DAIWAがまた世界のベイトリール界に新風を吹き込む。前人未到となる驚異的なギアレシオへと到達したスーパーチューンドモンスター“ジリオン10.0”。後続を周回遅れにする世界最速・究極の新鋭マシンに震撼せよ!

この世で一番速いギアに貴兄は追い付けるか?

ベイトリールのギア比が、ついに2ケタへと到達する時代がやってきた。

DAIWAはこの10年余りで年々ハイスピード化を果たしてきた中で、限界値とも囁かれてきた“9.1”を軽々と超える2020年モデルを開発することに成功した。

その名も『ジリオン10.0』。

画像: 【SPEC】10.0R/10.0L●ギア比:10.0●ハンドル1回転:106センチ●自重:215グラム●最大ドラグ力:4.5キロ●ラインキャパ:14ポンド×45〜90メートル、16ポンド×40〜80メートル●スプール径:34ミリ●ハンドル長:90ミリ●ベアリング:ボール10/ローラー1●価格:4万3000円(税抜き)●発売:2019年12月 *写真はジリオン10.0L SV TW

【SPEC】10.0R/10.0L●ギア比:10.0●ハンドル1回転:106センチ●自重:215グラム●最大ドラグ力:4.5キロ●ラインキャパ:14ポンド×45〜90メートル、16ポンド×40〜80メートル●スプール径:34ミリ●ハンドル長:90ミリ●ベアリング:ボール10/ローラー1●価格:4万3000円(税抜き)●発売:2019年12月 *写真はジリオン10.0L SV TW

通称はシンプルに“テン”だ。

ハンドル1回転の巻き取り量は何と、メーターオーバーとなる106センチをマーク。もはや従来の常識を覆す怪物マシンと言って間違いない。

画像: [BIRDEYE VIEW]

[BIRDEYE VIEW]

画像: [FRONT VIEW]

[FRONT VIEW]

画像: [LEFTSIDE  VIEW]

[LEFTSIDE VIEW]

画像: [REAR VIEW]

[REAR VIEW]

画像: [RIGHTSIDE VIEW]

[RIGHTSIDE VIEW]

画像: Project T 2020 EPISODE 2 “ZILLION 10 DEBUT” 【 Project T Vol.58 】 www.youtube.com

Project T 2020 EPISODE 2 “ZILLION 10 DEBUT” 【 Project T Vol.58 】

www.youtube.com

ジリオン“テン”、ここに注目せよ!

超高速化を図るのみならず、ジリオンならではのパワーフィッシング機としての伝統は盤石。最速ギアを支えるのは剛性感を誇るフルメタルハウジング。ハンドル及びセットプレート、そしてフレームの全てがアルミ製。強靭なボディは高速巻きに、大物とのファイトに寸分のブレなく余裕の対応が可能となる。

その強烈なキャラクターを以下に挙げよう。

画像1: 【DAIWA2020新作ベイトリール】世界最速リール爆誕!『ジリオン10 SV TW』最速詳報!!【年内発売決定!!】

マットと艶、2トーンの漆黒ボディ! チタンIPの焼き色輝くエンジン部

エンジンプレートには、チタンの焼き色をイオンプレーティングする表面処理『チタンIP』を施している。その性質上、2つとして同じカラーリングは存在せず、異彩を放つスーパーチューンドマシンの名にふさわしい佇まいがそこに。ブルーからパープルへのグラデーションが実に美しい。

画像2: 【DAIWA2020新作ベイトリール】世界最速リール爆誕!『ジリオン10 SV TW』最速詳報!!【年内発売決定!!】

強靭かつ剛性感を高めるフルアルミボディ

16ジリオンSVTWはハンドル側から樹脂・アルミ・ZAIONのボディマテリアル構成で軽快さを追求したモデルに対して、20ジリオン10.0はオールアルミハウジング。自重を犠牲にしながらも、さらなる巻きの剛性感を高めたハイパーチューンドマシンへと昇華した。

画像3: 【DAIWA2020新作ベイトリール】世界最速リール爆誕!『ジリオン10 SV TW』最速詳報!!【年内発売決定!!】

ライントラブルの激減と、胸を透くキャスタビリティを引き出す主力エンジン

アルミ系の最強素材・超々ジュラルミンとの比較で約1.3倍の強度を誇るG1ジュラルミンを素材に採用したφ34ミリ径を搭載。16ジリオンSVTWと持ち替えてもキャストフィールに違和感は皆無。ハーフラインを設け、糸巻き量を減らせばフィネス精度はさらに高まっていく仕組みだ。

画像4: 【DAIWA2020新作ベイトリール】世界最速リール爆誕!『ジリオン10 SV TW』最速詳報!!【年内発売決定!!】

SVとの相乗効果を発揮するTWS

信頼のレベルワインドTWS(Tウイングシステム)はSVブレーキとのセットアップで威力を発揮。トラブルレスと飛距離アップの効果はもはや言うまでもない。

手返しを極限まで向上できる撃ちモノやフロッグゲーム。ターゲットの眼を欺く超高速巻きモノなど、“テン”のアドバンテージを享受できるシーンは多岐にわたる。

世界の“TO”が切望した最終進化形

2004年にB.A.S.S.バスマスタークラシックを制し、外国人初のワールドチャンピンに輝いた大森貴洋さんはハイギアリール絶対主義者として知られるアングラーだ。

たとえば、低水温期のグラスエリアにおける超高速リトリーブ。その攻撃的パターンを成立させるためには、瞬時のバイトを促し、掛ければ有無を言わさず即ランディング可能なスペックがリールには要求される。

そのこだわりようは、16ジリオンSV TWにラインナップされたXXH(ギア比9.1)を全ての釣りに用いるほど。

画像: 【Profile】大森貴洋(おおもり・たかひろ)1970年生まれ。英会話も資金もままならない状態で21歳のときに単身渡米、B.A.S.S.トーナメントにノンボーターとして参戦を開始。以来、着実にキャリアを重ねて2004年に世界最高峰の舞台バスマスタークラシックを制する快挙を成し遂げた。現在は選ばし強者の集うMLF(メジャーリーグフィッシング)を戦う。

【Profile】大森貴洋(おおもり・たかひろ)1970年生まれ。英会話も資金もままならない状態で21歳のときに単身渡米、B.A.S.S.トーナメントにノンボーターとして参戦を開始。以来、着実にキャリアを重ねて2004年に世界最高峰の舞台バスマスタークラシックを制する快挙を成し遂げた。現在は選ばし強者の集うMLF(メジャーリーグフィッシング)を戦う。

来季、大森さんのツアーを支えるのは、いうまでもなく“テン”。世界最先端の戦場が求めた答えがそこにある。バスフィッシングがまた、さらに次のステージへと進む。

ジリオン“テン”は2019年12月の発売を予定している。その真価を今こそ体感していただきたい。


関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.