バス釣り最強の座を争う「陸王」を誰もが参戦できる一般参加型イベントに発展させた「陸王オープン」。今年は8月8日~9日に開催が決定(当初の7月開催は豪雨により延期)。より参加しやすいルール設定の「陸王ダービー」も新たに加わり、誰もが夢の陸王の称号を目指すことができる陸王トーナメントシステムが整いました。本シリーズでは、2019年陸王オープンの各ブロック優勝者へのインタビューを4回にわたってお届けします。
激闘を制した覇者達が経験した陸王という舞台のリアルな様子と、陸王に対する熱い思いを語っていただきました! 第3回はブロックC(淀川、紀の川、芦田川水系、倉敷川)優勝者のヨーティンこと今中要一さんです!


陸王オープン・陸王ダービーとは?

今年で2回目を迎える、ルアーマガジン主催の一般アングラー参加型陸っぱりバス釣り大会「陸王オープン」。

A~Dブロックの各予選を制した勝者4名が激突するチャンピオンカーニバルで優勝すれば、上位大会である「陸王MOBILE」の参戦権を手に入れることができます。

2020年は、期間内であればいつ何回でも釣りに行ってよい、3ヶ月間のポイント制競技「陸王ダービー」も開催。よりいっそう、一般アングラーが陸王トーナメントに参加しやすい環境が整えられました。

これにより、「陸王MOBILE」には「陸王オープン」「陸王ダービー」それぞれの優勝者、計2名が進出することになります。その「陸王MOBILE」で優勝することができれば、「陸王」本戦出場への道が現実のものとなるのです!

「陸王オープン2019」ブロックC優勝者、今中要一さんのプロフィール

画像: 『目指せバス釣り最強の座』陸王オープン2019各エリア優勝者インタビュー第3回【関西・中国エリア編】

【Profile】
今中要一(いまなか・よういち)
ヨーティンの愛称で親しまれ、陸王本戦でもお馴染みの芦田川水系をホームフィールドとするロコアングラー。デカバスの宝庫とされながらも、過密化するアングラーの影響でタフ化したこのフィールドで、デカバスを量産する凄腕の持ち主だ。陸王オープン2019では「ブロックC」に参戦。初日のみでオール50アップの3尾合計166cmのビッグスコアを叩き出し、見事決勝進出を決めた。
【陸王での戦績】
陸王オープン2019ブロックC(淀川、紀の川、芦田川水系、倉敷川)優勝
【バス釣り履歴】
バス釣り歴:15年
バス釣りを始めたきっかけ:近所にため池があり、なんとなくバス釣りを始めたらすごくはまりました(笑)。
初めてバスが釣れたルアー:メガバスのバイブレーション
よく通ったフィールド:ため池
好きな釣り方・スタイル:サイトとトップ。でかいバスがいるところで粘りまくる典型的な粘リスト。

「陸王オープン2019」予選とチャンピオン・カーニバル(決勝戦)で学んだこと

それではさっそく、陸王オープン2019関西・中国エリア優勝者の今中要一さんにお話を伺っていきましょう。(質問者:ルアーマガジン編集部 大場)

大場「まずは、昨年行われた陸王オープン2019の予選についてお聞かせください」

今中「予選に参加して感じた事は、三川・八田原ダムのフィールドポテンシャルの高さです。昨年の予選は9月末開催で、時期としては朝夕が肌寒くなり、一般的なリザーバーのバックウォーターはパワーダウンするタイミングです。でも、三川・八田原ダムはこの時期でもバックウォーターにまだバスがけっこういる。それは、三川・八田原ダム水系に鮎がとても多いからだと思っています。中国・四国地方の他のリザーバーと比べても圧倒的に多い。バックウォーターの落ち鮎パターンが効くんです

大場「そんなに鮎が多いというのは初耳でした」

今中「ただフィーディングでベイトを捕食する場所はかなり限定的で、それでいてハイプレッシャーです。一瞬の時合いを捉えることが勝利の鍵を握るのかなと思います」

画像: 三川・八田原ダムの魅力に取り憑かれ、天才バスに口を使わせる術を模索し続けてきた今中さんだからこそ獲れる魚だ。

三川・八田原ダムの魅力に取り憑かれ、天才バスに口を使わせる術を模索し続けてきた今中さんだからこそ獲れる魚だ。

大場「陸王オープンに出場しようと思われた動機は何ですか?」

今中「陸王オープンで優勝して上位大会に進めば、一般アングラーが陸っぱりでトッププロと戦える。これが1番の理由ですね。そんな大会は他にありませんから。ルアーマガジンの陸王オープン開催の告知を目にしたときは『キタキタ来た~!』ってかんじでしたよ(笑)」

大場「予選の2日間の様子を詳しく教えていただけますか?」

今中実は初日の早朝30分で50アップ3尾を揃えちゃったんですよ。八田原ダムのバックウォーターで。その後1尾追加しましたが入れ替えならずのサイズでした。2日目は人が多過ぎて自分が入りたい場所に入れず、ずっと車の中で場所が空くのを待っていました。結局2日目はほとんど釣りにならずノーフィッシュで終了でした」

大場「すご過ぎます…。ということは、今中さんは初日の30分でブロックB優勝を決めちゃったわけですね」

大場「『陸王オープン2019』チャンピオンカーニバルへの出場が決まった時はどんな気持ちでしたか?」

今中「チャンピオンカーニバル出場を知ったのは、友達から電話があって、そこで初めて知りました(笑)。正直びっくりしました。試合終了直後の段階では、アングラーズアプリのランキングで2位か3位でしたから。日頃からメジャーでの計測は丁寧にする性格だったのが幸いしました(笑)」

大場「それは今後の大会でも参加者全員に十分気をつけていただきたい点ですね。ルールで定められた方法で釣果写真を投稿しないとペナルティーを受ける仕組みになっていますから」

今中「次第にブロック優勝の実感が湧いてきて、本当に三川・八田原ダムのポテンシャルを信じてやってきてよかったと思いました。それと同時に、各ブロックのスペシャリストと戦えることがとにかく楽しみでした」

大場「陸王オープンチャンピオンカーニバルを経験されていかがでしたか?」

今中「舞台は大江川。自分が日頃釣りをしているリザーバーとはタイプの異なるフィールドに苦戦しました。河川での釣りに慣れていなかったですね。目に見える地形変化が少なく、インビジブルストラクチャーを攻める引き出しが自分の中に不足していました

大場「他の3名の対戦相手とは初対面でしたか?」

今中「はい。皆さん各ブロックを勝ち抜いただけあって、釣りに対する熱量がものすごい。そういった方々と勝負ができることは本当に幸せなことでした」

大場「昨年の陸王オープン以降、ご自身の釣りで努力したことやスキルアップさせたテクニックなどはありますか?」

今中「陸王オープン以降は自分があまり経験のない河川にもチャレンジしました。河川で負けたので(笑)。それまでは三川・八田原ダムばかりで、近くの芦田川の経験値もほぼゼロだったんです。最近は自分に足りないところを補うためにいろいろ模索中です!」

画像: 陸王オープンチャンピオンカーニバルでは、単調な景色が続く大江川というハイプレッシャーフィールドに苦しめられた。

陸王オープンチャンピオンカーニバルでは、単調な景色が続く大江川というハイプレッシャーフィールドに苦しめられた。



今中さんがおすすめする関西・中国エリア「ブロックC」攻略法

大場「ご自身のホームブロックでの有効な釣り方やテクニック、エリア選択などについてお聞かせください」

今中「僕のホーム(三川・八田原ダム)で有効な釣り方ですが、サイトフィッシングが効率がよいです。でかい魚を選んで釣れるサイトフィッシングは、こういう陸王オープンのような短期決戦ではかなりのアドバンテージだと思います。あまり細かくは言えませんが(汗)」

大場「私も三川・八田原ダムのバックウォーターで釣りをしたことがありますが、普通の釣り方ではバスに見向きもされません。そこが今中さんの強さの核心でしょう。気になる(笑)」

今中「僕の釣りは普段からサイトフィッシングがメインです。あとはドリフトの釣りとか、要所要所でビッグベイトやトップウォータープラグも使いますね

大場「すでに陸王ダービーが始まっていますが、今の三川・八田原ダムの状況をどう見ていますか?」

今中「最近の大雨で両リザーバーはフル満水のどちゃ濁り状態になっています。今後はこのコンディションが回復していく状況にうまくアジャストしていく必要がありますね」

「陸王オープン2019」予選の今中さん使用タックル

今中さんが昨年の陸王オープン予選で使用されたタックルとルアーを教えてください。

画像: 今中さんがこれまでに三川・八田原ダムのデカバスと勝負を繰り返してきた痕跡がはっきりとグリップに刻まれている。

今中さんがこれまでに三川・八田原ダムのデカバスと勝負を繰り返してきた痕跡がはっきりとグリップに刻まれている。

【タックル①】
ロッド:フェンウィック テクナGP TAV-GP64SULJ(TIEMCO)
リール:イグジスト2506(DAIWA)
ライン:R18フロロリミテッド4lb(SEAGUAR)
ヒットルアー:コイケ(HIDEUP)

【タックル②】
ロッド:フェンウィック テクナPMX70CMJ(TIEMCO)
リール:スティーズATW SLPセミオーダー(DAIWA)
ライン:R18フロロリミテッド14lb(SEAGUAR)
ヒットルアー:ペンシルベイト

【タックル③】
ロッド:フェンウィック テクナPMX72XHJ(TIEMCO)
リール:ジリオンTW(DAIWA)
ライン:R18フロロリミテッド16lb(SEAGUAR)
ヒットルアー:デカダッジ(RAID JAPAN)

今中さんが語る陸王への思い

大場「今年度陸王オープン・ダービーに賭ける思いと意気込みをお願いします」

今中僕にとって陸王は自分をスキルアップさせてくれる大切な場です。自分の釣りのレベルアップを感じられることが大会参加へのモチベーションになっています。でも、もちろん勝ち負けも気にしますよ(笑)。今年は新しく陸王ダービーも始まり、さらに自分の腕を試すことができる場が増えました。今年も絶対勝って陸王本戦まで登りつめます!」

大場「最後に今年度陸王オープン・ダービーへの参加を考えている方達に向けてメッセージをお願いします」

今中「この度の豪雨によって釣りができない状態のフィールドも多いと思います。自然の中での遊びは常に危険がつきものだという事を忘れずに、今は辛抱して天候の回復を待ちましょう。一方で、この大会に出ることが確実に自分のスキルアップに繋がることは間違いありません。そして、一般アングラーが唯一プロと戦えるチャンスを手にすることができる大会でもあります。皆さん、一緒にがんばりましょう!」

大場「今中さん、今年もビッグフィッシュ期待しています!」

最終回は「陸王オープン2019」ブロックD(旧吉野川、府中湖、波介川、遠賀川、日指ダム)優勝者の山口諒也さんへのインタビューです。お楽しみに!

関連記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.