トッププロのプレッシャー攻略は確かに鋭い。しかし、スキルも違えば、環境も違うので一般アングラーの再現性となると、疑問符が付く。そこでルアマガ編集部が選んだガチのサンデーアングラーに門外不出の秘策を伝授してもらった!今回はあの大人気トーナメントで“知らぬ者はいない”とされる「ハードベイトマニア」にハイプレ秘策ルアーを教えてもらったぞ!


釣りウマサンデーアングラーファイル①佐藤仁吾

佐藤仁吾(さとう・じんご)さん
生まれて初めてバスを釣ったのは、赤坂見附の弁慶掘という都会派アングラー。H-1グランプリでコンスタントに上位入賞する凄腕の持ち主。亀山湖や牛久沼を得意とし、ハイプレッシャーもハードルアーで克服する!

H-1のハードベイトプレッシャーをハードベイトで返り討ち

「最近ワームで魚をあんまり釣ってない」という佐藤さんは、比較的アピール度が弱めのハードルアーを2つ紹介。

佐藤さん「自分のルアー、自分のキャストでその場にプレッシャーを与えるのが凄く嫌なんです。だから、アピールしすぎなくて、まっすぐ自分のイメージしたコースを泳がせてこられるルアーというのがメインなんですよ」。

H-1をはじめとしてプレッシャーの高い大会で結果を出している彼なので、その信用度は抜群だ!

佐藤仁吾の秘策ルアーその① ディーパーレンジ1/4オンス(ノリーズ)

画像: 佐藤仁吾の秘策ルアーその① ディーパーレンジ1/4オンス(ノリーズ)

サイズを選べない夏~秋の亀山でビッグバスを呼ぶ

佐藤さん「亀山で結果を出しています。凄く軽いんですけど、レンジが深いんですよ」。

使い方は、着水と同時にカーブフォール気味にブレード回転をぎりぎり感じるスピードで引く。そしてゆっくり上げてくる。高水温時の亀山で、いいサイズを選んで釣ることが可能だ。

画像: サイズを選べない夏~秋の亀山でビッグバスを呼ぶ

スピナーベイト・トレーラーフック(カルティバ)の2番が、このスピナーベイトにマッチ。佐藤さんが色々試してみたところ、丸呑みでも、ブレードバイトでも、このフックは最もフッキング率が高かった。



佐藤仁吾の秘策ルアーその② ワイルドボアMR(MPBルアーズ)

画像: 佐藤仁吾の秘策ルアーその② ワイルドボアMR(MPBルアーズ)

ニュートラルな牛久バスを丁寧に釣るクランク

佐藤さんにとって、牛久沼で通年使えてリミットメイクからキッカーまで釣ってくれるクランク。

佐藤さん「9月はまだ暑くて、バスがボーっとしている。そんな魚でも釣れますね」。

最大の長所はイメージ通りに引けること。斜めの杭を舐めるようにして引くことも可能だ。


この記事が掲載されている『ルアーマガジン』の情報はこちら!



This article is a sponsored article by
''.