2021年を迎えたバス釣りメーカー・デプスのハードベイトラインナップとして、キムケンこと木村建太さんプロデュースの『イヴォーク』シリーズに「1.8」と待望の「ゼロ」が追加。ディープクランクとしては、山田祐五さんと奥村和正さんそれぞれのモデルが同時期に登場するという。4.5mダイブのコリガンやサーキットバイブにも注目だ。


イヴォーク1.8

キムケン考案のイヴォークシリーズに
小粒なダイビングクランクが仲間入り!

『釣りの効率を上げる「道具」でなくてはならない』。

木村建太さんが提唱するコンセプトから生まれたヘビーカバークランクベイトのイヴォークシリーズ。

これまで、1.2、2.0、3.0そしてマグナムクランクとなる4.0がラインナップしているが、ミドルレンジにおいては2.0や3.0のサイズでは反応しない状況があるという。

ここで、開発されたのが当モデルである。

画像: イヴォーク1.8(デプス)

イヴォーク1.8(デプス)

奥村「小粒のミドルダイバーです。日本全国、そしてアメリカのトーナメントトレイルを行脚する木村プロが必要だと感じて作ったルアー。サイズは小さいまま、1レンジ深いところを探れます」

ミドルレンジで反応させられない状況を打破するべく、1.2のボディサイズで1.8mレンジまで潜行できるミドルダイバーへと仕上げた今作。

ヒラを打たせず、すぐに起き上がる直進性の高さは健在で、システムクランクとして「獲るための道具」への進化は止まることを知らない。

【スペック】
●全長:55mm ●自重:12g ●タイプ:フローティング ●潜行水深:1.8m ●価格:1600円(税抜き) ●春頃発売予定

イヴォークゼロ

潜らないイヴォーク「ゼロ」
それは、惹き寄せる爆音ノイジー!

既存のイヴォークボディに、ジュラルミン製シングルプロップが備わり、決して流麗ではないシルエットの爆音ノイジー『イヴォークゼロ』。

プロデュースしたキムケンこと木村建太さんは、プロップベイトに立ち上がりやすさを求め、ミノー形状よりもクランクベイトの形状に拘ったそうだ。

奥村「やっと完成した。150と120の2モデル。パーツ製作に時間がかかったみたいです。スイベル内蔵の4軸フックとかの作り込みは凄い。もう完成です」

キモとなるのは、シングルプロップの偏芯運動から生み出される「音」。

キュルキュルと奏でるスクイーク音やクラップ音を水中へ騒がしく響き渡らせ、通常では惹き寄せられない深いレンジにいるバスにもアピール。バイトを誘発する。

その威力は、モンスタークラスまでも浮かせ呼び寄せる一線を画す存在感となっている。

また、スイベルアイを採用することで、この手のルアーに多くみられる糸ヨレを軽減し、長い時間投げ続けることが可能だ。

ビッグレイクからスモールフィールド。または、オープンエリアのサーチベイト。今シーズンのトップゲームで投げまくりたいイヴォークゼロ。発売まで、しばしお待ちを!

キムケンご本人による『イヴォークゼロ』解説はこちら!

イヴォークゼロ150
【スペック】
●全長:150mm ●自重:53.5g ●タイプ:フローティング ●6月発売予定

イヴォークゼロ120
【スペック】
●全長:120mm ●自重:29.5g ●タイプ:フローティング ●4月発売予定

コリガンマグナム450

芸達者な水流撹拌系クランクに
4.5mダイバーが追加!

強く水に絡む独自の攪拌作用でワイドアクションを上回るアピール力を誇り、そして薄型スクエアリップと高浮力ボディにより障害物回避能力に優れたシステムクランク『コリガンマグナム』に450がラインナップ。

リザーバーでのカバークランキングや琵琶湖南湖のチャンネルライン攻略に必要性を感じ、開発された潜行深度4.5mのダイビングルアーだ。

画像: コリガンマグナム450(デプス)

コリガンマグナム450(デプス)

奥村「琵琶湖に限らず、これまで展開してきたコリガンをシステムクランクとしてよりディープに…というモデル。それで、4.5mダイバーです。琵琶湖で言うと南湖のチャンネルラインは4.5mレンジまで潜れるルアーが必要になってくる。リザーバーや川での使い方だと、4.5m潜らせるというより、ショートキャストでいち早く2~3mまで潜らせる使い方も加味している」

ビッグバスを引き寄せるボディ側面のリブによる水流攪拌作用や、ストラクチャーにコンタクトしても即座に体勢を立ち直す優れたレスポンスは450モデルでも健在。

奥村「もう2年はテストしてる。潜行角度は鋭角ではないが、モノに当てたり、ウィードに差したりもできる芸達者なクランクです」

【スペック】
●全長:66mm ●自重:19g ●潜航水深:4.5m ●価格:1800円(税抜き) ●発売予定:2021年2月

ディープクランク

ふたつの新型ディープクランクが絶賛開発中!

デプス総帥、奥村和正さん自身が手掛けるクランクも新登壇する。

面積と質量が大きくなるディープダイバーのリップを、薄型軽量となる基盤リップへと変更することで、アクションのキレを高めたディープダイバーとして開発が進められる。

現在、急潜行タイプとして開発が進められているようだ。

奥村「デプス開発。マグナムディープクランクをやろうというプロジェクトで、ある日形にして。これまで、サーキットボードを素材としたリップの開発を進めてきた。キャストで9mまで潜ることができます」

奥村和正モデル:“マグナム”級で“ディープ”を攻略!

画像: 薄型軽量の基盤リップを搭載しているためだろうか、ラインアイはABS樹脂で補強してある。

薄型軽量の基盤リップを搭載しているためだろうか、ラインアイはABS樹脂で補強してある。

山田祐五モデル:太ラインでも潜り、オダや漁礁を攻略!

一方で、琵琶湖北湖の鉄人こと山田祐五さんも同じくディープクランクをプロデュースするらしい。

こちらがそのプロトだ。コンセプトは、20~25lbラインでも確実に潜行し、オダや漁礁を攻略可能にしてくれる100mmボディクラスのディープダイバー。

画像: 山田祐五モデル:太ラインでも潜り、オダや漁礁を攻略!

奥村「自分のモデルと山田祐五プロのモデルで絶賛バッティング中。そりゃ、そうなるよね。開発が悪いって、必ず書いておいて(笑)」

【スペック】
DEEP CRANK / OKUMURA ver.
●全長:109mm ●自重:77.5g

DEEP CRANK / YAMADAver.
●全長:100mm ●自重:65g

サーキットバイブ

メタルを超えたデプスの釣れる鉄板が
HUGEシリーズとして新たに発進!

低比重、0.8mmの極薄マテリアルのサーキットボード素材がもたらす低重心かつ、超ハイピッチ&ハイレスポンスを実現したサーキットバイブ。

ハイブリッド・バイブレーションとして多くの釣果を叩き出し続ける鉄板バイブの中でも、ベイトフィッシュライクなシルエットとなる1ozモデルが、HUGEシリーズとして名称を変えてリリースされることに。

画像: サーキットバイブ(デプス)/フックには、オーナー製のSTX58トリプルフックを採用。

サーキットバイブ(デプス)/フックには、オーナー製のSTX58トリプルフックを採用。

メタルバイブと聞くと、晩秋から春先までの低水温期に使用するイメージが強いが、シーズンを通してリアクションバイトに持ち込むことが可能。

また、新たに1/2ozモデルが追加され、ビワコオオナマズをはじめとする怪魚ハンティングにも高次元に対応している。発展を続けるサーキットバイブの今後に、ますます目が離せない。

【スペック】
●全長:79mm ●自重:1oz、1/2oz

デプスの2021年新製品をもっと見る!






This article is a sponsored article by
''.