ソルトウォータールアーターゲットとして全国的人気を誇る「シーバス(スズキ)」
なかでも東京湾(神奈川、東京、埼玉、千葉)はルアーシーバス発祥の地であり、湾奥や干潟、河川、磯など様々シチュエーションがあり全国的にも“激戦区”といわれる。そんな激戦区を知り尽くす、キャスティングのカリスマ店員・小出さんに毎月、前月の釣果状況及び、翌月の釣果予測&オススメルアー&オススメフィールドを予想して頂きます!酷暑の8月が終わり、秋の兆しを見せはじめた東京湾。しかし、季節の変わり目故、日によって秋と夏を行き交う状況。だが、秋の雰囲気が濃くなるほどシーバスが釣れるチャンスが増えるのが「9月」。その“要”となるのが東京湾を代表するあのベイトフィッシュ!今月も小出さんから色々と聞いちゃいました!!


8月に引き続きオフショアに夢中なシーバスマスター!(笑)

画像1: 東京湾シーバス!9月の攻略のキモは「サッパの動き」に注目せよ!!【月刊シーバス攻略予想 in 東京湾】

小出慎(こいで・まこと)さん
キャスティング日本橋店・副店長。東京湾のシーバスアングラーならその名を知らぬ人はいないカリスマショップスタッフで、確かな腕と豊富な経験、莫大な知識が武器。8月に引き続き、休日はオフショアも満喫中。そしてまもなく迎えるシーバスハイシーズンに向けて東京湾のフィールドもパトロール中!!

8月の東京湾シーバスの状況

ルアマガ+「今年は“酷暑”の8月でしたが、東京湾のシーバスの状況はいかがでしたか?」

小出さん「予想通り8月の前半は厳しい状況でしたが、8月後半の台風後にフィールドを訪れると『秋』っぽくなっていました。その時は仲間との釣行だったのですが、秋っぽい『プチ爆釣』に遭遇しましたよ!場所はナイトゲームの橋脚の明暗。潮回りも良く、サッパも河川に入っていて、ライズもかなりありました!

サッパのサイズに合わせてモアザンガルバ(DAIWA)やスイッチヒッター(DAIWA)の小さいサイズ(6~8cmクラス)などのシンキングペンシルで40~50cmサイズが一時入れ喰いに。MAXサイズは釣友が釣った68cmでした。

画像: モアザンガルバ(DAIWA )でキャッチした8月後半のナイトゲームでの1尾。

モアザンガルバ(DAIWA )でキャッチした8月後半のナイトゲームでの1尾。

ちょうど前回にも説明したように台風が来て北風が吹き、水温も下がり潮回りが良くなって、サッパも丁度入ってきたタイミングでまさに『秋』の走りを体感できましたね!荒川、中川、旧江戸など東京湾の河川は同タイミングで釣れていたみたいですね。

でも釣れていたのは台風後の8月の末まで、しばらく北風が吹き、水温や気温も下がったタイミング。翌週には南風が吹き、気温も水温も上がり一気に夏に戻り、また釣果が渋くなりました。8月の末は秋っぽい日は釣れて、逆に夏っぽい日になると釣れなくなる、まさに『季節の変わり目』といった所ですかね」

ルアマガ+「河川もまだまだ気難しい状況の8月でしたが、港湾部はどうでしたか?」

小出さん「7月に引き続き、8月の港湾部は釣果情報はあまり聞かなかったですね。オリンピック絡みでやる場所も減ったというのもあるけど、デイゲームの回遊系にバイブレーションやテールスピンでの釣りがあまりハマらなかった模様。8月も港湾よりか河川をねらうアングラーの方が釣果が集中していました」

ハイシーズンはもう目の前!?9月は「水温低下」と「サッパの動き」に注目!

ルアマガ+「厳しい時期から一転、ハイシーズン手前の9月ですが、季節の進行状況の具合、またどのように攻略していけばよろしいでしょうか?」

小出さん「今年の9月の季節の進行は順調。夏は暑かったけど、冷えるのも早かったし、このまま気温も下がれば水温も下がっていくのでシーバスの適水温に近づいていきます。先日東京湾沖でシイラやイナダを釣りに行ったのですが、既にイワシも沢山いて、サッパも河川に入り出したりと東京湾奥にはシーバスのベイトが沢山待ち構えているので良い釣果が期待できそうですね。

港湾部は現在、赤潮で真っ茶色だけど、水温が下がり水が綺麗になれば東京湾沖のイワシが湾奥に入ってきてイナダなどの回遊魚が釣れ出せば秋本番、シーバスもイナダと一緒にイワシを追いかけているので東京湾の港湾シーバスもピークを迎えるでしょう。

そして9月は海と川の入り口、海水が届くぐらいまでのエリアをウロウロするサッパですが、これがいるいないでは釣果が大きく変わってくるんです。

このサッパの動きにこそ9月の河川シーバスの攻略のキモがあるんですよ

サッパはもともと海水魚なので潮回りが大きく動くタイミング、海水が大きく変動するタイミングで河川の上流まで遡上するんです。そしてその遡上する海水のエンドにサッパが1番集まります

ではなぜ、サッパが海水が1番遡上するエンドにまで行くかというと、淡水と海水が混ざることによって、栄養分が「玉」になり、サッパのような小魚の餌になるんです。その「玉」が1番多く集まるのが、海水と川の真水がぶつかるエンドなんです。

大潮が終わり、中潮になると海水の動きが弱まり、どんどんぶつかるエンドが下がっていく、だから大潮のときはかなり上流までサッパは上るんですが、中潮、小潮と海水の動きが弱まると遡上するエリアもどんどん下がってくる。中潮であれば中流域、小潮だと河口域、そうするとじゃあサッパが溜まる場所はどこが濃くなるか・・?というところを見つけて釣りができればシーバスをキャッチ出来る可能性が高くなるんです。また、サッパは明かりが好きなので橋脚の常夜灯が効くところとなると更に場所も絞れるのです。

なのでその日サッパが一番濃いエリアで爆釣したからといっても、翌日は全く釣れない、サッパの濃いエリアが下がるか、上るか、海水の動きとともに変わってくるのです。
勿論、雨が降れば、真水、川の水の勢いも増すので濃いエリアが変わってきます。本来ここまで上るが、海水の勢いが弱まって中流域で止まるとか、そういった感じで日ムラがあり、場所がすぐ変わってしまうのが9月の東京湾のサッパパターンのシーバスの動きです

9月には台風もあるので、前回も話した通り、引き続き台風後、程よいゲリラ豪雨のような大雨後はチャンス。サッパを意識する釣りだけでなく、イナッコやハゼを食べる魚を意識した釣りをすれば、明暗だけでなく、ブレイクや水門、ボトムの変化などシャローに隣接した場所でも釣れたりします。

9月は夏のだるさから開放されたシーバスが一生懸命ベイトを追いかけるのでコンディションのよい魚が釣れますよ



10月の東京湾はサッパパラダイス!?

ルアマガ+「9月のサッパパターンは話を聞いている限りではサッパを探し出せればなんとかなりそうですが・・・東京湾の河川は激戦区だから、いる場所が分かってもポイントに入るのが難しそうですね(汗」

小出さん「そうなんです、それが面白いところでもあり、難しいところでもあるんですが、10月はその動きが関係なくなってしまうんです(笑)
10月はまた変わってサッパの量が一気に増えます!
例えば9月に東京湾に入るサッパの量が1億匹ならば、10月はサッパの量が200億匹ぐらいになります(※あくまで例えです)

9月はいい場所に(海水と川の水が当たる最上流のエンド)1億匹のサッパがはいるのですが、10月はそのいい場所に200億匹が入れない、飽和状態になってしまうんです。9月はウェーディングではなく、オカッパリだと数匹しか釣れなかったのが、10月になれば二桁釣れてしまう。1億匹のときには川の明暗の流心にいたサッパが、200億匹になると、残りの199億匹は他に行くしかなくなってしまう。そうすると1級ポイントだけでなく、2級、3級ポイントでも釣れてしまうんです

川の流心外に出てしまうと、オカッパリからも狙える範囲内にサッパがいることになりますよね。その中で200億匹の中の流心に投げることができればもっと釣れてしまう。だから10月のボートシーバスはめちゃくちゃ釣れるんです。ちょっと脱線して10月まで喋ってしまいましたが、この話は次回またお教えしましょう(笑)」

9月はズバリ「シンキングペンシル」!!

ルアマガ+「サッパがメインベイトとなる東京湾。どのようなルアーをチョイスすればよいですか?」

小出さん「9月は河川であればシンキングペンシルを中心としたサッパを意識したルアーを使いましょう。おすすめはスイッチヒッター(DAIWA)シリーズ!ボイルしていれば表層を、していなければカウントダウンで沈めることも出来るのでレンジの対応幅も広いです」

画像: おすすめはモアザンスイッチヒッター(DAIWA)ライトモデルやサイズにより細かくレンジ調整も可能。

おすすめはモアザンスイッチヒッター(DAIWA)ライトモデルやサイズにより細かくレンジ調整も可能。

小出さん「またソラリア(DAIWA)はリップレスミノーですが、波動が弱く、シルエットもサッパに似ているので秋のサッパパターンにはおすすめです。表層で大きいサイズを掛けてバラしたくなければ、ソラリア、色々とレンジを探って数を釣るのであればスイッチヒッターといった感じでしょうか」

画像: レンジやシルエットも東京湾のサッパにジャストマッチなソラリア(DAIWA)

レンジやシルエットも東京湾のサッパにジャストマッチなソラリア(DAIWA)

小出さん「サイズはサッパにあわせて選び、小さいのであればソラリア70Fからスタート、ちょっといいサイズのサッパがいてボイルをしていたらソラリア85F、スイッチヒッターなら85S。流心でいいサイズのボイルをみたらソラリアの100F、もしくはスイッチヒッターの新サイズ120S+Rもいいですね!

使うルアーのキモは、時合が例えば21時だとしたら、前後流れはじめが18時の流れの下げ始めは緩い流れで小さいサッパばかりを狙うシーバスばかり。だんだん流れが速くなってくると小さいサッパは流されてしまい、流心には流れに負けない親玉サイズのサッパが残ります
いいサイズのベイトが残ればシーバスも流れに負けないいいサイズがいるんです!!

小さいサッパを喰っているシーバスはサイズもやはり小さいものが多くて、40~50cmクラス。その中でもいい餌を喰っている(大きいハゼや大きいサッパ、コノシロなど)シーバスはサイズも大きくなります。9月は大きいルアーもタイミング(時合のピーク)によっては織り交ぜていくと数もサイズもキャッチすることができますよ。

これは10月に釣りにもつながるんですが、時合のピークに小さいルアーを投げている人はでかいのが釣れないんですよね。時合のピークに気づいて大きいルアーを投げれた人は80cmクラスをキャッチしたりしますね。だから明暗で数釣れるからといってずっと小さいルアーを投げるのではなく、スイッチして大きいルアーも投げたり、攻め方を変えるのがコツですかね。9月釣る人は時合のピークでルアーを変えている。これは港湾部もおなじことです」

画像: 昨年の秋、時合のピークでルアー変えて穫った80cmクラスの良型。

昨年の秋、時合のピークでルアー変えて穫った80cmクラスの良型。

画像: ルアーはスイッチヒッター85SLV(DAIWA)

ルアーはスイッチヒッター85SLV(DAIWA)

小出さん「港湾部のデイゲームも、イワシやサッパなどのベイトが入っていればチャンス有り!
朝マズメにボイルなどがあればトップウォーター!モアザンソルトペンシルは使いやすいのでおすすめです!またもモアザンリアルスピン(DAIWA)などのテールスピンや鉄板系のモアザンリアルスティール(DAIWA)も水深に合わせて20~30gサイズを使い分けて使用するのもアリ!!」

画像: 9月はズバリ「シンキングペンシル」!!

小出さん「昔は朝のトップウォーターだけで20本釣れたりもしましたよ、いい時代だったなあ~(笑)

まだまだ残暑を引きずったりしているので、8月に引き続き水分補給はこまめに、また台風や大雨あとはフィールドに向かう際は細心の注意を払って釣行をお願いします!!」

10月は遂に東京湾シーバスのピーク!!ベテランのみならず、ビギナーでも実践できるテク&もっておけば間違いないルアーなどをご紹介します!!

小出さんオススメのシーバスルアーは下記キャスティングオンラインにて購入も可能!!要チェックだ!!⇩




This article is a sponsored article by
''.