最低限の装備と荷物で釣りを楽しめるのが陸っぱりスタイルの魅力! とはいえ、色々なシチュエーションを想定すると、どうしてもタックルは多くなりがち。そんな時に心強いのが高機能なバッグ類!! ここでは、ルアーマガジンソルト編集部が独断と偏見で選びぬいたオススメの陸っぱりバッグをピックアップ!今回取り上げるのはエギングやライトゲームなどのラン&ガンにうってつけな『低重心縦型形状』が特徴的なコンパクトポーチです。


DAIWA ライトゲームポーチ(A)

画像: DAIWA ライトゲームポーチ(A)

フロントポケット付きで利便性抜群!

低重心縦型のベルトを腰に巻き、ポーチ部分はスライドさせて動かすことが出来る。前面部には簡易開閉フラップ付きのフロントポケットが設けられており、とっさの対応や頻繁なルアーチェンジの際にありがたい。

【スペック】
●カラー:ブラック、ブラック/オレンジ
●寸法:約10×20×21cm
●価格:5,600円(本体価格)

低重心縦型形状とスライド式ポーチによりルアー交換が楽々♪

画像1: 低重心縦型形状とスライド式ポーチによりルアー交換が楽々♪

腰巻きタイプではあるが、低めに設計された取り出し口のおかげで、肘を上げることなく中身にアクセスできる。

画像2: 低重心縦型形状とスライド式ポーチによりルアー交換が楽々♪

メインポケットにはルアーケースとエギホルダーがピッタリおさまる。大きすぎず小さすぎない、必要十分な収容力は機動性に直結する。

画像3: 低重心縦型形状とスライド式ポーチによりルアー交換が楽々♪

前面のポケットはワンタッチでの開閉が可能。ウレタンが入っているのでそのままジグヘッドを収納でき、事前に数種類セットしておけば状況に応じた使い分けが格段にしやすくなる。ライトゲームのみならず、スプーンをセットすればエリアトラウト用としても十二分の性能を発揮してくれる。
※マットは『バーブレスシングルフック』専用です。返しのある針、トレブルフック等を使用すると抜けなくなる可能性があります。

バッグの左右にはそれぞれプライヤーケース、Dリングなどを配置。ラインカッターやアイチューナー、フォーセップなど、とっさに使用したいアイテムはここに収納したい。

画像4: 道具が取り出しやすい! 歩き回る釣りで便利なライトゲーム向けコンパクトポーチ『ライトゲームポーチ(A)DAIWA』
ダイワ(DAIWA) ライトゲームポーチ (A) ブラック/オレンジ
カラー:ブラック/オレンジ
本体外寸(cm):約10×20×21
素材:ポリエステル
ライトゲームを楽しむ為の、コンパクトタイプ。
ポーチ部の移動がしやすく、扱い易い「低重心縦型形状」。
メインルームには中型ボックスを1~2個収納できます。
よく使用するルアーを取り付けできる、マット付きフロントポケット。
フロントポケットのファスナーを全閉しなくても閉じられる簡易フタ留めフラップ。
便利なプライヤーホルダー、Dリング、ベルトループ付き。
¥4,312
2020-03-26 18:05

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.