ショアソルトゲームにおけるターゲットの代表格ともいえるシーバス。産卵を控えた秋は活性も高く一尾を手にできる確率も高いかも?! そんなシーバス釣りの基本を教えてくれるのは、シーバスのことを熟知した村越さん。最低限のアイテムで初めての一尾を狙っていこう。


教えてくれるのは黎明期からシーバスを追い続けるレジェンド

村越正海(むらこし・せいかい)さん

ルアーで狙うシーバス、ヒラスズキをライフワークとしつつ、最近はタナゴ釣りにもハマリ中。スキを見つけては、ちょっとした水路で糸を垂らす日々。DAIWAのアドバイザリースタッフ。釣り番組「ザ・フィッシング」のキャスターとしても活躍。全国的にファンを持つオールマイティスペシャリスト。

村越さんのYOUTUBEチャンネルはコチラ⇩⇩

シーバスとは?

全国の河川、磯、サーフなどを回遊する生動感溢れるのゲームフィッシュ

画像: シーバスとはいわゆるマルスズキのことを指す。

シーバスとはいわゆるマルスズキのことを指す。

北はおおよそ津軽海峡から、南は鹿児島本土まで、河川や磯など多彩なフィールドで釣ることが出来るマルスズキの総称。スズキという種目としては、他にヒラスズキとタイリクスズキが存在する。略称がサイズより変化する出世魚。
セイゴ→30cm未満 フッコ→60cm 未満スズキ→60cm以上

迫力あるファイトが身近に楽しめるゲームフィッシュ

村越さん一番感動したのは、エラ洗いだね。こんな巨体の魚が跳ねるんだっていう感動があったんだよ」

 シーバスの基本について語るのは、シーバスゲーム黎明期から活動する村越さん。その魅力の一つは、口を大きくあけエラを広げたシーバスが、豪快に海面から飛び出し頭を左右にふる“エラ洗い”という動作だという。

画像: 村越さん 「このエラ洗いでバラしてしまうことはけっこうある。でも、エラ洗いしないシーバスなんて魅力的じゃないよね(笑)もしもある程度エラ洗いを抑えたいなら、ロッドティップを水面近くで保持しつづけることだね」

村越さん「このエラ洗いでバラしてしまうことはけっこうある。でも、エラ洗いしないシーバスなんて魅力的じゃないよね(笑)もしもある程度エラ洗いを抑えたいなら、ロッドティップを水面近くで保持しつづけることだね」

村越さん「エラ洗いはシーバスも激しいんだけど、やっぱりヒラスズキがすごいね」

シーバスとは、いわゆるマルスズキのことを指し、近縁種としてヒラスズキそしてタイリクスズキが存在する。

村越さん「どのスズキでもシーバス釣りと総称していいと思うよ。でも、一応マルスズキ…つまりシーバスを中心とした基本の話をしようか。シーバスは、各地の磯場や河川、サーフ、港湾などいたるところに存在する。そういう意味では、全国のあらゆるアングラーに開かれた魚だと言えるね」

シーバスは年間どのように動きますか?

春(4月~6月)
産卵行動からの回復期。水温の上昇とともに活性も上がり、積極的にベイトを追い始める。

夏(7月~9月)
高水温期の夏は、地形によってはベイトを追い求めて川の上流まで遡ってくる。

秋(10月~12月)
産卵を意識した個体が増え、ベイトを活発に追い始める。ベイト自体も成長しており、サイズが大きい傾向にある。

冬(1月~3月)
産卵前後の個体が混在する時期。産卵期は深場へ。産卵後の個体は、泳力のないベイトをターゲットとする。

村越さん「この秋のシーズンは、産卵を控えた個体が多くベイトを追い回し、冬季に産卵、春からまた活性が高くなり、高水温期の夏は上流域に入ったりもする。年間のパターン化された行動の中で、ベイトを追い求めていたるところで釣れるね」

秋はその中でもイージーに釣りができる?

村越さん秋はベイトも豊富だし、始めるなら今だね。それに10月、11月の産卵を控えたメスは長さと太さがあるから、自分の記録に残る釣りをするのもこの時期がいいんじゃないかな」

10,11月は“はじめの1尾”を釣るのにも最適な時期!

画像2: 「河川」で狙う!秋鱸(シーバス)のススメ!!

村越さん「秋はベイトが豊富になるという要素と、シーバス自体も産卵行動前になって群れが濃くなるね。場所によって異なるけど、長さと太さがあるメスが多くなる。まず最初の一尾、というなかでいいサイズを出したいなら秋がいいね



気軽にエントリーできますか?

エントリーユーザーには安全を視野に入れた河川で

画像: エントリーユーザーには安全を視野に入れた河川で

海からも、上流からもベイトが入ってくるエリア

村越さん「大規模な河川から小規模な河川までさまざまあるけれど、大きくなるハゼが河口周辺に溜まったり、落ちアユが始まったり、ウグイやイナッコ、それに大河川なら海のベイトも入ってきてベイトは豊富だね」

サーフや磯は経験値を積んでから・・

画像: サーフ

サーフ

画像: 磯

ベイト次第でどのフィールドでも釣れる可能性はある

磯やサーフでもベイトを追ってシーバスが回遊してくる。ただし、磯は入門者が単独では危険度が高く、サーフは変化などの攻めるべきスポットを見つけるのが難しい。

BESTコンディション

画像3: 「河川」で狙う!秋鱸(シーバス)のススメ!!

日中なら曇りや雨。朝夕マヅメも重要

村越さん「曇っていたり、雨のほうがいいけれど、だからって晴れだったら100%釣れないってわけでもない。マヅメ時に関しては、ベイトが生態の流れの中で必ず動く時間帯であるという意味から、シーバスも当然それを狙う。そういう意味ではすべてを超越した時間帯だよね」

村越さん釣りが難しいわけじゃないし、お金がかかる釣りってわけでもない。一年中安定して釣れる可能性があるし、身近な場所で釣れるのがシーバスのいいところ。だからって、簡単に釣れるわけでもないけどね(笑)。まずは釣りに行くことを楽しんで、価値ある一尾を釣り上げてほしいな」

次回はシーバスを釣るために揃えておくべき「タックル」とシーバス釣りにおける重要な「3要素」を解説して頂きます。


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.