低価格で高性能。そう謳えば多くの人が魅力的に感じるはず。初心者向けのエントリーモデルとも、メイン機に対するサブリールという位置づけともいえる、激しい競争にさらされる普及機種の価格帯。実際にはどんな差があるのだろう? 今回はアブ・ガルシアのスーペリアをルアマガソルト編集部員が実釣インプレッションしてみた!!


実釣インプレするメンバーは万年中級者のルアマガソルト&ルアマガ+編集部員

■フカポン

フライ、バス、ソルトと広範囲に渡って作り続ける今や古豪(?)の編集マン。その経験を活かしたモノを見る目は本物であり、ルアマガソルトではオリジナル商品も多数生み出している。しかしながら最近はロッドではなく、アミを握ってガサガサをすることも多い。魚に愛されるタイプ。

■ふくしげ

ルアマガソルト編集部歴1年目の新人。本格的に釣りにのめり込んだのが遅かった為、色々と偏った癖を持つ。釣りに対するモチベーションは高く、様々な釣りを経験。モノオタク気質な点を認められ、今回インプレメンバー入り。ここ数年で体重が増加し、遂に0.1tを超過。

■O木

元大型釣具量販店の店員という経歴を持つ『ルアマガ+』編集部員。釣りとはきっても切れない人生に新妻を巻き込んで邁進中。編集部、というよりはむしろ会社内で最も幅広い釣りの知識を持つ本企画の要。釣りはシーバスをメインに幅広く楽しむ。特技はモノマネ。

スーペリアってどんなリール?

画像4: 【スーペリア(アブ・ガルシア)】初心者の味方な1万円以下の超コスパ人気リール5機種を編集部で実釣インプレしてきたぞ!「国産リールと遜色なし!」

ハイコスパ&高タフネスリール!

2019年の新製品でもあるスーペリア。

高強度アルミ鍛造合金を採用し、ボディカバーとボディを一体化させたデュラメタル一体ボディによる高い剛性と快適な巻き心地を確保。

キャスタビリティに貢献するロケットラインマネジメントシステムや、組み替えるだけでドラグ機能を変更できる2ウェイドラグなど、他メーカーには無いオリジナル設計も魅力的。

スペックはコチラ↓↓

画像: スーペリアってどんなリール?

搭載機能

画像: 搭載機能

O木「ドラグワッシャーの並びを組み替えるだけでドラグの効果範囲を変更できる2ウェイドラグシステムが面白いですね」

フカポン「アブのリールは上位機種になるほどスペック研ぎ澄まされていく傾向が顕著だと思います。リバーススイッチのオミットなどの努力は見られますが、このリールは少し重く感じてしまいました」

見た目

画像: 見た目

ふくしげ「インプレリールのうち、ダイワのレガリス、シマノのナスキー、スーペリアと似た配色になっていますが、そのなかでもスーペリアは少し毛色が違いますね。特にゴールドの色調は上品で美しいと思います」

フカポン「国産リールメーカーとは違うデザインですよね。ちょっと個性的なリールが欲しいと思われる方は、スーペリアを候補に選んでもいいかもしれませんね!」

剛性

画像5: 【スーペリア(アブ・ガルシア)】初心者の味方な1万円以下の超コスパ人気リール5機種を編集部で実釣インプレしてきたぞ!「国産リールと遜色なし!」

O木「コストパフォーマンスとタフさを売りにしているだけあって、カサゴの強い引きも安心して引きはがせました」

ふくしげ「アメリカでの流通を視野に入れているだけあって、心強い剛性感を感じます。ただし、他のリールの2500番に比べるとかなり大きめな印象があるので、そこを差し引くとどうなるかは今回わかりませんでした」

巻き心地

画像: 巻き心地

フカポン「ほかの国産メーカーリールの巻き心地と比べても、劣る点はまったくありませんね」

O木「上位機種のレボMGXの技術がしっかりと継承されているのがわかりますね。年々アブ・ガルシアのリールのクオリティは高くなっている印象なので、今後も楽しみです!」

ドラグ性能

画像: ドラグ性能

フカポン「正直、このクラスになってくるとドラグ性能の差は各社で大きな違いがあるわけではないと思います。自分の釣りにあっているかあっていないかを探っていくのがいいのではないでしょうか? ちなみにスーペリアのドラグノブは他のリールに比べると若干小さめですが、とっさの調整がしにくいわけでもないですね」

ふくしげ「2ウェイドラグのおかげで幅広い釣りに役立つのかなという印象です。特にサブリールとして選ぶ場合、一台で色々な釣り物をやることもあるかとは思いますので、そんな時にはとても便利ですよね」

トラブル

画像: トラブル

フカポン「DAIWAのLTコンセプト機はもちろん、シマノの2500番代と比較しても一回りは大きいです。ライントラブルもありましたが、タックルバランスが良くなかったのかもしれません。2000番がちょうどよいかもしれません」

O木「PEラインの0.3号は細すぎましたね。このリールの2500番なら、0.8号くらいからが使いやすいと思います」



総評

国産リールと遜色なし!!

フカポン「国産メーカーのリールとの差異が気になってはいましたが、全然遜色は有りませんでした。デザインに関して言えば少し違いを主張できるので、人とは違うリールを使いたいというのならいい選択肢になるでしょうね」

O木「やはり2500番サイズとしては大きいです。昨今、他社のリール、特に2500番が小型化の傾向にあるのでそれがより顕著に出てしまいましたね。ライトゲームであれば、2000番が良さそうです」

ふくしげ「値段相応の重量感を感じないわけではないので、むしろシーバスやショアジギなどのハードな釣りで活躍してくれそうな印象です。巻き心地も個人的には好きなタイプで、意図したとおりに気持ちよく回ってくれました。ロケットラインマネジメントシステムのおかげで、ロングキャストはすごく気持ちいですね」

商品はこちらから!


他の機種インプレはこちら!


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!


リールの記事ほかにもいろいろあります



This article is a sponsored article by
''.