昨年、シマノのシーバスルアーブランド「エクスセンス(EXSENSE)」から今までにない全く新しい概念、スプリング(バネ)で支持された“可動式の反射板”をボディ内部に搭載した「シャローアサシン99Fフラッシュブースト」がリリースされたことは記憶に新しい。そして今年度、シマノの大人気シーバスミノーにもついに搭載されることとなった!


サイレントアサシン 120F フラッシュブースト(シマノ)

画像1: サイレントアサシン 120F フラッシュブースト(シマノ)

サイレントアサシン 120F フラッシュブースト(シマノ)

サイレントアサシンといえば、港湾、干潟、河川とあらゆるシチュエーションで使用できるシーバスルアーを代表するスタンダード・ミノーである

ただ巻きは勿論、ジャークやドリフトなどのメソッドにも対応し、そして最大の武器であるAR-Cシステムを搭載したその「飛距離」は他のシーバスミノーを圧倒する。

ラインナップも99ミリサイズから140ミリまで、フローティングモデルからシンキングモデルまで有り、シーバスのみならずあらゆるソルトルアーターゲットにも使用可能

そんなサイレントアサシンに昨年、ソルトルアーシーンで一斉を風靡したフラッシュブースト機構が搭載されたのだ!!

フラッシュブーストに関する記事はコチラ⇩⇩⇩⇩


ルアーマガジンソルト3月号のシーバス取材ではシマノインストラクター・鈴木斉氏もその威力を絶賛!

画像2: サイレントアサシン 120F フラッシュブースト(シマノ)

鈴木「 サイレントアサシン120F フラッシュブーストは、水深が深いとか広範囲に光を分散させて魚を寄せることに関して強みを発揮しやすいです。魚を探したい、レンジが深くて魚がなかなか浮いてこないといった状況で、これを潜らせてからゆっくりと引いていれば魚が気づきやすい。この効果はほかのルアーにはないものです」

フラッシュブーストの効果を引き出すには、スローリトリーブが有効。ゆっくりと引くことで内部の反射板の振動する回数も増えるのだ!

AR-Cシステムによる圧倒的な飛距離と、喰わせに秀でた力強いウォブンロールが武器のサイレントアサシンに、ルアーを動かさなくても内部プレートが揺れることでフラッシングを放つフラッシュブースト機構が加わればまさしく鬼に金棒!

タフなコンディションにおいても釣果を導いてくれること間違いなし!

発売は3月を予定! 全国のシーバスフィールドに“フラッシュブースト旋風”が起こる日も近い。

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.