ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。
もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は「スマイルエギンガー」でお馴染み、明るいキャラクターとスマイルで、現在雑誌やテレビなどメディアに引っ張りだこなあのエギングスペシャリストの2019年最も印象深かったエギをご紹介!


トーナメントでも活躍する元気印エギンガー!!

池内修次が選んだ2019年「俺のT.O.Y.エギ」

画像: 池内修次が選んだ2019年「俺のT.O.Y.エギ」

アオリーQサーチ ダブルグロー(ヨーヅリ)

池内「このエギは、ボディの抵抗が少なくてアクションにキレのあるベーシックな大分型エギなんですが、このエギに搭載されている『トリックフック ラウンド』というカンナ形状と非常に相性が良いんです。なぜかというと、キレのあるトリッキーなアクションがウリでそれを阻害しない形状だからです。仮にこれを落ち着いたアクションの安定志向エギに付けてしまうと、潮を噛み過ぎて浮いてしまう。適材適所が大切ですね」

トリックフック ラウンドの効果を更に解説!!

池内「一般的なエギはベンド部分がV字型のフックを採用していますが、トリックフック ラウンドはその名の通り緩やかに曲がるラウンド形状になっている。この部分に潮が格段に噛みやすくなり、パタパタフット系のエギと同レベルまで潮流の存在が感じられるようになったんです。キレのあるダート性能がありながらも、潮噛みの良さでフォール時にはピタッと止まるという、相反する性能が両立する今年のベストエギです!

ちなみにアオリーQは歴史の長いベーシックな大分型エギですが、ボディに波長520mmの夜光&波長488mmのブルー夜光の『ダブルグロー』カラーをまとうことで、イカからの視認性が明らかに向上しています。今シーズンに関しては、周りのエギンガーは釣れていないのに、このダブルグローだけは釣れるという状況がとても多かったです」

画像: 池内 「漁具に端を発した昔からある大分型エギだけに、これ以上進化するのは難しいと思ったんですが…。まだまだ発展しそうですね!」

池内「漁具に端を発した昔からある大分型エギだけに、これ以上進化するのは難しいと思ったんですが…。まだまだ発展しそうですね!」



池内修次の“裏”T.O.Y.

画像: 池内修次の“裏”T.O.Y.

パタパタQラトル スーパーブルー夜光(ヨーヅリ)

池内「特に『スーパーブルー夜光リアルアジ』というカラーが、日中の難しい時間帯でも助けてくれました。ちなみに、デュエル/ヨーヅリの夜光系カラーは、ライトを当てて蓄光させる必要はありません。日光や月明り、常夜灯の明るさがあれば、水中で十分に光ります」

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.