『ルアーマガジン』誌で毎年年末に開催している読者投票企画「T.O.Y.(タックルオブザイヤー)」。実際に道具を買っている読者が選んだ商品は何なのか。それこそ、ある意味「1番釣れる」道具ということも言えるかもしれません。2019年を通してもっとも支持を集めたバス釣りベイトリールランキング発表です!

"T.O.Y. タックル・オブ・ザ・イヤー"とは?
『ルアーマガジン』と『ルアーマガジン・ソルト』にて、その年に最も信頼できるタックルを読者の皆様から募集。時代の流行りや風潮を読み解くこともできる、1年間を総括する人気ランキングなのだ!
※投票は『ルアーマガジン 2019年8月号』『同 2020年1月号』、『ルアーマガジンmobile』アンケートの集計結果に基づきます。
貴重なご意見ありがとうございます!



2019年ベイトリール部門

新機構を搭載したNEWモデルか? はたまた厚い信頼を集める定番モデルか?
ベイトリールのカテゴリーは今年も激戦!
入れ替わりが激しいランキングを制し、メタニウムMGLが3年連続となるT.O.Y.を受賞した。

【1位】メタニウムMGL Metanium MGL【シマノ】

【378pt】前年1位

見事3連覇を果たしたMGLスプール搭載の名機

シマノ・バス用ベイトリールの主軸モデルが今年もタイトル獲得。MGLスプールがもたらす遠投性能だけでなく、外部調整が可能なSVSインフィニティをはじめマイクロモジュールギア、X-SHIPなどのテクノロジーを搭載しながらアンダー180gを実現。それでいながら実売価格でおよそ3万円前半というのだから死角は見当たらない。

画像2: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) ベイトリール 16 メタニウム MGL HG 右ハンドル
ギア比:7.4
最大ドラグ力(kg):5.0
自重(g):175
スプール寸法(径mm/幅mm):34/22
ナイロン糸巻量(lb.-m):12-100、14-90、16-80、20-65
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):79
ハンドル長(mm):42
ベアリング数(S A-RB/ローラー):10/1
[マグナムライトスプール]側壁にもホールを配置した、軽くて強い「飛ぶ」スプールの新形態。:ベイトリールのキャスティング性能を左右するスプールの慣性モーメント。開発ではその減少を目的にスプール胴径へのブランキングや薄肉化を行ってきましたが、「NEWマグナムライトスプール」では、これまで技...
¥26,377
2020-03-18 13:56

【2位】スティーズSV TW STEEZ SV TW【DAIWA】

【294pt】前年4位

画像3: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:160g ●ギア比:6.3~8.1 ●最大巻き取り長:67~86cm ●糸巻き量:14lb-35~90m ●最大ドラグ力:5kg ●ベアリング:12/1 ●価格:59,500円(税抜き)

DAIWAの技術を結集したフラッグシップベイトリール

DAIWA独自の第3世代TWSと軽量かつ高精度なスプールに搭載されたSVコンセプトを併せ持つ、バス用ベイトリールの旗艦モデル。逆風時などの悪条件下でもトラブルフリーなキャストフィールを実現。エアメタル(マグネシウム合金)をベースとするコンパクトで剛性感の高いボディには、耐久性の高い大型ドライブギアを内蔵している。

画像4: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
ダイワ(DAIWA) リール スティーズ SV TW 1016SV-HL
巻取り長さ(ハンドル1回転)(cm):67
ギヤ比:6.3
標準自重(g):160
最大ドラグ力(kg):5
標準巻糸量 ナイロン(lb.-m):14-45~90/16-40~80
スプール径(mm):34
ベアリング(ボール/ローラー):12/1
クロロプレン製リールケース付属
シリアルナンバー入り
TWS:TWS第3世代として、中・小口径スプールに合ったコンパクトタイプのターンアラウンド式を新しく開発。リール本体の軽量・コンパクト化に大きく貢献。...
¥49,088
2020-03-18 14:07

【3位】19アンタレス ANTARES【シマノ】

【282pt】新登場!

キャスティングの喜びを追い求め続ける「巨星」

昨年、フルモデルチェンジを果たしたアンタレスには、第3世代のマグナムライトスプールIIIを搭載され、スプールの薄肉化とナロー化によって、キャストの立ち上がりとあと伸びに磨きがかかった。一度投げればそのフィーリングの虜になるはずだ。アンタレス伝統の光沢仕上げはそのままに、軽量かつコンパクトなボディになっている点も見逃せない。

画像6: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) リール 19 アンタレス HG 右
ギア比:7.4
最大ドラグ力(kg):5.0
自重(g):220
スプール寸法(径mm/幅mm):34/19
ナイロン糸巻量(lb-m):12-100、14-90、16-80、20-65
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):79
ハンドル長(mm):42
ベアリング数 BB/ローラー:10/1
¥43,384
2020-03-18 14:23

【4位】タトゥーラSV TW TATULA SV TW【DAIWA】

【258pt】前年2位

画像7: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:200g ●ギア比:6.3~8.1 ●最大巻き取り長:65~83cm ●糸巻き量:16lb-40~80m ●最大ドラグ力:5kg ●ベアリング:6/1 ●価格:25,900円(税抜き)

本場アメリカで認められたSVコンセプトグローバルモデル

高剛性でパーミングしやすいボディにSVスプールとTWSを組み込んだ世界戦略ベイトリール。幅広いウエイトのルアーキャスト対応力に優れるバーサタイルモデルだ。2019年12月には新モデルが市場投入されている。

画像8: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
ダイワ(DAIWA) ベイトリールタトゥーラ SV TW 103XH 2020モデル
巻取り長さ(cm):81
ギア比:8.1
自重(g):190
最大ドラグ力(kg):5
ボールベアリング/ローラー数:7/1
ハンドル長さ(mm):85
ソルト対応
¥17,064
2020-03-18 14:39

【5位】メタニウムDC Metanium DC【シマノ】

【240pt】前年3位

DCシステムがもたらすトラブルレスなキャスティング性能

基本性能の高いメタニウムをベースに、新開発のDCユニット「I-DC5」をインストール。ルアーウエイトやラインの種類に合わせて、細かくセッティングが変えられ、圧倒的な遠投性能と急な向かい風などの状況変化への対応力に優れる。

画像10: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) ベイトリール 15 メタニウム DC 左ハンドル
ギア比:6.2
最大ドラグ力:49.0N/5.0kg
自重:190g
スプール寸法:34/22mm
ナイロン糸巻量(lb-m):12-120/14-100/16-85/20-70
最大巻上長:66cm(ハンドル1回転あたり)
ハンドル長:42mm
ベアリング数(S A-RB/ローラー):9/1
HGNボディ
X-SHIP...
¥41,457
2020-03-18 14:51


【6位】16アンタレスDC ANTARES DC【シマノ】

【228pt】前年12位

究極のキャストフィールを実現したシマノ・ベイトリールの最高峰

軽量で立ち上がりのよい「NEWマグナムライトスプール」と、1000分の1秒単位で電子制御する「NEW4?8DCブレーキ」が異次元の飛距離を可能に。シマノのバス用ベイトリールの頂点と呼ぶにふさわしいスペックを誇る。

画像12: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) ベイトリール 16 アンタレス DC 右ハンドル
ギア比:5.6
最大ドラグ力 (kg):5.0
スプール寸法(径mm/幅mm):37/22
ナイロン糸巻量(lb.-m):12-130、14-110、16-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):65
ハンドル長(mm):42
ベアリング数(S A-RB/ローラー):10/1
[NEW 4×8DCブレーキ]ノーブレーキ時間を1000分の1秒単位で制御。マックス回転数を維持して飛距離アップを実現。:DC=デジタルコントロールブレーキは、必要な時のみ電子制御でブレーキを掛けるシマノ独自のシステム。マグネットや遠心力では成し得ないブレーキングで、卓越した遠投を可能にします。7代目のDCとな...
¥54,189
2020-03-18 14:57

【7位】バンタムMGL BANTAM MGL【シマノ】

【222pt】前年7位

ロープロファイルモデルの常識を覆す高剛性アルミボディ

アルミ鍛造素材から生み出される一体成型ボディが、従来のロープロファイルモデルを大きく凌駕する高剛性を実現。コンパクトかつ高感度なボディの中には「NEWマグナムライトスプール」をはじめとする最新機構をそなえる。

画像14: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) リール ベイトリール ブラックバス 18 バンタム MGL XG 右ハンドル
ギア比:8.1
最大ドラグ力(kg):5.0
自重(g):225
スプール寸法(径/幅)(mm):34/22
ナイロン糸巻量(lb-m):12-130、14-110、16-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):86
ハンドル長(mm):45
ベアリング数 BB/ローラー:8/1
¥25,463
2020-03-18 15:07

【8位】スコーピオンDC Scorpion DC【シマノ】

【216pt】前年5位

ミドルクラスで異彩を放つDC搭載機

デジタルコントロールブレーキが組み込まれ、様々なシチュエーションでも安定したキャストが可能。実売価格でおよそ2万円後半という、ミドルクラスのスペックに収まらないハイパフォーマンスが人気の理由だ。

画像16: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ (SHIMANO) ベイトリール 17 スコーピオン DC 100HG 右ハンドル
ハンドル:右巻き
ギア比:7.2 最大ドラグ力(kg):5.5
自重(g):215
スプ―ス寸法(径mm/幅mm):34/22
ナイロン糸巻量(lb-m):12-120、14-100、16-85、20-70
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):77
ハンドル長(mm):42
ベアリング数S A-RB/ローラー:7/1
I-DC5 X-SHIP
¥25,631
2020-03-18 15:13

【9位】アンタレスDC MD ANTARES DC MD【シマノ】

【186pt】前年17位

ストロングゲームを得意とする最強のアンタレス

アンタレスDCをベースに、専用ブレーキ設定のXBモード採用やドラグ力UP、ギア比の高速化などの専用チューニングを施している。ビッグベイトをはじめパワー系の釣りから世界の怪魚、SWシーンで活躍する対モンスターマシンだ。

画像18: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) リール ベイトリール 18 アンタレス DC MD XG 左ハンドル
ギア比:7.8
最大ドラグ力(kg):6.0
自重(g):235
スプール寸法(径/幅)(mm):38/22
ナイロン糸巻量(lb-m):12-165、14-145、16-120、20-100
PE糸巻量(号-m):3-130、4-100、5-80
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):93
ハンドル長(mm):45
ベアリング数 BB/ローラー:10/1
¥57,000
2020-03-18 15:18

【10位】ジリオンSV TW ZILLION SV TW【DAIWA】

【180pt】前年6位

画像19: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:195~200g ●ギア比:5.5~9.1 ●最大巻き取り長:58~97cm ●糸巻き量:16lb-40~80m ●最大ドラグ力:5kg ●ベアリング:8/1 ●価格:38,900円(税抜き)

USプロも信頼を寄せるタフなバーサタイルモデル

コンパクトフォルムの高剛性スーパーメタル(高強度アルミ)製フレームに、SVスプールとTWSを搭載したバーサタイルモデル。5.5~9.1までの幅広いギア比をラインナップする。ギアやクラッチも耐久性が高く、海水での使用も可能。

画像20: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
ダイワ(Daiwa) ベイトリール ジリオンSV TW 1016SV-SH
巻取り長さ(ハンドル1回転)(cm):77
ギヤー比:7.3
自重(g):195
最大ドラグ力(kg):5
標準巻糸量ナイロン(lb.-m):16-40~80/14-45~90 ※TDライン(ナイロン)を使用。
ハンドル長さ(mm):90
ベアリング(ボール/ローラー):8/1
SVのメリット:軽量リグから重量級ルアーまで、ベイトの中で一番守備範囲が広いので・・・4インチワームのネコリグから、ビッグベイトも楽に扱える。/身近なフィールド(野池、川など、オカッパリ) で一番出番が多い。/1台で色々なリグ、ロッドとのセットが可能になる。/スプール強度を犠牲にしていないため、太糸でフィネスリグ...
¥27,230
2020-03-18 15:22

当部門11~30位までのランキング

順位得点メーカー商品名
11位177ptDAIWAタトゥーラ
12位174ptシマノカルカッタコンクエスト
13位166ptシマノカルカッタコンクエストDC
14位142ptDAIWAスティーズA TW
15位131ptDAIWAスティーズ
16位126ptDAIWAスティーズCT SV TW
17位119ptシマノスコーピオンMGL
18位89ptアブ・ガルシアロキサーニ
19位75ptシマノアルデバランBFS XG
20位70ptDAIWAタトゥーラTW
21位66ptDAIWAジリオン
22位61ptシマノ13メタニウム
23位56ptDAIWASS AIR
24位51ptシマノ12アンタレス
25位47ptシマノスコーピオン70
26位47ptアブ・ガルシアレボ・ブラック9
27位45ptDAIWAアルファスCT TW
28位42ptシマノカシータスMGL
29位38ptシマノカルカッタ
30位33ptシマノアルデバランMGL

お馴染みT.O.Y.ウォッチャー3人組のベイトリール部門トーク

画像: 左から『ルアーマガジン』古川、戸村竜太さん、センドウタカシさん。メーカーさまからクレーム覚悟の言いたい放題でお届けいたします。

左から『ルアーマガジン』古川、戸村竜太さん、センドウタカシさん。メーカーさまからクレーム覚悟の言いたい放題でお届けいたします。

高性能+バーサタイル、メタニウムMGL無双

古川「ベイトリール部門は3年連続メタニウムMGLが首位。発売年はタイミングが早く8位でしたが、翌年以降はずっと1位をキープ。とにかく完成度が高い」

戸村「間違いない選択。ビッグベイトを投げるときは剛性のあるリールが欲しくなるけど普通に使うぶんには全く文句ない」

古川「メタニウムMGLは、モデルチェンジも気になるところですね。さて昨年2位のタトゥーラSV TWが5位に落ちましたが、その穴を埋めるようにスティーズSV TWがジャンプアップ」

戸村「スティーズSV TWはかなり評判いいね。投げられるルアーの幅が広く、それこそボートからオカッパリまで何でもこなせる汎用性が魅力です」

古川「個人的には3位の19アンタレスにも注目したい。これは恐ろしく初速があり、驚くべきことに自分で投げたルアーの弾道が見えないほどです(笑)」

戸村「扱いはピーキーなの?」

古川「いや、そんなことはないですが、従来のアンタレスとは全くの別モノ。メタニウムMGLの完全上位機種みたいな感じ。高級モデルらしい納得の性能です」

画像21: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

戸村竜太「オレはアンタレスDC MDを愛してる(笑)。ビッグベイトを投げるのにぴったり!!」

戸村「発売からしばらく経つけど5位のメタニウムDCは踏ん張ってる。目を引くのは9位のアンタレスDC MDですね。オレはこのリールを愛してる!!」

全員「ハハハハハ(爆笑)」

戸村「めっちゃいいもん。いま4台使ってるけど、ピッチング以外は全部これでいい。ギア比が高いからスタイルによっては用途が限られるけど、例えばスライドスイマー250のリーリングジャークにも最適。ビッグベイト派は絶対買ったほうがいい。ただ値段は正直ビビるけどね(笑)」

古川「琵琶湖界隈では必須かも!?」

千藤「18位にロキサーニが入ってる。レボなどの上位機種が来てもいいけど、やはり雑誌などで露出が多いモデルが人気だね」

戸村「ロキサーニは加木屋守さん、25位レボブラック9は木村建太さんがそれぞれ愛用してます」

古川「本誌でもたびたび特集を組みますが、最近のミドルクラスは本当に高性能ですね」

千藤「それこそタトゥーラSV TWに文句があるなら相当なものです。もちろん高級モデルには敵わないけど、普通に釣りをするぶんには何ひとつ不満がない」

画像22: 2019年に1番人気のバス用ベイトリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

センドウタカシ「タトゥーラSV TWの満足度はかなり高い。普段の釣りで不満を感じることはない」

古川「スティーズ、アルファスのCTが大好評。それだけに、今回ランクインしたのが16位スティーズCT SV TWだけなのは惜しかったかな」

戸村「CTって何の略?」

古川「コンパクト&タフ」

戸村「そろそろリールもハンドルなしで売ってほしいね。一眼レフだってボディだけで売ってるんだからいいじゃんね(笑)。シマノもDAIWAも、それぞれ夢屋とSLPワークスというカスタムブランドがある。ほかには社外ハンドルという選択肢もある。ユーザーとしては、カスタムパーツを最初から選べたらおもしろい。あとは色かな。オレはコンクはシルバーやガンメタが好きなんだけど、みんなは何色が好き?」

古川「僕はゴールド派です」

千藤「僕も断然ゴールド。コンクは発売当初の印象が強い」

戸村「リールはロッドに合わせるものだからね。それぞれ合う色がある。古川君はグリーンのロードランナーにゴールドのコンクでしょ。最高にカッコいい。オレのロッドにはガンメタが合う。やっぱ色が選べたら最高じゃん!?」

全員「それは確かにおもしろい!!」

古川「来年はきっとSLXもラインクインするでしょう。本誌(2020年3月号)が発売される頃には新モデルの発表もあるはず。楽しみです!!」

2019年度の他部門T.O.Y.はこちらから!




This article is a sponsored article by
''.