アングラーの認知度はほぼ100%、誰もが一度は使うであろう「釣れるワーム」筆頭のゲーリーヤマモトのワーム。そのゲーリーヤマモト社のマスコットバスに表紙を飾っていただきました~! 釣れるワームの紹介、使い方、カラー、素材、フックの話など、もろもろてんこ盛りの今号を読破すれば、ほぼ釣れたも同然!?

表紙はアングラーの認知度ほぼ100%、ゲーリー社のマスコットバス!

画像: 表紙はアングラーの認知度ほぼ100%、ゲーリー社のマスコットバス!

イヨケン流ゲーリーワームBEST10✕フックセッティング 伊豫部健

画像: 「釣れるワーム」と聞いて最初に思い浮かべるブランドといえば…ゲーリーヤマモト! ソルトぎっしりの独特なマテリアルは、30年以上もの長きにわたり第一線で活躍し続けている。ここでは、自他ともに認めるゲーリーの使い手、イヨケンのベスト10と推奨セッティングを一挙に紹介!!

「釣れるワーム」と聞いて最初に思い浮かべるブランドといえば…ゲーリーヤマモト! ソルトぎっしりの独特なマテリアルは、30年以上もの長きにわたり第一線で活躍し続けている。ここでは、自他ともに認めるゲーリーの使い手、イヨケンのベスト10と推奨セッティングを一挙に紹介!!

ゲーリー連載 #ゲーリーつり部でシャキーン!!
【10月の推しゲー!!】8インチグラブ by 小池貴幸

画像: アングラーの技量を問わず、バスとの出会いを確約してくれる心強い味方、我らがゲーリーワーム。そのさまざまなラインナップを、もっともっと有効活用するために、ゲーリーファミリーのそうそうたる面々が基本からシークレットまでをルアマガ読者に公開しちゃいます!! はじめて使う? ウェルカム! すでにヘビーユーザー? どんとこい! 今日からあなたも#ゲーリーつり部でシャキーンと釣果アップ!!

アングラーの技量を問わず、バスとの出会いを確約してくれる心強い味方、我らがゲーリーワーム。そのさまざまなラインナップを、もっともっと有効活用するために、ゲーリーファミリーのそうそうたる面々が基本からシークレットまでをルアマガ読者に公開しちゃいます!! はじめて使う? ウェルカム! すでにヘビーユーザー? どんとこい! 今日からあなたも#ゲーリーつり部でシャキーンと釣果アップ!! 

サカマタシャッド解体新書 冨本タケル

画像: 琵琶湖で入手困難ワームナンバー1の「サカマタシャッド」。しかし、その使い方はあまり語られていない。そこで、今回はサカマタの使い手で知られる富本タケルさんから、基本かつ最強のハウツーを教えてもらった!

琵琶湖で入手困難ワームナンバー1の「サカマタシャッド」。しかし、その使い方はあまり語られていない。そこで、今回はサカマタの使い手で知られる富本タケルさんから、基本かつ最強のハウツーを教えてもらった!

三原直之の勝つためのコダワリワーム学
「ミハラのヒミツを公開(さら)しましょう」

画像: 本誌発売時点で、最終戦を残し、2019JBトップ50シリーズ年間暫定ランキング1位を快走する三原直之さん。ルアー選択眼、良品識別思考に秀でる三原さんは、さまざまなルアーを使い込み、日夜使用方法を研究しまくっている。その中でも試合投入クラスのトップレベルワームたちを今回は紹介してもらいました。ここまで考えて使っているのかとうならされる、三原さんのディープワーム学。ちなみに三原さんが人生で最初に「釣れるワーム!」って思ったのはフリックシェイク3.8だそうです。

本誌発売時点で、最終戦を残し、2019JBトップ50シリーズ年間暫定ランキング1位を快走する三原直之さん。ルアー選択眼、良品識別思考に秀でる三原さんは、さまざまなルアーを使い込み、日夜使用方法を研究しまくっている。その中でも試合投入クラスのトップレベルワームたちを今回は紹介してもらいました。ここまで考えて使っているのかとうならされる、三原さんのディープワーム学。ちなみに三原さんが人生で最初に「釣れるワーム!」って思ったのはフリックシェイク3.8だそうです。

フォールスピード順 沈む虫カタログ

画像: 数年前から「釣れる」という噂が広がり、今年ついにブームがピークに達した沈む虫。かつてはトーナメンターも、釣りウマロコたちも自作していたが、そろそろ各メーカー産の虫たちが続々と羽化(沈むからまだ?)してきた。ここではそのまとめとして、沈むスピードの遅い順に紹介していこう。

数年前から「釣れる」という噂が広がり、今年ついにブームがピークに達した沈む虫。かつてはトーナメンターも、釣りウマロコたちも自作していたが、そろそろ各メーカー産の虫たちが続々と羽化(沈むからまだ?)してきた。ここではそのまとめとして、沈むスピードの遅い順に紹介していこう。

2019上半期版 達人30名の爆釣ワーム大集合!
一騎当千! 俺の無双ワーム30

名立たるプロアングラーたちが今年最も釣果を上げているワーム。それこそまさしく『釣れるワーム』そのもの! いまここに30名分の『釣れるワーム』を用意したッ。つまり、このページを読破すれば、爆釣は必至…!! 無双すべし!!

プロフェッショナル 現場 ワーム カラーセレクター 小林知寛

画像: 国内最高峰バストーナメントの現場で鎬を削るプロは、ワームに対してどんなカラーセレクトを求めているのか。解説するのはJBトップ50屈指のストロングゲーマー、小林知寛プロ。ビッグウェイトを叩き出す大胆な戦略とは裏腹に、その根底に実は緻密なカラー戦略が秘められていたことを知る。

国内最高峰バストーナメントの現場で鎬を削るプロは、ワームに対してどんなカラーセレクトを求めているのか。解説するのはJBトップ50屈指のストロングゲーマー、小林知寛プロ。ビッグウェイトを叩き出す大胆な戦略とは裏腹に、その根底に実は緻密なカラー戦略が秘められていたことを知る。

釣れるワームの金字塔 フリックシェイク大全

画像: 誰もが一度は手にしたことがあるであろう奇妙奇天烈な『曲ったストレートワーム』。常軌を逸したパラドックスなフォルムは、やがて国内はもとより海外でも認知され『フリックシェイキング』なる名で呼ばれるようにもなった。なぜか。無論、釣れるからだ。この秋で発売から満16年を迎えるスーパーロングセラーワーム、フリックシェイク。今新たなにその実力を確認してみたい。

誰もが一度は手にしたことがあるであろう奇妙奇天烈な『曲ったストレートワーム』。常軌を逸したパラドックスなフォルムは、やがて国内はもとより海外でも認知され『フリックシェイキング』なる名で呼ばれるようにもなった。なぜか。無論、釣れるからだ。この秋で発売から満16年を迎えるスーパーロングセラーワーム、フリックシェイク。今新たなにその実力を確認してみたい。

釣れるワームを活かす釣れるロッド 今井亮介

画像: 釣れるワームを活かす釣れるロッド 今井亮介

釣れるマテリアルの話 ケイテック・馬路久史

画像: いまや世界各国から注目されているタックルメーカー、ケイテック。ジャパンオリジナルワームの先駆として培ってきた高い技術と釣果のフィードバックで『釣れるワーム』を作り続けている同社代表・馬路久史さんに「釣れるマテリアルとは?」を聞いた。

いまや世界各国から注目されているタックルメーカー、ケイテック。ジャパンオリジナルワームの先駆として培ってきた高い技術と釣果のフィードバックで『釣れるワーム』を作り続けている同社代表・馬路久史さんに「釣れるマテリアルとは?」を聞いた。

実績、偏愛、情緒…増量中! ニンジャ秘匿ワームライブラリ50+2

画像: 古今東西を問わず、メーカーの枠を越えてエキスパートがこよなく愛するアイテムを根こそぎ見たい! そんな忖度無用、横紙破りなアナタに贈る超極私的ワームカタログが、こちら。セレクターは希代の好きモノ、ニンジャことセンドウタカシ。自称釣りウマも唸る全52種、全部分かる人はいるかな?

古今東西を問わず、メーカーの枠を越えてエキスパートがこよなく愛するアイテムを根こそぎ見たい! そんな忖度無用、横紙破りなアナタに贈る超極私的ワームカタログが、こちら。セレクターは希代の好きモノ、ニンジャことセンドウタカシ。自称釣りウマも唸る全52種、全部分かる人はいるかな?

特別企画はイトウタクミのなぜなぜくん、陸王、その他爆盛り!!!

イトウタクミのなぜなぜくん 木村建太[夏の琵琶湖編 後編]
琵琶湖野郎のパワーゲームを体得せよ!

画像: プロアングラーである伊藤巧が記者となり、プロ目線の細かい「なぜ(Why?)」を記事にするという当連載。4回目のゲストは琵琶湖野郎・木村建太さん。数多くのパワーゲームの火付け役となった木村さんの技を体得すべく、タクミ記者が突撃!

プロアングラーである伊藤巧が記者となり、プロ目線の細かい「なぜ(Why?)」を記事にするという当連載。4回目のゲストは琵琶湖野郎・木村建太さん。数多くのパワーゲームの火付け役となった木村さんの技を体得すべく、タクミ記者が突撃!

陸王 川村光大郎×早野剛史 in 日指ダム(大分県)

画像: 陸王 川村光大郎×早野剛史 in 日指ダム(大分県)

特別企画や連載&コラム

【080】青木大介「俺の職業バスプロ。」2nd STAGE
【100】時折連載 初場所3本勝負!! 水野浩聡 in 白竜湖(広島県)
【106】ガレージニュース Vol.155
【112】JBトップ50第4戦
【146】DUO スパイベイト・アメリカトリップ 西島高志
【151】もっと!! ドラマチックハンター
【156】H1トーナメントレポート in 津久井湖(神奈川県)
【158】T.NAMIKIが語る! 2019秋O.S.P最新アイテム
【084】リグ別最適解ワームフック選び 関和学
【118】達人指南ルアーのトリセツ 杉村和哉
【090】菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
【094】釣行記 キタキタ 北大祐
【098】ヴィレッジ・トムのOPEN THE DOOR
【098】軍将イグウ صيد السمك
【125】アングラーズティップス
【128】読者のページ「BASS GET CLUB」
【160】禁断のアルカナ 平岩孝典
【162】The Road to Strong Fisherman
【166】24時間365日100年ビギナー応援企画 エンジョイ!! バスフィッシング21 広瀬達樹a.k.a.ヒロセマン
【170】清水盛三 ネバギバ!!
【174】流儀こんな感じ
【176】LMスナイパー
【180】読者プレゼント

『ルアーマガジン11月号』のお求めは、全国の釣具店・書店・Webショップ……だけじゃなくて、めちゃくちゃオトクな月額課金会員制サービスでも毎月届きます!

本誌の配送だけでなく、動画見放題、オリジナルグッズ、NAIGAI-SHOPの50%オフクーポンを毎月発行、さらに人気アングラーのセミナーやイベントなどが目白押しすぎてもはや何押しなのかわからないサービス『ルアマガプライム』! 今月もサービス拡大中です!


『ルアーマガジン』の情報はこちらからどうぞ!




This article is a sponsored article by
''.