ベイトロッド専門メーカー「FIshman(フィッシュマン)」のテスターとして活躍する西村均さんは、ライトゲームのベイトロッドフィッシングが得意。あるとき、理想とするライトゲーム用のベイトリールが無く、それを模索するためにとあるメーカーのカタログを眺めていたら見つけたと言う、とあるリールに注目します。ではお話よろしくお願いします!

リールヲタクの西村氏。ついに見つける!?

こんにちは、Fishmanのリールオタク、西村です。今回はちょっと面白いと言うか…変わったリール?をご紹介します。

僕はベイトタックルでのライトゲームが大好きです。小さなプラグでのシーバス釣り、クロダイトップ、ちょっとした根魚などなど、軽いルアーを投げたい時は良くあります。そのとき、今までだと、いわゆるフィネス系と呼ばれるリール、例えばアルデバラン(シマノ)、カルカッタコンクエスト(シマノ)、フルレンジBF(テイルウォーク)などを使っていました。

が、このフィネス系リールだと、掛けた相手によっては、ラインが足りなくなる時があるのです。そこで、その上の番手のリールを使おうと考える訳ですが、各社のルアーキャスティングベイトリールを眺めても、僕の欲しい機能がフルセットでは付いていないのですよね…。

その機能の一つは『ドラグサウンド』。ライトゲームを組み立てる時、使うラインは当然ですが細いですよね。そうなると、以前の投稿でも書いた通り、ドラグ性能が活きるのですが、折角ですから、ラインを出された時、音が鳴ったほうがアングラーのエキサイト感は高まると思います。

ライトウェイトを苦も無く投げられ、ラインキャパシティがあり、なおかつドラグサウンドが搭載されている。そんな欲しい機能フル盛りのベイトリールがあったらなぁ。

…ありました(笑)

本当に偶然です、シマノさんのカタログを眺めていた時にふと目に留まったのです。

え…炎月だと…?

画像: リールヲタクの西村氏。ついに見つける!?

目に留まったのは「炎月101HG(シマノ)」。タイラバリールが.....

目に留まったのは、タイラバ用リール、炎月101HGでした(笑)

画像: この子が注目のリール! 炎月BB 101HG。タイラバ用リールだが?

この子が注目のリール! 炎月BB 101HG。タイラバ用リールだが?

画像2: 意外?盲点!?シマノのタイラバリールがベイトライトキャスティング向けの高性能機種だった!?@Fishman西村均
シマノ(SHIMANO) ベイトリール タイラバ 両軸 17 炎月 101HG 左ハンドル
ギア比:7.8
最大ドラグ力(kg):4.0
自重(g):215
PE糸巻量(号-m):1-200
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):78
スプール寸法(径mm/幅mm):32/22
ハンドル長(mm):51
ベアリング数S A-RB/ローラー:7/1
マイクロモジュールギア:感動すら覚える圧倒的な滑らかさ。可能な限り細かくした歯を密に、多くかみ合わせることによってギアノイズを大幅に低減。強度を低下させることなく滑らかな巻きごこちと動力伝達を実現します。
HAGANEボディ:高い剛性を持つ金属のボディ。不意の衝撃にも耐える剛性・耐衝撃性を確保し、たわみを最小限に抑えることでアングラーの...
¥21,450
2020-08-14 13:39

このリール、筐体はスコーピオン70と共用のようですね。ただし、ついている機能は一般的なルアーキャスティングベイトリールとは、一線を画すものでした。

僕がライトゲームに欲しいのは、軽いルアーを投げやすいスプール寸法、万が一のビッグフィッシュに対応出来る、細いラインを大量に巻けるストック量、引き抵抗の小さなルアーの存在感が判る巻き心地、海水に負けない強い塩分耐性、そしてラインを出された時の興奮要素、ドラグサウンドです。

これを全部盛っちゃったリールが、まさか存在するとは…。しかもタイラバ用!

開封してラインを適当に巻いてパーミングしてみると、これが非常にコンパクト。手の小さな方でも余裕ですね。100㎜パワーハンドルも、強く巻けてグッドフィーリング。

画像1: 目に留まったのは「炎月101HG(シマノ)」。タイラバリールが.....

肝心のスペックは御覧の通り(下記掲載写真)、一般的なベイトリールと何ら変わらずですね。PE1号が200m巻けるのは大きなメリット。これだけでBFSリールとは大違い、これを選ぶ価値があるのです。ちなみに1.5号だと150m強巻けました(現在は弊社テスト中のPE1号を使用中)。

画像2: 目に留まったのは「炎月101HG(シマノ)」。タイラバリールが.....

第二世代SVS∞搭載が購入の決め手!

そしてこれです、ブレーキシステム、いわゆる第二世代SVS∞と言うものです。これが付いていなければ選ばなかった、と言うくらいです。何故バーチカルゲームの炎月にこれが付いているのか…(笑)いや、よくぞ搭載してくれた!お陰でキャスティングに流用出来ると言うものです。

画像1: 第二世代SVS∞搭載が購入の決め手!
画像2: 第二世代SVS∞搭載が購入の決め手!

実は以前、同シマノさんのジギングリール、グラップラー301HGで、同様に何故かブレーキシステムが付いていたのです。ならこれ投げられるじゃないか!とYouTubeでキャスティングしてみたのです。結果、その後すぐ世界中で大人気になったと言う経緯があります。

今回の炎月も同様のようですね。

スプールは軽量化に特化した訳ではありませんが、かといって重たい部類ではなく、むしろ軽いと思います。それなりに軽く、それなりに強いので、ビッグフィッシュがヒットしても安心ですね。

フレーム内部への浸水を防いでくれる、通称『土手』も完備、もとより海水オフショアのタイラバリールですからね。海水でハードに使っても大丈夫なのは嬉しいです。ここにちょっとマグネットを張り付けて…なんて事も可能でしょう。

やりませんよ?やりませんてば(多分)

マイクロモジュールギア、SVS∞、軽量スプール、ドラグサウンド、欲しい機能が全部搭載されたライトゲーム用?ベイトリール。さてその実力はいかに?本当にキャスティングに使えるのか??

画像: 【シマノの底力】鯛ラバ用ベイトリール・炎月HGをキャスティングしてみたら凄い快適性能!【リール人柱シリーズ】 www.youtube.com

【シマノの底力】鯛ラバ用ベイトリール・炎月HGをキャスティングしてみたら凄い快適性能!【リール人柱シリーズ】

www.youtube.com

なんとなんと、御覧の通りの快適性!これはキタ!登場から数年、本当に盲点だったこのリール!こんな面白い事があるから、メーカーさんのカタログは宝物になるのです。

デザインを揃えられたグラップラーと炎月を、同じくデザインを揃えた弊社Fishmanロッドに載せて並べると、元々別の用途のリールとは思えません。

画像3: 第二世代SVS∞搭載が購入の決め手!

が、マルチパーパス、○○専用と謳っていないFishmanのロッドシリーズには、もしかしたらこう言ったモノも似合うのかも知れませんね(笑

今回は、ライト用途ベイトリールのひとつの選択肢として、偶然見つけた別用途のものが高性能だった、と言う内容でした。こういう事があるからリールオタクは辞められないのです。

皆様も、お手元に各社カタログがありましたら、気分転換に別カテゴリーのリールも眺めてみるのも面白いかも知れません。

Fishman鹿児島テスターの上宮くんも面白いものを見つけて使っています。

そちらの記事もご参考にどうぞ。

炎月でランカーシーバス!シマノさんもびっくりされる事でしょう。それでは皆様、またの機会に。

画像4: 第二世代SVS∞搭載が購入の決め手!

Fishmanでは2020カタログの無料発送を実施しています。

件名に「Fishman2020カタログ希望」と明記の上
・名前
・郵便番号(必須でお願いします)
・住所
・電話番号
・メールアドレス
をご入力いただき、弊社までメールをお送りください!
メールアドレスはこちら→customer@fish-man.com




This article is a sponsored article by
''.