ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は「ミッチー」の愛称で親しまれ、ヒラメやシーバス、青物とあらゆるソルトルアージャンルに精通するエキスパートアングラーが選ぶ2019年最も印象深かったルアーをご紹介!


あらゆるソルト魚種に精通するスーパーエキスパート!

【Profile】
高橋慶朗(たかはし・みちあき) 
茨城県出身。ヒラメを始めとしたフラットフィッシュから、シーバス、ロックフィッシュなど、魚種やそのときの状況にあった最適なテクニックを繰り出す敏腕アングラー。近年ではフィネススタイルでのヒラメ攻略も確立。

高橋慶朗が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『ショアラインシャイナーZバーティスSD140F(DAIWA)』

画像: 高橋慶朗が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『ショアラインシャイナーZバーティスSD140F(DAIWA)』

大型シーバスをターゲットにしたスロジギ的なミノー

SD(スロードライブ)アクションが、瀕死のベイトフィッシュを演出したスロージギングのような微弱なウォブンロールを発生。この弱々しい動きが、確実な捕食を好む大型シーバスにマッチ。よりビッグサイズを狙えるミノーとなっている。これを高橋さんはヒラメで使用。



超スローに瀕死ベイトを演出して喰わせる!

高橋「昨年はシーバスミノーがどハマりしまして…つい先日も周りが釣れていないなかでヒラメが入れ喰いでした

そのルアーとは!?

高橋バーティスSD140F。ゆっくり動かすことで、瀕死のベイトフィッシュぽい動きをするんです。ヒラメってアタックしてダメージを与えてから喰いやすくしたりして捕食するじゃないですか。これにすごいマッチしているアクションを出してくれるんです」

シーバスミノーだけど、ヒラメにも理がかなったアクションなんですね!

高橋「とくに鳥山が立ってイワシを青物やシーバスが追い込んでいるときなど、ベイトの下にヒラメが付いているんです。そんな状況でジグを投げると青物がヒット。それを交わしてワームを使うと目立たない。そのなかでバーティスを引くと、ベイトと同化せず超スローに誘えるので喰ってくるんです

画像: 高橋 「後方が大きい形をしていて、遠投性能も抜群。遠くの鳥山もミノーで撃つことが可能なので、サーフでも活躍してくれます」

高橋「後方が大きい形をしていて、遠投性能も抜群。遠くの鳥山もミノーで撃つことが可能なので、サーフでも活躍してくれます」

高橋慶朗の“裏”T.O.Y.『鮃狂[フラットジャンキー]ヒラメタルZ (DAIWA)』

画像: 高橋慶朗の“裏”T.O.Y.『鮃狂[フラットジャンキー]ヒラメタルZ (DAIWA)』

小粒なのにぶっ飛び!小型ベイトパターンに◎

高橋「プラスアルファとしては、ヒラメタルZですね。タングステン製で小粒なシルエットなのに大遠投ができます。一年中使い勝手は良いんですが、春から夏にかけて…とくに北海道や東北の稚ジャケ、稚アユといった小型ベイトフィッシュパターンのときに効果的です

画像: ルアーマガジンソルト別冊「ヒラメ王」の取材にて!

ルアーマガジンソルト別冊「ヒラメ王」の取材にて!

ミッチーが教えるヒラメ攻略テクは下記記事にも掲載中!

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.