ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。
もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は「ショア侍JOE」の異名を持ち、全国各地のエギングフィールドを駆け巡る陸っぱりエギングのスペシャリストの2019年最も印象深かったエギをご紹介!


攻撃的なラン&ガンが得意な日中エギングのスペシャリスト

湯川マサタカが選んだ2019年「俺のT.O.Y.エギ」

画像: 湯川マサタカが選んだ2019年「俺のT.O.Y.エギ」

セフィア クリンチ ラトル エクスカウンター3.5号 トリコロール(シマノ)

湯川「3.5号がメインになりますが、水深や潮流の速さでサイズを調節します。例えば、潮流が効いていてドリフトさせたい時には、3.8号の大きなボディサイズで潮の抵抗を大きく受けた方がゆっくり沈んで流しやすい。薄暗い時に大きいシルエットで目立たせたい時も有効です」

スペック
●サイズ:3.5号 ●自重:19g ●沈下速度:約3.5秒/m ●価格:1120円(税抜き)

よく見かける『あの』カラーはイカにも効く!!

湯川「僕が散髪屋さんを営んでいるということもあり『青・白・赤のサインポールのカラーがあっても面白いな~』なんていう、思い付きで作ってもらったカラーなんですが(笑)。いざ使ってみると…予想を裏切って(!?)、爆釣するカラーだったんです!

その理由を自分なりに考えてみたんですが、3色のハッキリとした縦ジマカラーというのは、これまでのエギにはなかったと思うんです。そういう意味では、イカの眼には新鮮に映っているかもしれません。メタルジグのゼブラカラーみたいな効果もあるのかな? とも思っています。

また、ルアーやスッテでは定番のレッドヘッドにはせず、あえてブルーヘッドを採用したことで水中でのシルエットがより効果的に見えているのかもしれません。夏のルアマガソルトの取材でも2キロを筆頭にボコボコ釣らせてくれたし、最大で3キロを釣らせてくれました。時には遊び心も大切なんだな~と、改めて考えさせられました(笑)」

画像: 湯川 「他にもピンクコアやハワイアン、バナナチャートなど、サイトゲームで見やすいカラーは、今シーズンはアタリも喰いも良かったです」

湯川「他にもピンクコアやハワイアン、バナナチャートなど、サイトゲームで見やすいカラーは、今シーズンはアタリも喰いも良かったです」



湯川マサタカ“裏”T.O.Y.

セフィア クリンチ カエル跳びアッパー3.0号 ソウジュクスイカ(シマノ)

湯川「シャロー撃ちでは大活躍してくれました。サイズ的に秋イカ用というイメージがありますが、春はもちろん夏場でも活性の高いイカを連発させてくれましたね。チャート系でアングラーからの視認性も良いので、シャローをテンポ良くラン&ガンできました」

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.