてソフトタイプだから多少詰め込んでもOK!

画像5: まだまだ暑いですね!


灼熱の遠賀川ロケでも大活躍!

2019年7月の陸魂8ロケ!

画像: 爽やかな光大郎さんですが、環境はエグいです。w

爽やかな光大郎さんですが、環境はエグいです。w

スタッフ全員分の飲み物をコンビニ氷で冷やして臨みましたが、夕方にもまだ氷が残っているほどの保冷力にはビックリ。

画像: いったいどんな構造になっているのでしょう。さすが世界のサーモスだぜ。

いったいどんな構造になっているのでしょう。さすが世界のサーモスだぜ。

実は今までも色々なクーラーボックスを試してきましたが、帯に短したすきに長し。

そんな頼りになる相棒なので、日中は40℃を超えるというアメリカはテキサス州ダラスで行われた艇王アメリカ戦にも持っていきました。

画像: 夕方19時近くなっても38℃くらいありますヨ。

夕方19時近くなっても38℃くらいありますヨ。

撮影前日の準備風景がコチラ。更にサーモスのスポーツジャグが有ればパーフェクツ。氷とスポーツドリンクを満たしておけば炎天下でも一日中キンキンに冷えたドリンクが飲めます。

画像: スポーツドリンク飲みすぎも体に良くないので、マシモPはスポーツドリンクを氷と水で半分に薄めたくらいで飲むようにしています。炎天下で圧倒的な時間を過ごしてたどり着いた結論です。

スポーツドリンク飲みすぎも体に良くないので、マシモPはスポーツドリンクを氷と水で半分に薄めたくらいで飲むようにしています。炎天下で圧倒的な時間を過ごしてたどり着いた結論です。

サーモスのスポーツジャグまじオススメ。プライベートの釣りでも夏場はかならず持っていきます。

そんなワケで8月の陸王2019第4戦でも、

第4戦はおんせん県。

画像: 空港には無料で入れる足湯があります。

空港には無料で入れる足湯があります。

当然ながらダブルで装備。

画像: そんなワケで8月の陸王2019第4戦でも、

ソフトタイプなので色々な隙間に入れられるのも助かります。

画像: この中に1日の飲み物と食べ物が入ってます。大事!

この中に1日の飲み物と食べ物が入ってます。大事!

アメリカであまりの暑さにビビって、20000円くらい対策グッズを買い込み、YETIのスポーツジャグも試してみましたが、やっぱり世界のTHERMOSさんが保冷力最強でした。

画像: コロンビアの帽子、HUKの短パンとネックゲーター、YETIのスポーツジャグで約2万円。お仕事に来たのに自腹購入で赤字だよ…。

コロンビアの帽子、HUKの短パンとネックゲーター、YETIのスポーツジャグで約2万円。お仕事に来たのに自腹購入で赤字だよ…。

ハードタイプの高級クーラーボックスには敵いませんが、コスパとお手軽さでは最強と言えるクーラーボックスかと思います。ディスカウントストアとかで変なの買うより圧倒的にオススメしますので、残暑厳しき折、ぜひお試しくださいませ!!




This article is a sponsored article by
''.