重量的にも感覚的にも『ライト』なタックルを使うことで間口が広がり、誰でも気軽にチャレンジできるライトオフショアゲーム。そんな初心者に優しいライトオフショアゲームを、2月から3月のこの時期に『チャレンジしてみたい!』というアナタへ、トモ清水さんからオススメの魚種を教えてもらったゾ!!


前回のおさらいはコチラ⇩⇩

前回、前々回と、今春にピュア・フィッシング・ジャパンからリリースされるライトオフショアゲームロッド「エラディケーター リアルフィネス ライトオフショアゲーム」についての詳細と、ロッドに合わせたオススメのライトオフショアゲームなどを教えて頂いたが、今回はロッドがリリースされる「春まで待てない!」というアナタへ“今でも釣れる”ライトオフショアゲームをトモ清水さんに教えて頂きました。

本格的な春を前にアジやマダイが釣れるチャンス!

トモ清水「三重県の尾鷲の辺りならば、40~50センチオーバーのギガアジがバチコンで狙えます。水深は80メートル程度とけっこう深いんですが、一発大物を狙うのならチャレンジする価値はありますよ」

ディープバチコンでのギガアジ狙い(尾鷲)

画像2: トモ清水おすすめ! 冬~早春にオススメなライトオフショアゲーム

リグは一択でも誘い方次第でゲーム展開は豊富に楽しめる
バチコンで最近流行っているのが、オモリをボトムに着けたままラインを張らず緩めずでアクションさせる『ゼロテンション釣法』。チョイ投げして中層を探る『ミドスト』的な釣り方でも釣果が上がっている様子。また、『ホットケメソッド』は50オーバーのギガアジの実績多数。リグはほぼ逆ダウンショット一択なのだが、その誘い方はさまざまなのだ。

画像: バチコン使用タックル例

バチコン使用タックル例



もう一本! おすすめのターゲットありませんかね・・・?何とかお願いします!!

トモ清水「…欲張りますね(笑)。ならば…2月に入れば東京湾で、本格的な乗っ込みに入る前のマダイが爆釣することがあります

産卵を前に荒食いをするので、そこに当て込めれば型、数ともに可能性は十分にあります。本格的な春を迎えてからはさらに釣果が上向きになるので、ぜひともNEWロッド『エラディケーター リアルフィネス ライトオフショアゲーム』で、さまざまなターゲットにチャレンジしてほしいです!!」

ライトタイラバでのプリ乗っ込みマダイ

画像3: トモ清水おすすめ! 冬~早春にオススメなライトオフショアゲーム

水深もタイラバの重さもビギナーにはちょうど良い
探る水深は40~50メートルと、深くもなく浅くもなく。タイラバの重さは60グラム前後と重過ぎず、かつビギナーでもリトリーブ時に容易に重さと巻き抵抗が感じられるウェイト。本格的な産卵を前に体力を付けるべく、マダイが荒食いを始めるタイミングが2月から。難しいテクニックが必要ない、巻くだけのシンプルな釣りなのでビギナーこそオススメだ。

画像: ライトタイラバ使用タックル例

ライトタイラバ使用タックル例

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.