バスロッドの老舗にして信頼のブランド『ラグゼ(GAMAKATSU)』から、“ルアーだけ”にカテゴリ特化した新規ブランドが立ち上がりました。その名は『アベンジ』。プロジェクト第一弾となるバイブレーションプラグについて、デザイナーの赤松拓磨さんにお聞きしました!!
画像: 誰もが、巻いて、釣れる『アベンジバイブレーション58』!  永遠の命題に挑んだバイブレーションの理想形デビュー!!

【Profile】
赤松拓磨(あかまつ・たくま)
兵庫県出身。地元の野池でバス釣りを楽しみながら、ルアー作りの魅力に気づき、ルアーデザイナーの道を歩む。2018年11月に、がまかつラグゼの新プロジェクトのメインデザイナーに抜擢。豊富な実釣経験に基づく、扱いやすくて釣れるアイテムの開発に取り組んでいる。



軽く巻けてトラブルがないバイブレーションプラグ

身近なフィールド(ため池)でよく使っていたルアーを、自分の理想に仕上げてみたい…。赤松さんにとって、そのひとつがバイブレーションであり、具現化したのが『アベンジバイブレーション58』でした。

赤松「巻いて、釣れる…そのためには、引き抵抗と、根がかり回避能力がキーでした。ストレスなく一日巻き倒せるのは、軽く巻けてトラブルがないことが第一義ですから」

とはいえ、単に巻き抵抗が軽ければよい訳ではありません。

軽いと巻いている感触が薄く、釣りのリズムが作りづらい。またボトムタッチやゴミを拾うという違和感も伝わりづらい。一方で、強すぎるとバイブレーションといえど巻き疲れてしまう。もちろん釣りがストップしてしまう根がかりは極力避けたい。

そんな理想、バランスをカタチにするのは至難の業ですよね。

赤松「実はファーストサンプルから、狙いのアクションはほぼ出ましたね。正解がアタマの中にあったので。そこからラインアイやウエイトを煮詰めていきました」

画像: 図面を起こし、切削し、サンプルを組み立てテストする。企画から製品化まで一人のデザイナーが見守り続けるから、アベンジのコンセプトはブレることがありません。

図面を起こし、切削し、サンプルを組み立てテストする。企画から製品化まで一人のデザイナーが見守り続けるから、アベンジのコンセプトはブレることがありません。

しかしそこからの開発は難航、かなりの時間を要したそうです。

でもそれだけに納得のいく仕上がりとなり、ついに今春のリリースへと漕ぎつけたのが『ラグゼ・アベンジバイブレーション58』なんですね。

使い手を選ばない王道!! 『ラグゼ・アベンジバイブレーション58』

画像: ●全長:58mm●重量:1/2ozクラス●ノーマルサウンドラトル搭載●フック:がまかつトレブルRB-M#7(前)、#8(後)●価格:1,500円(税抜き)●発売:2020年3月予定

●全長:58mm●重量:1/2ozクラス●ノーマルサウンドラトル搭載●フック:がまかつトレブルRB-M#7(前)、#8(後)●価格:1,500円(税抜き)●発売:2020年3月予定

徹底した前傾姿勢と水を掴むデザインにより、細かいピッチで引き倒せる新オーソドックスバイブレーション。障害物を回避するときにふらつかない体幹を持ち、カバーでもトラブルなくアピールできる。巻くだけで釣れる一方で、リフト&フォールなど小技へのレスポンスも突出。

『アベンジバイブ』は、あくまでも、赤松さんが取り組んでいる“アベンジプロジェクト”の通過点のひとつにすぎません。

ほかにも、同時進行していた“表層回転系”や現在進行形の気になるアイテムが…それらについても、後日あらためてご紹介しますのでお楽しみに!!



関連記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!




This article is a sponsored article by
''.