シンプルな設計で個性を出しにくい。故に、一度人気が出ればあっという間に定番となりうる。そんなバスルアー界の激戦区? に新たに挑むのが、川村光大郎さんが主宰するボトムアップのスモラバ「コスモ」です。

その浮遊感は無重力の如し

コスモ(ボトムアップ)

画像: コスモ(ボトムアップ)

●ウェイト:1.3g/1.8g/2.5g/3.3g●カラー:全9色

画像1: ついに登場! 川村光大郎完全監修スモラバ「コスモ(ボトムアップ)」
ご予約・7月上旬入荷予定【BOTTOM UP(ボトムアップ)】 コスモ KOSMO
多数のテクニックに高次元対応する「オールインワン スモラバ」 川村光大郎が長年主力にしてきたスモラバに求める事は「中層もボトムも、カバーも、ひとつで満足にこなせること」 特にオカッパリにおいては、それぞれのシチュエーションへ交互に投げ入れることも多く、そのどこかで魅力的に誘えなかったり、引っ掛かりやすいことは、バイトロスに直結します。 シチュエーションに応じて、専用タックルや専用スモラバを使い分けるのがベストなのは当然ですが、特に持ち歩けるタックルが限られるオカッパリでは、そうもいかないのが現実です。 それゆえのオールラウンド性能。 中層マイクロピッチは十八番ゆえ、水平姿勢で誘え、それで...
¥ 550
2020-07-02 12:54

スモラバのマイクロピッチシェイクで難攻不落のデカバスを次々に陥落させてきた川村光大郎さん。

そんな彼が求めた理想を現実としたスモラバがいよいよ登場です。

最大のポイントは、数多のテクニックに高次元対応するオールインワンであること。

ときにはラインの存在感を隠してまるで宙に浮いているかのような微細なシェイクでスレバスを魅了し、ときにはカバーに潜む魚へとダイレクトアプローチ、ときにはボトムを這わせエビやゴリをリアルにイミテート…。

タックルは限られるのに釣り場のパターンは多彩な「オカッパリ」。そこを舞台に活躍する川村さんらしいスモラバに仕上がっているんです。

細かい特徴を見て行きましょう。

ラインアイ

画像: ラインアイ

中層に吊るし、細かい振動でバイトを誘うマイクロピッチシェイクのためには当然、水平姿勢が重要です。そのため、コスモのアイは吊るし状態で姿勢が安定する90度アイを採用しています。

ただし、そのままではカバーに絡めた時のスナッグレス性能に難有りとなってしまいますので、ヘッド形状を工夫。

スリ抜けがよくなり、結び目がズレてしまう煩わしさも軽減してくれています。

ヘッド

画像: ヘッド

90度アイと同様、中層での水平姿勢のために、樹脂タングステン製ヘッドの重心バランスも最適化。ボドムでの横倒れも軽減されています。

また、ウェイトも刻印されています。

スカート

画像: スカート

川村さんこだわりのスカートは、細めですが張りのあるラバーを採用し、躍動感のある動きを実現。

時間差でのフレアを狙ったカッティングが施されているので、購入して即実践投入できますね!

ブラシガード

画像: ブラシガード

ウェイトに応じて2~6本をセッティング。

複数本あることで、開いたり間引いたりといった調整でガード力・フッキング性能をイジれるのがありがたいですよね。

フック&キーパー

画像: フック&キーパー

フックは「アンチラスト×ゼロフリクション(ノガレス)」を採用。今や定番とも言える摩擦軽減による刺さりの良さに加え、サビに強いのがありがたいです。

キーパーは、トレーラーのホールド力と外しやすさのバランスが良いワイヤーキーパーを採用。

パッケージ

画像: パッケージ

近年メジャーになりつつあるボックスタイプのパッケージを使用。キレイにタイイングされたラバーのフレア感が損なわれることの無い梱包方法です。

また、パッケージからは簡単に取り外しやすくなっています。

ラインナップ

ウェイトのラインナップは1.3~3.3gの4種類。

画像: ラインナップ

スピニングタックルからベイトフィネスまで幅広く使えるラインナップです。

カラーは全9色のラインナップです。

各カラーの解説は公式サイトをチェックです!

関連記事はコチラ




This article is a sponsored article by
''.