釣りのための道具といえば、竿やリール、糸、ルアーなど様々なものがあります。そしてそのほぼ全ては釣り場に持っていき、実際に魚を釣るために機能する道具たち。必然的に注目度が高いというか、使えそう(釣れそう)なら即買いますよね。ですが、釣り場に持っていかない釣具(?)にも注目していただきたい! 今回紹介する「PEラインチェンジャー(DAIWA)」はまさしくそんなアイテムです。



ラインの巻きかえが億劫な理由は糸を引き出すことにある!

つい先日、近々一緒に釣りに行く予定の友人と連絡をとっていた時の話です。

友人M「タックルが増えるとラインの巻き変えだけでめっちゃ金かかるな」

画像1: リールのラインチェンジャーで貴方の釣りライフがちょっとだけ(いやかなり)幸せになります(多分)

福重「うむ。いや、高級ラインだからだろwww」

友人M「そしてこの数の巻き変えはちょっとやる気スイッチ押さないと厳しい」

友人M「さて…ラインの箱を眺めて2時間たった」

友人M「やるか…」

この友人Mのような状況になってる人、多くないですか?

いやいや、ラインを巻き巻きするのはいいんですよね。釣り人ってハンドルを回してるだけでも満足を得られる生物ですし。

ですが、スプールからラインを引き出すのがめんどくさいんですよね…。

そう思ってた時期が自分にもありました(今でも思います)。

ですが知ってます?

めっちゃ便利なアイテムが有るということを!

ピシュピシュコカ~

PEラインチェンジャー(DAIWA)

画像: PEラインチェンジャー(DAIWA)

●1回で抜ける長さ:約150m●外寸:約47×50×150mm●電源:単3乾電池2本●重量:約95g(電池除く)●価格:3300円

ぴ~い~らいんちぇんじゃぁあ!

これはもうズバリ、ラインを巻き取るためだけの道具です。

使い方は簡単!

1:スプールアームを開きます

画像: 一番幅の広い部分を握って下にスライドさせると開きます。ガショーン!

一番幅の広い部分を握って下にスライドさせると開きます。ガショーン!

2:スプールから引っ張り出したラインの端を本体の糸止めにはさみます

画像: 二箇所あるうちのどちらかに止めましょう。ちなみに矢印の方向に回転します。

二箇所あるうちのどちらかに止めましょう。ちなみに矢印の方向に回転します。

3:ラインの位置を調整しつつボタンを押すだけ!

画像: こんな感じに構えて…

こんな感じに構えて…

画像: オレンジ色のボタンを押している間、クルクル回ってラインを引き出してくれます。 レベルワインダー感覚で巻きつける位置は調整しましょう!

オレンジ色のボタンを押している間、クルクル回ってラインを引き出してくれます。 レベルワインダー感覚で巻きつける位置は調整しましょう!

あれよあれよと言う間にラインが抜けていくじゃあ~りませんか!

そして巻き取ったラインはスプールアームを元に戻せばこの通り!

画像: これなら捨てやすいですよね!

これなら捨てやすいですよね!

どうだーい? 欲しくなっただろう??

いやもう、本当にラインを抜き取るだけの道具なんです!

でも福重は最早コレ無しでは生きていけない身体…もとい、コレなしではライン交換出来ないくらい愛用しています。

元々は入社して割と早い段階でフルカワ先輩に推められて買ったわけですが、広めたくなるのもわかる便利さです。

便利な道具を使うと生活が良くなった気がしますよね(言い過ぎ?)。

これのおかげで彼女も出来ましたしね(言い過ぎ)。

もちろん、コレを使ったからといって釣果UPというのは期待できません(真理)。

でもこういうガジェットを使うのって、

男子好きよね~!

画像2: リールのラインチェンジャーで貴方の釣りライフがちょっとだけ(いやかなり)幸せになります(多分)
ダイワ PEラインチェンジャー
PEラインの交換が可能!新構造ラインチェンジャー ●従来の糸抜き器では、糸自体が柔らかいPEラインは巻き込みやすくトラブルのもとになるため、巻取りができませんでしたが、全く違う構造を採用しPEラインの巻取りを可能にしました。※ただしナイロン細糸にご使用になりますと、糸の収縮が強く巻きとった糸が外れなくなりますので、ご使用にならないでください。●引き出し方式ではなく、巻取り方式を採用していますので、巻きとった糸がひとまとめになり、後始末が簡単です。
¥ 2,595
2020-07-10 10:49

大きな声では言えない個人的なインプレ
・めっちゃ便利。
・色がピンクだったらアレな道具と勘違いされそう。
・PEと名前に付いてるけどナイロンやフロロでも問題なく行けました。
・もちろんベイトリールでもスピニングリールでもいけます。

関連記事はコチラ






This article is a sponsored article by
''.