晩秋から冬にかけて沖で過ごしていたアオリイカたちは、春になると産卵のために接岸してくる…そう、春のエギングは浅場へと入ってくる親イカがメインターゲット! オカッパリからデカイカが狙える恰好のシーズンなのです。今回はストイックにエギングを追求する業界無二のフルタイムプロエギンガーに春エギングのオススメカラー3色を選んでいただきました。


解説して頂くのはストイックのエギングを追求する“完全イカプロ”!

画像2: エギング界のカリスマ『山田ヒロヒト』がおすすめする“春イカに効く”エギカラーBEST3!!

【Profile】
山田ヒロヒト(やまだ・ひろひと)
バックドリフト釣法やノーテンションソフトフォールなど、最先端で画期的なテクニックを駆使してエギングの高みを追求し続ける、数少ないフルタイムプロエギンガー。『ヤマラッピ』の愛称でおなじみ。

ヤマラッピおすすめ! 春エギカラー第1位!!「ホロ-アンガーグルクン」

画像: エメラルダスダートⅡ・タイプSS(DAIWA)

エメラルダスダートⅡ・タイプSS(DAIWA)

ホロフラッシュ&シルエット強めで高活性イカを捕獲

山田「1mを約8秒と超スローに沈むので、デイゲームで産卵場所である藻場の上をゆっくり、じっくり攻める時に使います。カラーは沖縄の県魚であるグルクンが怒って赤くなったのをイメージしたものですが、ホロ下地は太陽光が届く浅場でのフラッシング効果が抜群。オマケに赤&青の濃いめボディカラーでシルエットもハッキリ出るので、ヤル気がある個体には最適です。ただ、風が強い時や深い場所には不向きなので要注意!」

画像3: エギング界のカリスマ『山田ヒロヒト』がおすすめする“春イカに効く”エギカラーBEST3!!
ダイワ(DAIWA) エギ エメラルダス ダートII Type SS 3.5号 ホロ‐アンガーグルクン
タイプ:SS
号数:3.5号
標準自重(g):17.5
フォールスピード(秒/m):8
エギング界のカリスマ山田ヒロヒト氏監修。
超スローシンキング
SaqSasカンナ
¥715
2020-03-21 14:25

ヤマラッピおすすめ! 春エギカラー第2位!!「赤ブラウン-杉」

画像: エメラルダスステイRV(DAIWA)

エメラルダスステイRV(DAIWA)

レッドモンスター捕獲のための専用カラー!!

山田「春ならではのレッドモンスターを獲るためのセレクトです。レッドモンスターは夕マズメから夜に接岸することがほとんどで、産卵初期には特に大規模な群れを成して、潮通しの良い場所を経由して浅場に入って来る。こういう時は昔から赤テープでブラウン系という、夜でもシルエットがハッキリ出るカラーへの反応が良い。短時間でパパっと釣れてしまうことが多いです。ボートでのディープエジングなら、日中でも良く釣れます」

画像4: エギング界のカリスマ『山田ヒロヒト』がおすすめする“春イカに効く”エギカラーBEST3!!
ダイワ(DAIWA) エギ エメラルダス ステイ RV 3.5号 赤‐ブラウン杉
号数:3.5号
標準自重(g):25
フォールスピード(秒/m):3.75
ラトル仕様:波動を発生させることで、広範囲のイカにアピールする。
¥950
2020-03-21 14:29


ヤマラッピおすすめ! 春エギカラー第3位!!「夜光-ピンクエビ」

画像: エメラルダスストリーム ラトル(DAIWA)

エメラルダスストリーム ラトル(DAIWA)

ナチュラルでダメなら思いっ切り強ダートで!!

山田「ステイのS字系アクションに反応がなければ、正反対の激しいダートアクションモデルを投入します。カラーも地味でシルエットを重視したものから一転、夜光カラーで発光させるのに加えて刺激的なピンクの柄をチョイス。ハデなアクションと発光アピールを駆使して、アクティブな攻めを展開します。レッドモンスターが乗って来るような強い潮流の中でもバランスを崩さない、キレのあるダートで活性の高い個体を拾えます」

画像5: エギング界のカリスマ『山田ヒロヒト』がおすすめする“春イカに効く”エギカラーBEST3!!
ダイワ(Daiwa) エギ イカ釣り用 エメラルダスストリーム ラトル 35 夜光-ピンクエビ
主なターゲット:アオリイカ
使用可能な釣法:イカ釣りエギング
エギサイズ:3.5
カラー:夜光-ピンクエビ
エギング界のカリスマ山田ヒロヒト渾身のコンセプトエギ
流れを捕まえ流れに乗る「ドリフトフィン」
究極の刺さりを追求したスーパーシャープ段差カンナ
流れの中でもしっかりとダート刺せるためのアッパーラインアイ
¥1,221
2020-03-21 14:39

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!

山田ヒロヒトさんに関する記事はコチラ!




This article is a sponsored article by
''.