ライトゲームの専門メーカーのサーティフォーの人気ライトゲーム用(アジング/メバリング)フック、「ストリームヘッド」にタングステンモデルが追加! フォルムはコンパクトだけど、ディープ&強い潮でも的確にレンジにルアーを送り込める強い武器になりそうだぞ!


2.5gと3.0gがタングステン仕様でラインナップ

ストリームヘッドと言えばショートシャンク&オープンゲイプという独特の形状で人気の同社ライトゲーム用ジグヘッド。0.3g / 0.5g / 0.8g / 1.0g / 1.3g / 1.5g / 1.8gという7種類のウエイトで展開されていましたが、ここに2.5gと3.0gという2種類のウエイトがタングステンモデルとしてラインナップされます。

画像1: 2.5gと3.0gがタングステン仕様でラインナップ
画像2: 2.5gと3.0gがタングステン仕様でラインナップ

動きを殺さず、潮の流れを違和感なくフォールさせられる
ストリームヘッドに重量級?が追加

ショートシャンクと水切りの良いスリット入りのヘッド形状と相まって、ジュニア1.3インチなどの小型アジングワームや、動きがキモになるプランクトン1.8インチ、パフネーク2.2インチ、オービー1.6インチなどのサーティフォーの人気ワームなどとも相性が良く、近年のアジングフックのベンチマークともなった名鉤。

画像: ストリームヘッドはパフネークなどの動きがキモになるワームに対して相性が良いのも特徴。ショートシャンクで動きを阻害しにくい。(写真:サーティフォー)

ストリームヘッドはパフネークなどの動きがキモになるワームに対して相性が良いのも特徴。ショートシャンクで動きを阻害しにくい。(写真:サーティフォー)

近年はボートアジングなどの流行もあって、ディープレンジや潮の速いポイントで使う重めのアジングワームの需要が高まっていました。

画像: サーティフォーの家邊克己さんも近年、ボートアジングには力を入れている(ボート:アングラーズスタッフ<東京羽田>)

サーティフォーの家邊克己さんも近年、ボートアジングには力を入れている(ボート:アングラーズスタッフ<東京羽田>)

そこに投入されたのがストリームヘッドのタングステンモデル。このフックの機能的特徴である水切りの良さを損なうことなく、1.8gの従来の鉛モデルとほぼ同じフォルムで3.0gの重さがあることから、そういった特徴がスポイルされることなく、非常に使いやすいのです。

重さと大きさもあり、飛距離ももちろん出ます!

画像: 上が2.5gのタングステンモデル。下が1.8gのストリームヘッド。比重の高いタングステンモデルと同じくらいのフォルムに収まった3.0gモデル。硬度ゆえに加工が難しいタングステンだが、独特のストリームヘッドの形状は再現されている(というか鉛モデルよりキレイ)

上が2.5gのタングステンモデル。下が1.8gのストリームヘッド。比重の高いタングステンモデルと同じくらいのフォルムに収まった3.0gモデル。硬度ゆえに加工が難しいタングステンだが、独特のストリームヘッドの形状は再現されている(というか鉛モデルよりキレイ)

東京湾の20m以下ラインを狙うアジングでも大活躍。ボートアジングから陸っぱりまで、既存のラインナップに加わることで戦術の幅が広がることは間違いないですね。まもなく店頭に並ぶとのことですので要チェックです!

2.5g/3.0gの2ウェイト
1パック3個入り
販売金額:550円(税抜)
発売日
SS店発売:12/18(金)
一般店発売:12/25(金)




This article is a sponsored article by
''.