そう、秋イカ攻略テクニックを皆様にお伝えするために、ヤマリアのエギングマイスター、川上英佑さんをただいま絶賛取材中! そんななか、ちょいと地磯を攻めましょうと、パッカブルブーツに装着したのは??


世界を股にかけるヤマリアのスーパーエギングマイスター!

川上英佑(かわかみ・えいすけ)さん

かわかみ・えいすけ 確かなエギングテクニックとわかりやすい解説でおなじみのヤマシタエギングマイスター。ヤマシタのエギングブレーンとして、学術的側面から商品開発にアプローチ。国内だけでなく、海外でエギングを楽しんでいる。

持ち歩き、取り外しが楽なアイゼンを使用! これが地磯の簡易攻略に役立つ!

画像: これは買っておかないとー!(01)

これは買っておかないとー!(01)

これブーツに装着したのはもしかして磯滑り止め? なんだか仮面ライダー01みたいで、カッコ良いですね。えーっと何でしたっけ?

川上アイゼンですよ。どうしても遠征が多くなるので、磯靴だとかさばるんですよ。これならベストにも潜ませられるので、携帯に便利!」

画像: グリップ力は抜群だが、ピンの長さが少々ネックになるので履きこなしは必要。

グリップ力は抜群だが、ピンの長さが少々ネックになるので履きこなしは必要。

川上「うちが販売しているエギ王 パッカブルブーツと合わせればコンパクト!アイゼンそのものは安いですよ。1000円から2000円程度でえらびほうだい(笑)ただ、いろいろ使ってみて、おすすめしたいのは、いま履いている形のものです」

と、いいますと? 

川上ゴムの拘束具(笑)はこのタイプのものがおおいですが、鎖で鉄製のピンスパイクになっているものをおすすめします。雪国などで、滑り止めに使うような簡易なものはちょっと破損しやすい印象。いま僕が使ってるやつは、強いですね」

画像: ベストにも収納できる携帯性。磯場以外は外しておけるのもよい。

ベストにも収納できる携帯性。磯場以外は外しておけるのもよい。

画像: 持ち歩き、取り外しが楽なアイゼンを使用! これが地磯の簡易攻略に役立つ!


川上「ただ欠点がありまして、市販のモノはピンが少し高いので、その高さを意識しないとつまづきやすいです。グリップ力に関しては、まったく問題ないです。そんなに高いものでもないので、自分にあったアイゼンを見つけるとよいですよ。サイズもちゃんと合うやつを探してくださいね」

いま、御社のエギ王パッカブルブーツと完全フィットですね(笑)

川上「はい、完璧です。普通の靴でもフィットしますがので簡易的にかばんや、ベストにひそませておくのは良いと思いますよ!」

携帯性も抜群!過信は禁物(自己責任)ですが簡易とはいえ機能するとことですので、ぜひご興味のある方は試してください!




This article is a sponsored article by
''.