ショアジギングといってもそのときの回遊次第で釣れる魚種は様々。単にメタルジグを投げて巻いてくるだけでも釣れるけど、それぞれ狙い方は少しずつ違う。そのコツをマルチアングラーとして知られる渡邉さんが徹底解説!今回は回遊魚の中でも全国的に数が多く、食卓でもお馴染みのあの魚です!



教えてくれるのは房総半島のマルチアングラー

渡邊長士(わたなべ・たけし)さん

千葉県出身在住。房総半島全域を知り尽くし、その時期の旬の魚を狙っている超マルチなアングラー。様々な釣りに詳しいが、なかでもショアジギングは超ライトな魚種からパワフルなヒラマサまで熟知している。

表層でもボトムでも喰ってくるフォール好きな魚「サバ」

画像: 表層でもボトムでも喰ってくるフォール好きな魚「サバ」

ワカシ、イナダに次いで全国的に多い回遊魚がサバ。思った以上に引きが強く、横へ走ることが多い。30cm以上の大型は深場にいる。

スローなフォールで誘い、喰わせていこう

画像: スローなフォールで誘い、喰わせていこう

渡邉さん「サバを一言でいうと、喰うレンジもアクションも幅広い」

どこでもどんなアクションでも喰ってくる?

渡邉さん「表層でもボトムでも喰ってきますし、横引きでもフォールでも追ってきます」

ワカシなどはフォールさせると見切ってしまうといわれていましたね。

渡邉さん「ほかの青物は見切るパターンが多いんですが、サバはフォールで喰ってくるパターンも多いんです」

では、フォール多めのアクションが効く?

渡邉さん「ヒラヒラとゆっくりフォールさせるのが良いですね。そこで使うジグもへん平タイプのジグ。ストーンと落ちるより、ゆっくりナチュラルに落ちるジグが良いですね」

フリーフォールが良いんですか?

渡邉さん「基本フリーですね。自分は少しラインを送り込むようにして、張らず緩めずな感じでフォールさせます。すると、フリーフォール中でもアタリが取りやすいんですよ」



渡邊的!サバ用おすすめメタルジグ

ファントムⅢ 12~18g(DAIWA)

画像2: サバを釣るコツは“スロー気味に巻いてフォールで誘う”【渡邊式!ライトショアジギング魚種別釣り分けテク!】

偏平ボディがフォール中にヒラヒラと誘う

フォール中に平らなボディが水を受け、ヒラヒラとゆっくり&キラメキで誘ってくれるへん平型のジグ。ウルトラライトだと12g、ライトタックルなら18、28gを使おう。

次回は見切るのが早く、回遊魚の中でもスレやすいあの魚の攻略法をご紹介致します!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はコチラ⇩⇩




This article is a sponsored article by
''.