この時期に爆発的釣果をもたらす必須アイテム、スイムベイト。前回の【実釣編】では使い方の基本をZPI伊藤雄大さんに解説してもらった。今回はさらに踏み込んだルアーチューニングについて聞いてみよう。


アシストフックを着けてみよう

伊藤「前回お話した通り、スイムベイトは障害物ギリギリを通してズドンとバイトさせるのが最も理想的な食わせ方になります。しかし、ちょっとキャストが甘くて狙いのコースから外れてしまったり、ハイプレッシャーな場面ではテール付近をハムっとするだけのショートバイトが多くなります。ショートバイトもなんとかヒットに結び付けるためにはアシストフックを装着するチューニングが有効です」

アシストフックの装着には色々な方法があるが、伊藤さんオススメの方法は?

伊藤「私が好きで良く使っているダンクル7インチ(ジャッカル)でやっているチューニングを紹介します。他のスイムベイトでも応用できる方法ですよ♪

アシストフックはフロント側のフックアイにライン、ワイヤー等を装着してリア側に延長するのが定番のスタイルになります。

ラインを結んで延長するのが一番お手軽ですが、ラインの摩耗具合をマメにチェックするのが手間なので、私はヒッチフックMサイズ(ザップ)の延長棒を使っています」

画像: ヒッチフック純正フックとリア側スプリットリングを取り外し、代わりにダブルフックを装着。

ヒッチフック純正フックとリア側スプリットリングを取り外し、代わりにダブルフックを装着。

画像3: 【伊藤雄大のトリセツ】春のでかバス攻略マストアイテム! スイムベイト入門!!【チューニング編】
ZAPPU(ザップ) ヒッチフック M.
Length:31mm
フック:#1
¥561
2020-03-30 15:53

伊藤「リア側にフックを延長したら、そのままだとフックがプラプラしてしまうので、何らかの方法で固定します。リアフックをトリプルフックにして三本のフックのうちの一本をボディに刺す方法もありますが、バスとのファイトや根がかり時にボディが大きく裂けてしまうことも…。そうならないための回避策としてボディに出っ張りを作り、そこをダブルフックで挟んで半固定するのがオススメです」

出っ張りの作り方

画像1: 出っ張りの作り方

①まず適当な位置に小型スナップを二つ埋め込んで瞬間接着剤で固定します。

②接着剤が乾いたら次に太目のフロロライン(30~40ポンドがベスト)を短くカットして、スナップにXを描くように通します。

③通したら、フロロラインとスナップを瞬間接着剤で固定し、フロロラインをちょうど良い長さにカットして完成

画像2: 出っ張りの作り方

伊藤「出っ張りを作ったら、先ほどの延長棒を装着して、出っ張りをダブルフックで挟めばオッケーです」

画像3: 出っ張りの作り方
画像4: 出っ張りの作り方

伊藤「このアシストフックシステム&前回紹介した硬すぎないロッドを使うタックルバランスで、ショートバイト対策はバッチリです!」

画像: リアフック薄皮一枚掛かりで何とかフッキングに持ち込んだ嬉しい1尾。

リアフック薄皮一枚掛かりで何とかフッキングに持ち込んだ嬉しい1尾。

リアフックの位置はどのあたりがベストだろうか?

伊藤「テールに寄せるほど、よりショートバイトには強くなります。しかし寄せ過ぎるとキャストの着水時にテールがリアフックに刺さりやすくなるので、ほどほどの距離はキープしたほうが良いですね。特に柔らか目の素材のスイムベイトはテールから少し離した位置が無難です」

なるほど。伊藤さんのフックセッティングは?

伊藤「フロントフックはバクッと来たバイトに対してガツンとフッキングできるように太軸のダブル21(がまかつ)#1/0。リアフックはハムっと弱弱しいバイトを何とか乗せられるように少し細軸&ロングシャンクのピアスダブル(リューギ)#2というコンビネーションが気に入ってます。前後のフックの役割分担をしっかり分けて考えると良いです」

画像: フロントフックにバッチリフッキングの理想形!!

フロントフックにバッチリフッキングの理想形!!

カンタン! 効果絶大のマーカーチューン!!

他にオススメのチューニングはあるだろうか?

伊藤「水が濁っていたり、さざ波が立っているとルアーの泳いでいる位置が把握しづらい場面があります。ルアーの位置が分からないと理想のコースも通しづらく、根がかりも増えてしまいます。なので、ルアーの頭にマーカーを塗り、位置を分かりやすくするチューニングがオススメです。

画像: ソフトルアーマーカー(グローデザインワークス)で頭の部分を塗り塗りする。すぐに乾くので、何回か重ね塗りすると発色が良くなる。

ソフトルアーマーカー(グローデザインワークス)で頭の部分を塗り塗りする。すぐに乾くので、何回か重ね塗りすると発色が良くなる。

伊藤「ルアーの位置が分かるとバスのチェイスにも気が付きやすくなるので、これも必須レベルのチューンと言えますね」

画像: カンタン! 効果絶大のマーカーチューン!!

二回にわたって、伊藤さんにスイムベイトの使い方~チューニングを聞いてきた。

季節はまさに春のベストシーズン。ぜひフィールドで試してみてほしい。

伊藤さんがプロモーションアンバサダーを務める、アルカンセロッド&リールでおなじみのオフィスZPI。製品情報はもちろん、ブログや実釣動画等のコンテンツも多彩なHPも要チェックだ!



関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.