どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。その開発秘話やインプレを現場目線でお届け!! ルアマガソルトの大人気コーナー、各メーカーからリリースされているソルトルアー用ジグヘッドを検証する「THE JIGHEADS」をルアマガ+にも公開!! 今回ご紹介するのは老舗釣鉤メーカーが作り上げたジグ単、キャロとなんでもこなすことができ、扱いやすく、レンジキープ力に優れたオーソドックスジグヘッドです。



今回のジグヘッドはコチラ!!

画像: 今回のジグヘッドはコチラ!!

宵姫ラウンド(がまかつ)

スペック
●ウェイト:0.5、0.75、1、1.5、2、2.5g ●フックサイズ:#6、#4、#3 ●入数:4個 ●価格:400円(税抜き)

アングラーの操作にレスポンス良く答える優秀ジグヘッド

今回はがまかつのライトゲーム用ジグヘッド、宵姫(よいひめ)ラウンドを紹介。説明して頂くのは、ラグゼプロスタッフの藤原真一郎さん。

【Profile】
藤原真一郎(ふじわら・しんいちろう)
大阪府は泉南地域、淡路島などの激戦区をホームとするエキスパートアジンガー。Fシステムなどのフロートリグシステムの開発など、多くのアジングファンに影響を与えている。ルアーマガジンソルト誌企画「アジング王バトル」2代目アジング王でもある。

藤原「どんな状況でも安定した性能を発揮するラウンドヘッドで、カウントダウンにより自分の狙った層を的確に引いてくることができます。なので、自分の場合まずターゲットのいるレンジを探る時や、初めての場所で状況を探る場合によく使いますね」

アイポジションが前方斜めにセットさせているのが宵姫ラウンドの大きな特徴。

藤原「これによりスイミング性能が上がり、一定層を水平に泳がせてくることができます。また、フォーリングの際の姿勢も安定していて、リフト&フォールさせた時もメリハリのある動きでルアーを見せることができます」

フックポイントはやや内向きに設定されている。

藤原「斜めアイに対応したフックポイントの角度になっているので、ストレートポイントと同様のフッキング性能があります。そして、フックアップしてからは、ホールド力が高いのでバレにくい。実際に使用していても、刺さりやすさ、バレにくさを感じる場面は多いですよ。全体的な使用感はとてもベーシックなので、アジングのジグ単をメインに、いろんなシチュエーションで使ってみてくださいね」

ポイント① ヘッド

画像: ポイント① ヘッド

全方向からでも同様に水を受け流すラウンドヘッド

どの方向からでも安定した水受けをするラウンドヘッドで、ラインテンションを通じてアングラーに情報を伝達。0.5g以外のモデルはアイがヘッドに埋め込まれていく形になり、ここが適度な引き抵抗を生み、高い操作感を実現している。

ポイント② フック

画像: ポイント② フック

刺さりの良い細軸&マイクロバーブでフッキング性能抜群

内向きフックポイントは、アイポジションに合わせて最適化された角度になっており、ストレートポイントと変わらないフッキング性能を実現。さらにマイクロバーブ設計により、スムースな刺さりとバレにくさを両立している。



アクション

画像: アクション

水平スイム、レスポンスの良いフォーリングが持ち味

狙った一定レンジのスイミング、そしてレスポンスの良いフォーリング性能が大きな特徴。深場をレンジキープさせながら引いてきたり、メリハリのあるリフト&フォールで見せていくことができる。また、足元までじっくり引いてくることも可能となる。

ワームセッティング

画像: 宵姫ラウンド1.5g+デカマッカム(ドリームアップ)

宵姫ラウンド1.5g+デカマッカム(ドリームアップ)

どんなワームにもマッチするのがオールマイティなラウンドヘッド

ストレートタイプを筆頭に、ライトゲーム用のソフトベイトのあらゆるモデルにマッチ。写真の組み合わせは、藤原さんがアジング王バトル決勝において、勝利を決める決定打となった1尾を釣り上げたウィニングリグ。

気になるサイズラインナップは?

重さは6種類、フックは3サイズを用意でいろいろな釣りに対応

ヘッドの重さは0.5~2.5gで、ジグ単やキャロ、フロートリグなど、多彩な釣りに対応。フックは3サイズあり、#6には0.5~1.5g、#4には0.5~2g、#3には2~2.5gと魚の大きさに応じて細軸or太軸モデルを選ぶ、という使い分けも出来る。アジングからメバル、ライトなロックフィッシュにも対応してくれるラインナップだ。


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.